スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

Tomorrow.

2013年06月25日

千里中央店

日曜日、息子の野球の試合を観るため千里丘中学校のグランドへ。
モノレールに乗り宇野辺へと向かう。
朝から雨がポツポツと降るあいにくの天気だ。
3時過ぎに到着すると、小雨が降る中、まさに試合が始まる瞬間だった。

両チーム元気に挨拶を交わしプレーボール。



1回表。
先行の我がチームはツーアウトからフォアボールでランナーが出塁。
ここで息子の打席だ。
ランナーが2塁に盗塁を決めて先制点のチャンス。
僕も固唾をのんで見守る。
結果はピッチャーゴロ。スリーアウトチェンジだ。
親子して力が入ってしまった。次の打席に期待しよう。



1回裏相手チームの攻撃。
フォアボール、盗塁、エラー、ヒット、フォアボールなど…なかなかアウトひとつが遠い。
慣れない高いマウンド、ほぼ4年生の相手チーム、思うようにいかない。。。
ランナー満塁で大きなアタリが出て、走者が一掃した。
1回ワンアウトも取れず8失点。
次の瞬間マウンドの3年生ピッチャーが左腕で顔を覆った。

涙を流していた。

真っ直ぐな涙を見て、すごく胸が熱くなった。


こどもだから、気持ちが弱いから泣くんじゃない…
感情がコントロール出来ないから泣くんじゃない…
それだけ一生懸命なんだと。

ふと思ったんだ。
悲しくて泣く事はあっても、悔しくて泣きたくなる事があるだろうか。

大人になったら、何事もわかったような気になって本気にならない。
いや、なれないんだと思う。
傷つくのを恐れて、自分の気持ちを上手くごまかし
出来ない理由ばかり頭で考えてしまう。
結局、自分自身に正直じゃないんだって。
偉そうな事言ったって、僕だってそうなんだけど。。。

思わずみんなと一緒に僕も「頑張れ」と声を出していた。

監督がタイムを申し出て3年生ピッチャーに声を掛けていた。
…遠くから観ていたので何を言ったのかはわからない。
ただ2回以降立ち直り、その後のゲームは引き締まった。


3回裏時間切れ試合終了で10対0。
結果だけを見れば完敗だ。
ただ3年生ピッチャー、チームが獲たものも大きいはずだ。
次の試合がとても楽しみだ。



試合終了時には雨も上がり、まぶしいくらいの太陽がナインを照らしていた。

僕はひとりグランドを後にした。

《ウエノ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事