スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

またもや有馬温泉〜紅葉編(後編)

2020年11月24日

千里中央店

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

前回の続き、有馬へ紅葉を見に行ったお話です。

午前中に瑞宝寺公園に向かいました。

瑞宝寺公園は太閤秀吉が、「いくら見ていても飽きない」と誉め称えたことから、「日暮らしの庭」とも呼ばれています。園内には、太閤秀吉が愛用したといわれる石の碁盤や、伏見城から移築した旧瑞宝寺の山門があります。

公園内に入ると見事な紅葉が、、、








公園内の小道を歩いて行くと脇道に六甲山に続くハイキングコースがあります。



道は舗装されておりませんので、歩きやすい履物で散策しないといけません。
六甲山まで歩いて90分だそうです。

その道を少し歩いて奥まで行ってみると、、



広い河原が出て来ました。この石の上を渡りまだまだ奥まで進んで行くと、、


なんと滝が出てきました。

太閤滝と言うそうです。


この辺りは足元が悪いので、秀吉が馬から降りて歩いて進んだと言われています。

この先はもう崖を登って行く感じなので引き返します。





伏見城から移築された瑞宝寺門辺りに見事な紅葉が一本あります。
とっても綺麗でした。


皆さん思い思いに写真を撮られていました。

この辺りにもみじ茶屋があり紅葉を見ながらおしるこやお団子、お茶やお酒を楽しむ事が出来ます。



太閤秀吉がいくら見ても飽きないと言ったのがわかる気がします。。。



そして瑞宝寺公園を後にして六甲有馬ロープウェイに向かいました。



有馬温泉と六甲山頂を約12分間で結ぶ六甲有馬ロープウェー。

今年の3月にゴンドラが新しくなり、スイス製で足元までの大きなガラス面になりダイナミックな展望が広がります。



右に左に、ゴンドラの大きく開けられた車窓から錦絵が始まります。



有馬温泉駅を出発してすぐ、西側眼下に真っ赤に染まったカエデが奥深い谷間の隅々まで染めます。
ゴンドラは29度の急斜面を登っていきます。





140mの上空から六甲山の最高峰(931m)を中心に湯槽谷山(801m)から西お多福山(878m)付近、北から南の約2キロのパノラマが楽しめます。






山のてっぺんに塔が立っているのがお分かりいただけますか?
中央辺りにうっすら写っています。

そちらが六甲山の頂上だそうです。



そして山頂に到着です。



六甲山では六甲ガーデンテラスに向かいました。
見晴らしのデッキからは阪神間の街並みが見渡せます。




ガーデンテラス内を散策した後、



またロープウェイに乗って有馬温泉駅まで戻ります。

帰りは夕方だったのですが、この時間しか見れない景色があるそうです。
それは山に写った私達が乗ったロープウェイの影絵。



私達と同じ様に山に映りながら移動していきます。
なんだかとっても感動的で素敵でした❤️


そしてこちらの写真。
写真の中央より少し左斜め上にトンネルがあるのがおわかりいただけますか?


こちらのトンネルは関西で一番高級車が走ると言われているトンネルだそうです。

そう。有馬温泉と芦屋を繋ぐトンネルです!!

でもご心配なく。軽自動車も通れるそうですよ(笑)


そうこうしているうちに有馬温泉駅に戻って参りました。





秀吉が戦の疲れを有馬で癒した様に、私も日頃の疲れが癒され、また大阪に戻って頑張るぞと思いました!!

ただコロナの増加がやはり止まりませんね。

こうやってなんとか旅行に行けた事に本当に感謝です。

皆様も来年の秋は旅行まではちょっと、、という方でも六甲山からロープウェイで有馬へ行き温泉に浸かって戻ってくる…
このコースはとてもオススメです!!




