スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

お盆

2022年08月11日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

もう来週はお盆ですね。

お墓参りに今年はちょっとこだわったお線香を用意しようと前々よりきになっていた
松榮堂 さんの直営店へ行こうと思っていたのですが忙しくて
ネットで注文しちゃいました。
本来なら店舗で色々嗅いで選びたかったのですが…



亡くなった先祖は墓石の下に眠っています。
そこに届くのは「香り」だけです。
いくら綺麗に飾っても中の人には見えません。

お焼香、香典など亡くなった人間には「香」の付く言葉がよく用いられます。
香典の由来は、線香が開発される以前の日本において、関係者の持ち寄った
「お香」であると言われています。

生前好きだったビール等をお供えするのも缶を開けなければ意味ありません。
封を開けて香りを出してください。
タバコの好きだった方なら火をつけてあげてください。
造花は本当に意味がありません。



皆様、思い思いのお盆をお過ごしください。


《なかお》


絵画コンクール2022

2022年08月04日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

夏休みなのにコロナ第七波でなかなか遠出できませんよね。
そんな中、小学生以下のお子様にとっておきなお知らせです。

メガネの組合で例年開催しています「絵画コンクール」
今年もオンラインで開催となりました。



夏休みの思い出をメガネと一緒に書いてみよう!
思い出やこんな将来にしてみたい!という願いを
絵に書いてみよう。

オンライン開催のため原本を送らなくても携帯電話で写真を撮って
QRコードから送ればお手軽に参加できます。

image

全員に必ず参加賞がありますので夏の思い出に参加してみよう!

8月末まで応募受付をしていますので奮ってご参加ください!


《なかお》


眼鏡作製技能検定の日

2022年07月28日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

コロナも第七波となりすごい勢いで感染が増えていますね。
大阪府内だけで2万人を超えるとかなりの人数です。
どうぞ皆さまもお気をつけください。


さて、本日の午前中はお店を閉めて全員で試験を受けてきました。



以前のブログでもご紹介しましたが「認定眼鏡士」から「眼鏡作成技能士」へと変わります。
今までは公益社団法人の認定でしたが今後は国家検定の技能士として立場も変わります。


眼鏡技術者の国家検定資格
職業能力開発促進法 第47条第1項の規定に基づき、技能検定職種のひとつとして、
令和3年8月13日に(公社)日本眼鏡技術者協会は厚生労働大臣から眼鏡作製職種の
指定試験機関となり、試験業務を実施することになりました。
今般導入された「眼鏡作製職種」は、多くの歳月を掛けて誕生した検定制度であり
多様化・高度化する顧客のニーズに伴い、「適切な診断・治療」と「適切な眼鏡作製」の双方の
実現に向けて、眼鏡技術者が眼科専門医と連携しつつ、国民により良い眼鏡を提供し
目の健康を守れるよう、眼鏡作製の技能を高めていくことを目的とし
眼科専門医との連携を含め、眼鏡を必要とする顧客が視力補正用眼鏡等を選択し
購入する際に、眼鏡店において行われる、視力の測定、レンズ加工、フレームの
フィッティング等の業務について検定を実施いたします。
検定試験は、学科試験と実技試験で実施し、両方の試験に合格すると
「眼鏡作製技能士」の称号が付与されます。



国家検定に移行するにあたり、今まで認定眼鏡士だった人間も
もう一度試験を受けなければいけません。
で、今日が試験の日でした。
さて、結果は如何に???


