スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

ポトス グローバルグリーン

2020年04月02日

千里中央店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

お客様からお褒めの言葉をよくいただく、店内にある観葉植物ですが
千里中央店で多く置いているのが〝ポトス〟です。
理由はやはり、丈夫で育てやすい!

そのポトスですが、2020年春に登場した新品種のポトス
「グローバルグリーン」 が千里中央店にやってきました。

image

image

約10年の歳月をかけて商品化されたのが、
新品種ポトス「 グローバルグリーン」


image

その特徴はずばり「堅強かつ美しい」こと。
パリッと張った艶めく葉は力強く元気な印象で、美しい深い
緑色の葉に黄緑の迷彩模様がバランス良く入り、和風、洋風、
アジアンテイストと、どんな部屋にもすっとなじんでくれます。

ポトスは和名は、オウゴンカズラ(黄金葛)
ソロモン諸島原産とされるサトイモ科のつる性植物です。

この他にも当店には様々な種類のポトスを置いています。

image
ポトス テルノシャングリラ
ネジネジした葉が特長です。

image
こちらもポトスのレア種
お客様からいちばんよく聞かれるポトスですが名前は忘れました。


image
もちろん普通のポトス、ゴールデンポトスもあります。

image
ただ、鑑賞しているだけでなく、ポトスは増やすこともできます。
伸びた先を切って、水に浸けておくと根が伸びます。

店内の奥でコッソリと増殖させています(笑)

image
こちらは今月、水栽培から土に植え替えたポトス。
異種を寄せ植えしました。

image
ポトスの他にもお気に入りの観葉植物たちがいます。

ドリミオプシス・マクラータ
市場への流通数が少ない珍しい球根植物です。
この春、花が咲きそうになってきました。

image
こちらが私一押しの植物、ジュエルオーキッド

アクアテラリウムで用いられることが多いため
一般の園芸店ではあまり売っていません。
ビロードのような質感の葉上にきらきら光る刺繍を
施したような模様を持つのが特徴の洋ランです。


コロナウイルスの暗い話ばかりですが
店内では観葉植物で賑やかしくしていますので
少しでも明るい気持ちになっていただければ幸いです。



《なかお》

麻婆豆腐の味

2020年04月01日

千里中央店

皆さんこんにちは!

この間、勧められて大阪市内福島区にある六徳 恒河沙(りっとく ごうがしゃ)という
中華料理店に行ってきました。
こちらは麻婆豆腐が有名なお店で、TVや雑誌等にも度々取り上げられる有名店です。

image

私は中華料理は大好きで、その中でも麻婆豆腐は1,2を争うぐらい大好物なのですが
お店に行く前日は、まるで遠足を待ちわびる小学生の様にワクワクが治まりませんでした(笑)

こちらのお店の営業時間は、昼は11:30~14:00、夜は18:00~23:00(L.O.22:00)
私は、昼のランチに行ってきました。

事前に昼は並んでいる人が多いと聞いていたので、先に梅田で用事を済まし
P.M1:30頃にお店に行きました。さすがに並んでいる人はいませんでしたが
店内は満員!カウンター席が一席空いてるだけでした!

ランチの種類は2種類あり、麻婆豆腐定食とこの日は揚げそば野菜あんかけの定食
揚げそば野菜あんかけにも心惹かれてしまいましたがここはやはり麻婆豆腐定食を注文。

待ってる間も店内には麻婆豆腐の美味しそうな香りが!待ち遠しくなります!

そして待つこと5分ほど(意外と早い!)こちらが楽しみにしていた麻婆豆腐定食です!



メインの麻婆豆腐にご飯とスープ、焼売とザーサイがついております。

早速、麻婆豆腐を一口食べてみますと・・・味が濃厚で美味しい!!
唐辛子の辛さと山椒のピリリとした辛さが絶妙なバランスを保っており豆腐、ネギ、ひき肉に
見事にからんでおります!この味は病みつきになりますね!

すいません!この美味しさ、うまく表現できなくて(笑)

とにかく私が食べてきた麻婆豆腐の中でも1、2を争う美味しさです!

皆さんも機会があればこちらの麻婆豆腐、ご賞味してください!

六徳 恒河沙(りっとく ごうがしゃ)リンク

《マツウラ》



8時だョ!全員集合

2020年03月31日

千里中央店

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日で3月が終わりますね。明日から4月に入ります。
早いですね。。。
どんな3ヶ月でしたか?と言いたいところですが今年は新型コロナウイルス一色でしたね。

昨日志村けんさんがお亡くなられたことがニュースで流れました。
年齢がばれますが、小さい頃よく「8時だョ!全員集合」をテレビにかじりついてみていた記憶があります。
姉と画用紙にマジックで塗ったひげを作りセロテープで貼って遊んだのをよく覚えています。
image
最近では猫好きの私は志村どうぶつ園をよく見させていただきました。
ほんとに感染されてからあっという間で新型コロナウイルスの恐ろしさを実感させられました。

でも志村けんさんには本当に楽しませていただきました。
ありがとうございました。
こんな形でお別れするのは本当に残念でショックですが
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
image



