スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

大規模災害支援用メガネ

2024年02月26日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

二年前より眼鏡技術者は「国家検定」資格となり、眼鏡作製技能士という
資格を名乗れるようになりました。
この取得した、眼鏡作製技能士が集まる団体として一般社団法人日本メガネ協会が作られました。

メガネ協会および、眼鏡作製技能士については、こちらをご覧ください。

メガネ協会とは?との説明には
眼鏡作製技能士による眼鏡作製を「業界標準」として定着させるための啓蒙活動を行います。
国民・生活者に広く認知され支持を得るために、その接点である販売店を支援し、
関わる全ての団体・事業者との協力体制を作ります。
また眼科医と連携し、目の健康を守る育成に努めます。(一部抜粋)
となっており。メガネにかかわる業界全ての統一団体という位置づけになっております。



元旦に発生した令和6年能登半島地震における災害時支援眼鏡という事で
メガネ協会では今回、下記の様に既成の老眼鏡を355本と既成の近視用メガネ250本を
準備し、石川県眼科医会さんの方へお渡しされたそうです。
今後、眼科医さん達がJMATに参加し、災害支援に使用されるとの事です。

既成の老眼は買えばすぐ使えますが、近視用のメガネは既成では売っていません。
なので日本全国より協力店を募り、メガネ屋のお店で作っています。
メガネのセンリも協力店となりメガネ協会より委託された災害支援メガネを作っています!



大量のフレームとレンズが送られてきて、これを指定の条件に加工していきます。



出来上がったメガネは度数がパッと見てわかるようシールを張って保管します。

このメガネは次回以降の災害に備えた物になるので出来れば使われない方がいいですね。



《なかお》

大阪城の梅林

2024年02月19日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年もあっという間に2月。
そして気温のアップ・ダウンも激しいのですが
暖かい日を狙って大阪城の梅林へお出かけしてきました。



大阪城の梅林は大阪府下で一番かも知れません。
広さと種類の多さ、来場者数もすごいですね~。
大阪城本丸の東側。二の丸御殿跡がすべて梅林です。



桜も好きなのですが、梅は香りも楽しめるので大好きです。
天気の良いこの日は後輩たちと待ち合わせをしたのですが
大阪城で落ち合うと一人は迷子になるという大阪城あるある(笑)
GPS上ではすぐそこですが、その前には堀があり遠回りしないとたどり着けない…
そのカラクリがお城ですから。



2月が見頃ですが種類によってはまだ蕾もありますのでしばらく楽しめそうです。
この時期は売店も出ていて《花より団子》も出来ますよ。
外国人がやたらと多いのでビックリします。



その一角に人だかりができていたので行ってみるとインコが大人しく枝にとまっていました。
誰かが連れてきたのか、迷いインコか分かりませんが梅とのコントラストが綺麗で
皆さん写真に収めていました。

大阪城は千里ニュータウンから遠いですが千里南公園にも少しだけ梅林があります。
この時季しか楽しめない花見を散歩がてらどうですか?


《なかお》


最近のお買い物

2024年02月12日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

先週のブログでお伝えした自分のメガネ。
レンズを仕上げてて早速、愛用しています。



お店では使わない前提で30%のカラーを入れました。
レンズコーティングはブルーライトカットにしています。

ブルーライトカットは紫外線に近い低波長光をカットするだけでなく
カラーレンズと組み合わせることにより反射する色調で楽しめます。

このメガネを掛けてお買い物をすると店員さんによく声をかけられます(笑)
「オシャレなメガネですね~」って。
メガネ屋ではない普通の人にも是非持っていただきたいですね。


さて、最近こだわって買ったものがもう一つ。
カゴメから通販専用で販売されている《野菜ジュース》です。



以前に知人より頂き、とても美味しかったのを覚えていたのですが
先日、トナリエ南千里で試飲販売会をされていたので契約してきました。

国産6種類の野菜を使用したドロっとした濃厚な飲み口。
味も甘みもしっかりあるのですが、一番驚いたのが香料も食塩も砂糖も加えていないので
野菜本来の甘味が感じられます。
味覚は個人差がありますが私のオススメです。
   ↓
《カゴメ・つぶより野菜HP》




《なかお》

お札のはなし

2024年01月22日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年、2024年7月3日は新紙幣の発行開始になっております。
お札が新しくなるのは20年ぶり。
新紙幣の肖像画には次の3名の人物が採用されました。
1万円札には”日本近代社会の創造者”と言われる「渋沢栄一」、
5千円札に女性の地位向上と女子教育に尽力した教育家の「津田梅子」、
千円札に”近代日本医学の父”と呼ばれる「北里柴三郎」です。



新紙幣発行の理由として最初にあげられるのは、「偽造紙幣の急増」ではないでしょうか。
北〇鮮では偽札製造プラントがあるとか、ないとか言われています。しらんけど…

次に、紙幣の「ユニバーサルデザイン化」があげられます。
ユニバーサルデザインとは、誰もが確認しやすく使いやすいデザインです。
つまり、文字の大きさや配置などが世界的にも重要視されていることから
「見やすくわかりやすいデザイン」であることがポイントだといえます。

紙幣が改刷されると、ATMは新紙幣に対応するために入れ替え・改修等が必要になります。
新紙幣の発行開始に伴い、コスト抑制のため廃止されるATMの増加も見込まれています。
2024年はますますキャッシュレス決済の利用が促進される年になりそうですね。

ちなみにメガネのセンリでは各種カードの他にもPayPay、AUPay
交通系ICOCAなど各種キャッシュレス決済にも対応しています。
CMばりに「じゃ、いいです~」と言わずどうぞご利用ください。


《なかお》


チタンのお話

2024年01月15日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

「このメガネはチタンでできています。」
「えっ!チタンでできてるんですか?」
なんて会話はめがね屋でよくあることですが、店頭のほとんどのフレームは
チタンでできてるんです。
一般的にはレアメタルで飛行機などに使われ、なじみの薄い金属ですが
めがねでは割と身近な材料です。

金属として身近なものは「鉄」「銅」「アルミ」などが一般的で、
銅は6000年前、鉄は4000年前から使われています。
「チタン」は1790年イギリスの海岸で新しい金属元素(チタンの始まり)が
発見されてから、 5年後にドイツの化学者が鉱石中から「チタン」元素を見出し
1910年アメリカの化学者が純度99.9%のチタンを抽出することができ、
これによって「金属チタン」が世の中に誕生しました。

チタンが工業/産業で幅広く取り入れられるようになったのは戦後(1946年)で
金属材料としてはまだ新しく実用化されてから70年、未知の可能性に満ちた金属です。
元素記号 「Ti」で表される銀灰色の金属です。
他の金属に比べて軽量・高強度・耐食性に優れるなど、多くのメリットを持ち、
先端技術に欠かせない実用金属です。



チタンの地金は写真のような銀色。これに表面処理と言ってメッキや塗装をして
色鮮やかな商品に加工して販売をしています。

汗っかきな方などはメッキが剥げたりトラブルになりやすい。
そんな方は再メッキで色の付け直しもできますし、そもそもメッキをしていない
《チタン無垢》という商品もございます。

詳しくはスタッフにお尋ねください。


《なかお》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事

アーカイブ