《なかお》


土用の丑のオススメ店

2022年07月21日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。


夏になるとどこからか聞こえてくる「土用の丑の日」
そのワードと同時にスーパーにはうなぎが並び始めますよね。

2022年の土用の丑の日は7月23日(土)と8月4日(木)です。
2つあるの?と思われるかもしれませんが、土用とは「立春・立夏・立秋・立冬」の前18日間の
ことで、その期間中の丑の日を「土用の丑の日」と呼ぶので、年によっては2回のことも
あります。

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのにはさまざまな言い伝えがあります。
そのなかでも有力なのが、売上不振の続くうなぎ屋を助けるために蘭学者の平賀源内が
土用の丑の日に宣伝したことがきっかでという説です。

丑の日には「う」の付く食べ物を食べるといいという風習があったため、土用の丑の日に
「本日、土用の丑の日」とうなぎ屋に張り紙をしたところ大盛況。
うなぎは栄養価も高く、夏バテにもいいということもあり、夏に食べる人が増えて
売上が上がるようになりました。
このことから、土用の丑の日はうなぎを食べる日と根付いていったのです。

と、まあ長い前置きはここまで。
実は私、鰻は大好物なのですがスーパーの鰻はあんまり食べることもなく…
そんな私のイチオシ店をご紹介いたします。



鰻 にしはら
06-6926-4478
大阪府大阪市中央区北新町4-12
(最寄り駅:谷町四丁目)

image

ご存知の方も多いと思いますが、関東のうなぎの割き方は背開き。
関西のうなぎの割き方は腹開きです。
こちらは大阪では珍しい関東の鰻。白焼きした鰻を蒸しあげたものですが、
蒸すと余分な油が抜けるのと同時に、身も大変柔らかくなります。

image
夜に行けば限定でう巻きも注文できます。


コチラの店舗は電話予約が必須です。
当然、スーパーのよりお高いですが、モノは完全に別次元!
関東の鰻で私の中ではこのお店が最高峰です。



次にご紹介するのは関西鰻で私の中で最高峰!

鰻家
大阪府大阪市淀川区西中島4-5-22 第3新大阪ビル 1F
(最寄り駅:西中島南方)
予約不可
image

入り口まで行くと名前を記入する紙があり、11時台、12時台、13時台のどれかに名前と人数を記入します。
そして予定の時間丁度に入らなければいけません。

image

関西の鰻の特徴はパリッとした焼き加減。
そとパリなかフワが美味しいですね。

image

このお店の特徴は一斉に入店してから生きた鰻を目の前で捌き
調理する過程を目の前で見れます。 正に劇場型!



個人的なオススメのお店をご紹介しました。
どれも大阪市内ですが行く価値ありの名店です。
機会があれば行ってみてください。きっと驚きがあるはずです。


さて、私ですが仕事もあり中々外食に行けませんので丑の日は
〝う〟の付く〝うめぼし〟でも食べて夏の暑さをしのぎたいと思います(笑)



《なかお》



最近オススメのもの

2022年06月30日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

梅雨空の中、いや年中ですが食べることぐらいしか楽しみがないのですが
最近、気に入っていろ商品をご紹介します。

カルディ 牛たんラー油
image

インスタグラムで存在を知りました。
そんなに激辛ではないのでご飯の上に載せて、卵黄を乗せればテンションバク上げ!

image
コチラの写真はカルディさんより

ご飯はもちろん、豆腐に乗せたり調味料としても万能です!

image


もう一つ、スーパーで売っているクラフトビールをご紹介。

インドの青鬼
image

こちらの特徴は「驚愕の苦みと鮮烈な香り」

インドの青鬼は、「インディア・ペールエール(IPA)」というスタイルのビールです。
IPAは、18世紀末にイギリスからインドへの長く過酷な輸送に耐えられるよう
アルコール度数を高め、劣化防止効果のあるホップを大量に入れたことから生まれました。
インドの青鬼を口にすると、大量のホップがうみだす驚愕の苦味と深いコク、そして
華やかな香りが飲む者を虜にします。
“魔の味”を知ってしまった、熱狂的ビールファンの為のビールです。


普通のビールとプレミアムビールの違いぐらいではありません!
完全に次元の違うビールです!
華やかで鼻を抜ける香りと芳醇な深みのある味わい。


今日ご紹介したこれらの品は300円前後で決して高くはありませんが
驚きと発見に満ちた商品です。
どうぞ一度、お試しになってください。


《なかお》





カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

アーカイブ