このようなニュースを聞くと改めて手洗いマスクの重要性を感じます。
マスクは普段の息の9割以上が往来する鼻を出したままだったり、
息を吸いやすいように隙間を作ったりすれば効果もないみたいです。

またマスクを過信しすぎて手指の衛生を怠ったりすれば帳消しです。
手でよく触ったり、外してポケットに入れてまた使用したりと正しく使用しないとマスクの効果がなく、
むしろ資源の浪費とも思えるそうです。


海外ではパニック買いが問題となっています。
image

この写真は高齢の女性が缶詰が置いてあるはずの棚の前で立ち尽くす様子です。涙を流しているようです。
弱者に優しい社会であるべきなのに心が痛みますね。

当店も以前ティッシュペーパーがなくなりそうだけど売ってなくて少しヒヤッとしました。
自分も含め今一度冷静な行動を心掛けないといけませんね。

これは友人から回ってきましたお話です。
少しでも何かの参考になればと思います。

新型コロナ感染症にかかった方からの貴重レポートです。
こちらをクリック↓
https://1kando.com/163014



《いまい》

一粒で三度美味しい。

2020年03月28日

千里中央店

こんにちは。


早速ですが今日はここ1ヶ月での販売数がグググーンと伸びている『AXE アックス』のオーバーサングラスのご紹介です。


1年を通して地表に降り注がれている紫外線、3月4月から夏に向けて紫外線量は増えていきます。夏の日差しを感じ始める5月頃からみなさんUVケアされるかと思いますが、この時期はまだ油断されてる方も多いのではないでしょうか…

また、春先はスギやヒノキに反応する花粉症の症状を訴える人も多いかと思います。今や国民病ですもんね。
僕もそうですが、目は痒いし鼻や喉も辛い…こらからヒノキがピークに向かって飛散量増えていきます。あー嫌だ。

さらに世界中で猛威を振るうコロナウィルス。オリンピックの延期も決定し、志村けんさんも陽性反応が出て入院されています。早く回復して欲しい。何よりウィルスの1日も早い終息を願うばかりです。
そのウィルス、目や鼻や口などの粘膜を通して感染すると言われていますよね。


そこでオーバーサングラスです。(もちろん100%防げる訳ではないのでご了承くださいませ)

ご使用されているメガネを掛けた上から覆い被せるよう(オーバー)に掛けることが出来るサングラスです。
もちろんそのまま(裸眼、コンタクトの状態)でも掛けていたただけます。


それではここで…
小顔で色白、ジェンダーレスでエイジレス…
千里中央店のシャイなアンチキショーにご登場いただきましょう。


それではどうぞ!!




【ビフォー】悔しい程にPADMA IMAGEのセルフレームがとてもよく似合ってます(笑)。


【アフター】何ということでしょう!メガネの上からでもしっかり目元を覆ってくれています。まだカッコイイ。

レンズサイズが大きめと小さめの2モデル、それぞれ2カラー、価格は7,200円(税抜き)です。






紫外線も眩しさもカットし、偏光レンズ仕様で視界もスッキリで目も楽です。何より目元から入ってくる花粉やウィルスも入りにくくくなりますように(-人-)…ここだけは切なる祈りです。

一粒で三度美味しい『AXE アックス』のオーバーサングラス、気になる方は商品が揃ってる今がオススメ、早いもの勝ちですよ。



《ウエノ》

カチューシャの唄

2020年03月25日

千里中央店

皆さんこんにちは!

気温はどんどん暖かくなり、すっかり春めいてきましたが元気に過ごされてますか?

新型コロナはなかなか治まらず、芝居やコンサート等のイベントも自粛で
軒並み中止になり寂しいかぎりですね、早く新型コロナも治まって欲しいものです。

ところで皆さんはこの唄をご存じですか?

カチューシャの唄リンク先

音源からもお分かり頂けると思いますが、かなり昔の流行唄で
「カチューシャの唄」と言います。名前は聞いた事があるのではないでしょうか。

明日、3/26は「カチューシャの唄の日」なんですね。

1914年(大正3年)の3/26、島村抱月と松井須磨子が起こした劇団「芸術座」が
トルストイの「復活」の初演を行いました。
この中で松井須磨子によって歌われた「カチューシャの唄」が大流行しました。

「カチューシャの唄」のレコードは、2万枚以上を売り上げたという説もある程です。

歌詞の「カチューシャかわいや わかれのつらさ」が爆発的な流行語となったんですね。

「カチューシャの唄」の作詞は島村抱月と相馬御風、作曲は中山晋平で
童謡「シャボン玉」や「てるてる坊主」等の作曲も行っております。

松井須磨子の生誕地である長野県長野市や、中山晋平の生誕地である長野県中野市の
「中山晋平記念館」などには、この歌の歌碑があります。



なかなか今は芝居とかを見に行く事はできませんが、たまにはこういう流行歌を
聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ちょっと懐メロ過ぎるかもしれませんが(笑)

《マツウラ》



カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事