スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

HIROSHIMA

2014年04月09日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

先週は春休み最後とあって私も久しぶりに家族旅行に行ってきました。
今回はレジャーではなく平和学習で広島へ。

というのも私の祖父は昭和20年の夏、広島湾の宮島(厳島神社のある島)で
海軍書記官の仕事をしていました。
8月15日は対岸で原爆の惨禍を目撃しており、その後の広島も肌に感じたそうです。

私はちょうど30年前、祖父に連れられて広島に行きました。
体験談も交えて後世に伝えてくれよと。
私自身子供もできて、いよいよこの日が来たかと思ったのが今回の旅行です。



  

厳島神社の起源は源平合戦の時代からあり、毛利元就が改修をしたりと
1400年の歴史があります。現在ではユネスコの世界遺産に登録されています。

昨年より出雲大社、伊勢神宮と宮詣していますがこの日も含めて全部雨!
幸い桜が満開で、霧の出る幻想的な景色です。
名物のあなご丼ともみじ饅頭をいただいてフェリーで対岸まで10分。
いざ、広島平和公園へ。

毎年8月15日にテレビで映っている広場。子供の目にはこんな感覚です。
原爆資料館ではただ単に見るだけなら通過しがちな子供に詳しく説明すると
真面目にノートにメモしています。
ようできた子や… 私の時はノートなんて持って行かなかったのに。


爆心地から2キロ近く離れた人のメガネです。
当時主流のガラスレンズが熱で変形しています。


説明しているとそれを後ろで聞く大勢の外国人の方でいっぱいです。
そう、私が驚いたのは日本人よりも多くの外国人が真摯に
この歴史的事実に興味をもっているのいです。
広島平和公園の意義は日本人のみならず世界に発信していると感じ涙がでそうでした。

  

我が子も次の世代を連れて、再び広島まで来てくれるかな?
と問いかけると「自分でもう一回孫を連れて来たら?」と。
親の熱い気持ちは少しぐらい届いたのでしょうか。


《なかお》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事