スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

シンプルに、いつも通りに〜マイスドロートーキョー。

2019年11月30日

千里中央店

こんにちは。



早いもので今日で11月も終わり、明日からは12月。

1日1日を大切に過ごさないと1週間1ヶ月なんてホントにあっという間です。

なんとなく忙しないこの時期だからこそ、あえて間(ま)を意識してゆっくり丁寧に目の前のひとつひとつの事に集中してみる…そんな姿勢が仕事プライベートあらゆる場面で必要なのかもしれません。

やっぱり、気持ちのゆとりが大事だよな…リラックスを心がけて。




さて、今日は。

先日入荷しました『マイスドロートーキョー』のMF(メタルフリークス)より、この秋発表された新型のご紹介です。



昨今ラウンドやボストンなど天地幅の深い丸メガネが多い中、ウェリントンでもボストンでもない曲線と直線のバランスが絶妙で、小気味よいラインが他とは違う程良い個性を演出してくれます。



異なるチタン素材を適材適所に用いて掛け心地・耐久性も◎。ミニマムでシンプルなデザインは飽きがこず長くご愛用いただけるかと思います。チタンパットが採用されていてとても品のある雰囲気です。


マイスドロートーキョー MF3011 上)A1、下)B2 48 28,000yen+tax

マットブラックとマットブラウン(リムにデミ柄の転写)の2色が入荷しています。



そういえば。

先日初めて『乃が美』の高級食パンを頂戴しトーストして食べました。もっちりして水分量が多いというのもよくわかりました。耳も薄くて柔らかい。確かに噂に違わずメチャメチャ美味しかったです。

普段食べてるヤマザキのダブルソフトとは違う食パン。でも僕はダブルソフトでいい。いや、ダブルソフトがいい。だって、軽いし毎日食べても飽きないし、コスパも良い。

特別なモノは特別な時だけでいい(あくまで個人の見解です…(笑))



飾らずシンプルに、リラックス。
普段使いにちょうどいい『マイスドロートーキョー』オススメです。






《ウエノ》

奈良・談山神社

2019年11月29日

南千里店


先週の続きを書かさせていただきます。


「談山神社」到着です。






駐車場から少し歩くと大きな鳥居に向かって

お土産物屋さんが4~5軒並んでいます。

土地の名産品をズラ~っと・・・

山芋・漬物類・こんにゃく・甘酒・・・などなど

「後ほど立ち寄ります~~」・・・取り敢えず参拝が先です!!



赤鳥居の向こうには目も眩むような長い階段が続いております。





神社仏閣はいいんですが、何処へ行っても階段がぁ~~~

神社仏閣を参拝するのはお年寄りが多いのに何故階段ばかり??



それでも頑張って登らねばぁ~・・・

上に行く程、色鮮やかな紅葉が見えてまいります!!

緑・黄色・オレンジ・深紅・・・色んな色が混ざり合って綺麗です。

3000本のカエデ、桜、モミジなどが楽しませてくれます。





さすが、関西有数の「紅葉の名所」です!!




また此処でも知らない事が・・・(この歳になっても、知らないことだらけ)

談山神社は 《 御祭神が「藤原鎌足公」 》 だったという事。

(子供の頃、学校で教科書に載っていた人物の名前が出てきました)





ネット検索によると・・・


中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は、

飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会があった時、聡明な皇太子として

知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、

西暦645年5月、お二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って

「大化の改新」の談合を行ったそうです。

後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、

《談山神社》の社号の起こりとなったそうです。

歴史の教科書で習って知っている名前がどんどん出てきます、

さすが「大和は国のまほろば・・・」です。


 


2019年は藤原鎌足公没後1350年にあたるため、

紅葉まつりの間、社宝特別展として鎌足公にゆかりのある

品々が展示されておりました。



さて本殿をお参りした後は、紅葉を楽しみます!!

神廊拝所からの見事な紅葉眺望です。

 


十三重塔の周辺は絶景のビューポイント

本格的な大きなカメラから、私のような携帯のカメラまで、

皆さま素敵なアングルを狙って右往左往してらっしゃいます!!





私が撮った画像はこんな感じです。

自分ではイケてる!!最高だぁ~~!!と自画自賛 (笑)

私の中での今年の”秋”の写真は、コレで決まりかなぁ~~






紅葉を堪能した後は、食欲を満たさなければ・・・

帰り道のお土産屋さんで「めはり寿司」・「味噌田楽」を頂く。

こんな場所だから、ご馳走でなくても”美味しい”

素朴な味に満足・満足でした。





「談山神社」の紅葉

私が今まで数々の紅葉を見た中で”ベスト10”に入ります!!

