スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

2020年10月19日

南千里店

家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
岸田奈美



この本が発刊される元となったブログサービスのnoteへの投稿が大きな注目となって文筆家の道を歩くことになった岸田さんの現在進行系の自伝エッセイ本です。

初めはnoteで投稿していることは全く知らなくて、ネットで見たこの本のタイトルが心惹かれるものだったので購入してみました。

岸田家は車い椅子ユーザーの母、ダウン症で知的障害のある弟、そして若くして急逝した父との出来事を笑えて泣ける、読者の胸にスッと落ちていくような言葉の魅力が満載です。
関西出身である著者の関西弁の主語が笑いを誘い、同時に生々しさを感じる程の自身や家族に対しての悩みや気づきを軽快な表現で綴られ、重いようで重くない、軽いようで軽くない、まるで著者と喫茶店か<あるいは居酒屋で?向かい合って話を聞いているような、そんな身近な錯覚すら覚えるほどに引き込まれる内容でした。

およそ、人生において死は避けられないイベントですが、障害のある母の車椅子生活、ダウン症の弟など著者の周りには体験するには大きすぎる環境にありながらも、そんな情報過多な日常の出来事を笑いに変えて、泣けて、そして考えさせられる。考えたあと心が暖かくなるようなエッセイの数々が収められています。

ご本人が体験するには重い内容ながらも、家族愛が溢れている(時には本人が嫉妬もしたりする(笑))、読後は障害を持つ人に優しくなれるような、そして元気になれるような、是非オススメしたい本です。

最終話、「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の文中に挟まれた東京駅をバックにした笑顔の岸田家の写真、そしてその下に添えられたタイトルの文字・・・。

とても感動しました。


《タカダ》

本のお話

2020年10月18日

南千里店


ラストチャンス 参謀のホテル
江上剛

数々の企業を苦境から救ってきた、再生請負人樫村徹夫。

老フィクサー金杉芳雄に、名門 『 大和ホテル 』の

立て直しを依頼され、総支配人に就任。

社員のモチベーションを第一に、

『 会社の再生や経営改革はシンプルです。社員と経営陣が

一体になって頑張ろうという気になれば、80パーセント成功です。』

社員と積極的に話す中で、こちらの味方と思った人が実は裏切り者だったりと

様々な妨害を受けても、社員と一体に頑張るところは、

読み応えがあります。

《 フジイ 》

コスモスの里 穂谷

2020年10月16日

南千里店


少し日数が経過しましたが・・・

今月4日に、もうそろそろ”コスモス”咲いてるかなぁ~~と

ネット情報を検索し始めました!!





今年は「コロナ」の影響で、閉鎖している場所もあり

見に行ける所が多少、少なくなっております。


せっかく探していくのなら、今まで行ったことのない

初めての場所が良いなぁ~と思い・・・調べました。





大阪府枚方市穂谷地区東部ほ場

《コスモスの里 穂谷》


「にほんの里 100選」にも選ばれている穂谷(ほたに)地区

私が好きな里山風景が見られるようなので・・・いざ出発です。



国道1号線を京都方面にひたすら走り

関西人おなじみの”ひらぱー”を左に見てさらに少し走って右折れ・・・

コスモス畑は”田んぼ”なのでナビで調べることが出来ません。

住所と最寄りの公共施設等を目印にして目的地探し・・・

現地近くまで行くと、後は目視・・・自分の目で探します。





オッ・・沢山の人が田んぼの周りを散策しているぞ~

見つかりました!! こんな場所です!!


しかし・・・人々は居てるのですが”コスモス”の花が???


残念ながら満開ではなく2分咲き位です・・・

ア~ァ、やってしまいました!! 

まだ早かったようです!! (苦笑)  残念!!(苦笑)






しかし駐車場に戻って来られる女性たちは

皆さま手に手にコスモスの花束を抱えていらっしゃいます!!