《いまい》

本のお話

2020年11月23日

南千里店


蒼煌
黒川博行

芸術院会員の座を手に入れようと奔走する、日本画家〈 室生〉と

その弟子、また参謀を務める事となった画商、ライバルの日本画家

政治家まで巻き込んでの選挙戦を舞台に、

人の欲望と執着、そこで見失ったものを描いた物語。

権力と地位を手に入れるために、餌をばら撒けば

あらゆる隙間から、ゴキブリが集まってくる。

鹿児島から出てきて、画塾の先輩にイジメられながら辛い修行に耐えた

師の妾ばらの娘を嫁に迎えて、そこまでして出世したいのかと

仲間に笑われながらも、歯を食いしばって絵を描いてきた男

画家の世界に生きる人達を描いた作品でした。

《 フジイ 》

匠の技で造られた伝統美の刀

2020年11月22日

南千里店

映画館の消費動向がコロナ感染拡大前に比べてプラス転じるほどの爆発的な大ヒットになっている『鬼滅の刃』は、大正時代を舞台背景にした物語で、悪鬼に家族を殺された主人公は、鬼にされながらも唯一生き残った妹と過酷な鬼狩りへの道を進んでいく。原作の漫画がヒットし昨年アニメ化されてから更に人気が上昇し、10月の映画の公開以来、各地の映画館はほぼ満席状態で、現時点では観客動員1750万5285人(興行収入 233億4929万1050円)となり、歴代日本映画興行収入ランキングで3位に入りました。今日明日の連休や、これからの冬休み中にまだまだ記録も伸びていくでしょうね。

テレビでは現在織田信長が戦国の乱世を舞台にした『麒麟がくる』が、信長の軍歴で唯一の撤退戦となる姉川の戦いが佳境に入り増々面白くなっています。

それぞれに共通するもの云えば・・・

『日本刀』

鬼滅の刃はタイトルにも有るように、鬼を滅する日輪刀と呼ばれる日本刀を武器に戦います。
方や戦国乱世では武士の主要な武器は日本刀です。

という事で、前置きが長くなりましたが・・・こういうものを購入しました^^


関の孫六で有名な刃物の聖地、岐阜県関市産の日本刀ペーパーナイフです。
日用品や美容、医療用メスなど洗練された匠の技が光ります。


このペーパーナイフも例に違わず良く切れます。
切れるといっても刃は鋭利ではなく皮膚が切れたりはしません。
ペーパーナイフは紙が折れ曲がって弱くなった部分を割く感じで使います。


さてお立ち会い!この日本刀で厚く重なった紙をもスッパリ割いてご覧入れましょう!


シュッ、サクっと切れました。めちゃ良い!
あとカッコいい!歴史上の名だたる武将が所有していた日本刀がモチーフになっており、自分は織田信長の「へし切長谷部」を購入。


鞘から抜いた時に磨き上げられた刀身が見えるのはロマンがありますなあ。

日本の様々な伝統技術は世界に誇れる偉大なものです。

メガネもそうなんです。
世界に誇れるMADE IN JAPAN 。メイドイン鯖江。
しっかりと作られたものは所有者の満足度にも繋がります。

是非、鯖江産のメガネはメガネのセンリで!

《タカダ》

新しい星。

2020年11月21日

千里中央店

立ち止まったら そこで何か
終わってしまうって走り続けた
でも歩道橋の上 きらめく星々(ほし)は
宇宙の大きさでそれを笑っていた

静かに葬(ほおむ)ろうとした
憧れを解放したい
消えかけの可能星を見つけに行こう
何処かでまた迷うだろう
でも今なら遅くはない
新しい「欲しい」まで もうすぐ




こんにちは。

冒頭の詩はMr.Childrenの新曲『Brand new planet』の歌詞です。



この曲有村架純さん主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』の主題歌にもなっていて、ドラマの初回放送後すぐのタイミングでYouTubeにPV動画がアップされました。

いやー、とても良いです。

メロディ、サウンド、歌声もさることながら歌詞が素敵なんですよね。
桜井さんのソングライターとしての枯れないアイディアには本当に脱帽です。

可能性を可能星と表現しているところとか。

タイトルの「Brand new planet」
直訳すると「新しい星」
それを“新しい「欲しい」”とかけてるところとか。

“新しい「欲しい」”とは、自分の中に生まれた素直な欲求のこと
自分の頭の中や心の中を宇宙だとすると
自分の中に生まれた素直な欲求こそが、その宇宙で生まれた「新しい星」「Brand new planet」なのかなって…

間違ってるかもしれないけど僕自身そう解釈してみました。

PVがアップされてから何度もリピートしています。最近の僕の頭の中ではこのメロディがグルグル回っています。(良かったら音量に気をつけていただきチェックしてみてください)



日々の悩みや行き詰まりも、宇宙の大きさで俯瞰して見てみたら大した事じゃない。
そして、自分という可能性を信じてみよう。
…そう思わせてくれる素敵な曲。

これから先の人生でこの曲が僕の背中をそっと押してくれるかもしれない。

Mr.Childrenの音楽がある人生に感謝して。
これからもポジティブで前向きに日々を過ごしていきたいです。


先行でリリースされた『Birthday』『turn over?』も良かったですし、レモンサワーのCMで流れている『others』もフルで聴いてみたいし、2日前にPVがアップされた『Documentary firm』も素敵な曲だったし…12/2発売のMr.Childrenニューアルバム『SOUND TRACKS』への期待値も自ずと高まります^_^





