スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2020年12月21日

南千里店


山桜記
葉室麟

戦国時代から、江戸初期にかけての九州各地を舞台に

武家社会の『 妻 』の生き方を描いた短編集です。

〈 汐の恋文 〉
〈 氷雨降る 〉
〈 花の陰 〉
〈 ぎんぎんじょ 〉
〈 くのないように 〉
〈 牡丹咲くころ 〉
〈 天草の賦 〉

〈 くのないように 〉から

『 そなたは加藤清正の娘です。清く正しき道を歩むよう

心掛けたうえで、苦のないように行きなされ。』

苦のないようにとは、苦しみを避け逃れよと言い聞かせているのではない。

物事に囚われる苦から離れ、おのれらしく生きよとの教えなのだと

八十姫は思った。

凛とした美しい妻が描かれていました。

《 フジイ 》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事