来年はみな様も是非訪れてみて下さいね。



          《タケナカ》

初めての成分献血

2019年11月28日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

最近よく献血するようになり、今回は初めて梅田の
阪急グランドビル25階にある献血ルームへ行ってきました。



さすがに絶景です!

今回は初めての成分献血。
今までしていた400ml献血だと男性で12週間開けないといけない
から年3回しか出来ませんが、成分献血だと年間24回も出来るので
回数を増やすには欠かせません。



成分献血の一番問題は時間です。事前検査も入れて1時間半から
2時間は見ておかないといけません。

知らなかったのですが成分献血の場合、1年以内に
心電図検査をしていなければ献血ルームで検査して頂けます。

成分献血とは…
提供者から採取した血液の中から血小板や液体成分である
血漿だけを取出し,赤血球は提供者に戻す献血方法。
通常の献血は1回につき最高 400ccだが,成分献血は
赤血球を献血者に戻すので 600ccまで採血できる。



なにせ時間がかかるのでワイファイ完備、漫画喫茶なみに本も揃って
個人に一台、テレビまで付いています。

コチラも中では写真撮影禁止のため、画像はありません。


圧がかかっている間は血を抜き、隣にある遠心分離機の様な機械に
送られます。
しばらくしたら圧が緩むと今度血小板をのぞいた血を体内に戻す
時間。これを4回繰り返すという内容。
血を抜いたり入れたりするので針の太さを見てビビっちゃいました。

長い時間のあいだに看護師さんが「お飲物はなにか要りますか?」と
聞いて頂いたりして、それなりに快適です。


取られた成分は赤色じゃないのにもう一驚き!

この成分献血は移動バス型の会場では出来ないそうなので
興味ある人は各献血ルームに行ってみてください。
(予約もできるそうです)

大阪の献血ルーム


《なかお》

アンブレラ

2019年11月27日

千里中央店

こんにちは!

勤労感謝の日も終わり、11月も終わりに近づくと少し寒くなってきましたね。

街でも、あちらこちらでクリスマスの装いが始まってます。

こちらせんちゅうパルでも昨年同様、今年もアンブレラストリート
行っております!

image

元々このイベントの発祥の地は、ポルトガルアゲダという首都リスボンから
3時間ほどの小さな町。
そこで開催されたアートフェスティバルの企画が発祥とのこと。

今ではポルトガルイタリアなどのヨーロッパ圏や日本などのアジア圏、
はたまたドバイなどでも、いろいろな時季に行われております!

せんちゅうパルでもアンブレラストリートに始まりクリスマスのイベントが、
これから盛り沢山に開催されます!

アンブレラストリートクリスマスイベントを楽しみに是非ともせんちゅうパルへお越しを!

そして、お越しの際にはメガネのセンリへも!

スタッフ一同元気に笑顔で、お待ちしております!



《マツウラ》

どーしてもこうなる猫ちゃん

2019年11月26日

千里中央店

こんにちは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

皆さん動物はお好きですか??
私は飼っていたものあり好きなんですが、
今日は可愛い猫ちゃんのお話です。


写真を向けるとこんな顔になってしまうちゃんです。



何度撮っても
これ(´∀`)



もう一度撮っても
これ(๑˃̵ᴗ˂̵)



まぶしいのかと思いきや隣の猫ちゃんは普通でパッチリお目目です!


「可愛いね〜、かっこいいね〜」と言うとこの顔になるそうです。
めちゃくちゃ可愛いです(*゚∀゚*)

飼い主さんいわくこの猫ちゃんのキメ顔なのかもとの事です♡♡


この映像を見た方には間の寛平ちゃんに見える(笑)とかも言われています。
誰がモンキーやねん!!

猫は飼ってみないとその良さがわかりませんが飼ってみるとーーっても可愛いです!!
私は猫を飼うまで犬派でしたが、縁があり捨て猫を飼う事になり
飼ってみるとその可愛さにメロメロになりました!!

帰ってくるとお帰り~~と玄関で座って待っててくれ、
夜は私の布団にもぐりこんでき、朝はおはよ~~と言わんばかりに鳴き、
読んでる新聞の上に寝転んでとっても甘えたな猫ちゃんでした。

先日せんちゅうパルの2階犬猫譲渡会を開催されていたようです。
今度はいつされるのかは未定みたいですが、開催された際には
お時間があれば是非一度見に行ってみて下さい。

ただ飼うなら最後まで責任を持って飼ってあげないとお互い不幸ですね。
飼えないなら無理して飼わない、
可愛いといえどもやはり生き物を飼うのはそれなりに覚悟が必要でした。

因みにうちのにゃんこは女の子もありこんな感じで少しシャイでした。
image

《いまい》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事