スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

梅見頃

2020年02月25日

千里中央店

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

テレビをつけるとニュースは新型コロナウイルスの話ばかりで気が滅入りますが、
今、梅の花が満開なのをご存知でしょうか?

万博公園も大阪城公園も大阪天満宮も梅の花達が綺麗に咲き誇っているそうです。
image

梅の木は古くから日本(九州北部)に自生していたという説もあるけど、
遣唐使が薬木として中国(湖北省・四川省)から日本に持ち帰ったと言われていて、
日本の風土によくあい、平安時代に広く普及したそうです。

万博公園の太陽の塔の西側自然文化公園の梅林では
120種類600本の紅白の梅が咲き競っているそうですよ。
image

あと梅にはさまざまなことわざや言い伝えがあり

梅はその日の難のがれ

朝、出掛ける前に梅干を食べると、 その日は災難をまぬがれるという説があります。

昔、旅人が、その土地特有の熱病や風土病にかからないように、
梅干を「薬」として携帯していたからです。

梅に殺菌効果があることは、学問的にも認められ、 多くの人が体験しています。
今でも旅館などで、 朝食に梅干が出されるのは、この説が生きているためです。


梅根性に柿根性

梅は、梅干にしても梅肉エキスにしても、 煮ても焼いてもまだスッパイことから、
頑固でなかなか変わらない性質、いい意味では頑張り屋さんのことを
「梅根性(うめこんじょう)」といいます。

また「柿根性」は、渋柿は焼けばすぐに渋(しぶ)がとれ、 干し柿にすると一晩で甘くなることから、
いっけん頑固そう に見えても、変わりやすい性質のことをいいます。

では梅田はなぜ梅田?
大阪一の繁華街も元の地名は「埋田」でした。
低湿地だったそこを埋め立てて田畑にしたので「埋田」と言われていましたが、
江戸時代に「埋」が「梅」に美化されて「梅田」になったというのが定説だそうです。
どうやら梅の木があったから梅田ではなく埋め立てたから梅田(埋田)だったみたいですね。


image


梅の花は匂いを嗅いでも色とりどりの花を見てもとても癒されますね。
これからますます暖かくなって出掛ける機会も多くなってくると思いますが、
メガネの調子はいかがでしょうか?
綺麗な花も素晴らしい景色も度数が合わず見えずらければもったいないです。
一度チェックにいらしてください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。
image

《いまい》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事