ところで、僕の新しい「欲しい」は何かというと。

チェスターコートです。
来週からまた寒くなってきそうだし…
ってことで実は昨日買っちゃいました(笑)。良いお買い物が出来てとても満足しています。まさかの物欲。

…いやいや新しい「欲しい」って、そういうことじゃない…とも言い切れない(笑)。
欲しいものは人それぞれ…みんな違ってみんないい。

みなさんにとって新しい星(欲しい)は何ですか?



《ウエノ》

せんべいとあぶり餅

2020年11月20日

南千里店



秋のお彼岸にお墓参りが出来てなかったので

遅まきながらやっと義母のお墓参りに行くことが叶いました。





妻の先祖のお墓は京都にあります。

以前にもお話させて頂きましたが・・・

京都にお墓が有ると、お墓参りのついでと申し上げたら

ご先祖様にお叱りを受けますが、

お参り後、京都観光が出来て便利が良いです!! (笑)




しっかりとお墓の掃除、献花、お参りの後、

今回も目的地が2~3箇所ございました。



まず第一は・・・

以前、ご来店のお客様から”おせんべい”を頂戴致しました。

それが京都のお店の商品で、凄く美味しかったんです!!

大阪では百貨店の催事以外では販売されていない商品でした。





お菓子の包み紙からネット検索致しました所、

なんと・・・義母のお墓から歩いて数分の場所にありました。


それで、墓参の後に早速訪れてみました。

上京区堀川通り寺之内にあります。





こんな店構えで、赤い日除けの傘が粋な感じです。

店内は、さすが京都というか大阪の菓子舗とはちょっと違う雰囲気、


「田丸弥」は江戸時代まで丹波で旅籠を営んでおられ、

自家製のお菓子で旅人をもてなしたのが菓子作りの始め、

江戸時代が終わり明治から大正へ、徐々に拠点を京都に移し

やがて菓子作りを家業の中心に据えるようになられたそうです。

そんな歴史のあるお店のようです!!






「いらっしゃいませ」と迎えてくださった店主、

『どちらから?』と聞かれたので「大阪から」と答えたところ、

「あ~ぁ、そうですか」と、ごく普通の応対でした。



しかし、しかし、ですよ・・・


『歩いて数分の「○○寺」に義母の墓が・・・』と話した所

『そうどすか!、京都のご出身で?』『よう、おこしやす!!』


急に京言葉でにこやかな応対に様変わり・・・(爆笑)

こういう所が、”いかにも京都人”的な感じを受けました・・・(笑)

私の感性、皆様はどう思われます??? 偏見ですかぁ~(笑)



まぁ、おせんべいは確かにわざわざ買い求めに来た程の値打ちがあり

胡麻の風味が効いて、美味しかったですよぉ~~

友人・親族にもお土産に買い求めたぐらいですからねぇ~~



そんな体験をした後は・・・京都洛北へ






車で10分足らずの場所にある「今宮神社」へ・・・




参拝は勿論ですが、こちらの目的は「あぶり餅」です。

この度は食べてばかりのようですが・・・(笑)



今宮神社の門前で、創業1000年以上の老舗が2軒

「一文字屋和輔」と「本家・根元かざりや」です。






私はいつも「かざりや」さんです。


・・・と云うのも、お持ち帰りを注文すると

3本のあぶり餅が、おまけに付いてくるからです(爆笑)





大きさは大人の親指ほど、細い竹串に餅を刺して”きな粉”をまぶし

炭火で焼き上げ、最後に”白味噌”のタレを掛けて出来上がり!!


町家造りの軒先に置かれた炭火で炙るため、香ばしい香りが

辺り一面に漂い、食欲をそそります!!





このきな粉の風味と甘みのある白味噌と、少し焼け焦げた餅

三位一体となった味が最高に美味しく、ホッとするんです。



丸窓と釣り忍の掛かった風情を楽しめる部屋で頂きました。






この大きさの餅ですから、満腹という訳には参りませんが、

小腹は満たされましたよ。





で、次なる目的地へと向かいますが・・・

長くなるので次回にご紹介致します。

またぁ~、今回も引っ張って御免なさい。


次回を楽しみにお待ち頂けると幸いです。

宜しくお願い申し上げます(礼)



          《タケナカ》



カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事