そう云えば・・・検索時にお持ち帰りもOKだと書かれてました。

しまった!! ハサミを持参すればよかった!!





さっそく、コスモス畑の中へ・・・

比較的咲いてる場所へ行くことにします。






ご覧のようにスカスカの状態です。

コスモスだけではなく”バッタ”や”曼珠沙華”・・”色づいた柿”・・

他のものでも、”秋”を感じなくっちゃ~~~

 

 

トホホ・・・本当は色とりどりの満開のコスモスに囲まれて

笑顔満載を想像してたんですが・・・

まぁ、たまにはこんな失敗もありますよ・・(自分で慰めています)



妻はさっそく綺麗な花を選んで、他を傷めないように手折しています!!

「10本・・・100円」 と、看板に書いてありました。





他に「ひまわり」も摘めるようで一緒に・・・






家まで花が元気で持ち帰れるように、

ビニール袋にあぜ道の小川の水を汲むのは、私の仕事でした(笑)


自宅に帰り、花瓶に飾ります。

我が家の部屋にも、秋がやって来ました。




秋の一日、お金もかけず、GO-TOトラベルにも踊らされず(笑)

地味に楽しみました。



こんな”秋探し”もあって良いですよねぇ~~



          《タケナカ》

本のお話

2020年10月12日

南千里店


アフリカの瞳
帚木蓬生

『 アフリカの蹄 』の続編

アパルトヘイト後の南アフリカ、

貧困故の凄まじい、H I V感染に苦しむ人々に

作田医師、パメラ夫婦が仲間を巻き込んで声をあげる。

国策として、勧められてる抗 H I V 薬に対する疑惑に立ち向かってゆく。

様々な妨害にも屈することなく

手作りのチラシを皆んなで作り、抗 H I V薬の効能の真実を発表する。

このシーンは、読んでいてとても興奮しました。

あと、一人息子が参加したお芝居の内容がとても素晴らしかったです。

《 フジイ 》

疾風怒濤の第一局!

2020年10月11日

南千里店

いよいよ、羽生九段のタイトル獲得通算100期を目指しての、竜王戦七番勝負の第1局目が9、10日の両日に渡って行われましたね!



豊島竜王に挑む羽生九段が先手で始まった1局目は大波乱の幕開けでした。
お互いの王様を固めない居玉のまま戦う異様な序盤で、成大駒が飛び交う乱戦になり、結局「相居玉」のまま豊島竜王が先勝しました。

52手の短手数での決着は竜王戦史上初で、観戦者としてはめちゃくちゃ面白い将棋でした。


(52手まで)終局図
羽生九段の自陣下段がほぼ動いていないのがすごい・・・


まだまだ戦いは始まったばかり。
豊島竜王の初防衛か羽生九段の竜王奪取&タイトル100期か。
最終局までもつれると最長決着日は12月17日。

楽しみです^^



沢山のお客様にお手にとってご覧いただいております現在開催中の、

100種類のセルロイド製フレーム『歩』をお試しいただける機会、『2020歩 -AYUMI-トランクショー』

その軽さと掛け心地をご体験くださったお客様からは総じて良いお声を頂いております。

そんな「歩」たちの中でもちょっと変わった、新しく加わったモデルがこちら!

AYUMI 007



セルロイドの逆ナイロールは珍しい!
一見シンプルに見えるこのモデルですが、逆ナイロールは一手間も二手間も三手間も(!)かかるデザインなのです・・・。

私のカメラ技術ではセルロイドのクリア感が出せません><

「歩」を産み出されているマコト眼鏡様のHPでは、とてもきれいなクリアの歩たちの画像が沢山ありますので是非!

007の美麗な画像のブログページはこちら


南千里店では、歩トランクショーを18日(日)まで開催しておりますので、お近くの方は是非、100本の圧巻の「歩」の数々をその目でご覧いただければ・・・

《タカダ》

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事