スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

ONE TEAM。

2019年10月19日

千里中央店

こんにちは。



16日水曜日のブログで千里中央店の《マツウラ》も触れていましたが…

明日20日に控えたラグビーワールドカップ決勝トーナメント準々決勝1回戦の対戦相手は南アフリカです。

4年前の前回のイングランド開催の2015年ワールドカップで、それまでのW杯通算成績が1勝2分を挟んで16連敗中だった当時ランキング13位の日本代表が、過去2回のW杯優勝経験を持つランキング3位の南アフリカ代表に34対32で劇的勝利を飾り「ブライトンの奇跡」と世界中に報じられました。





29対32、日本の3点ビハインド、後半残り時間僅かなところで相手のペナルティ。
エディヘッドコーチの同点引き分け狙いのペナルティキックの指示を、選手自らの判断でスクラムからのトライで逆転を狙うことに。
これが功を奏したこの劇的勝利はみなさんの記憶にも新しいかと思います。



今年9月6日にW杯直前に行なわれたテストマッチでは南アフリカに7対41と敗れました。

過去の対戦成績は2試合で、1勝1敗。

今大会の南アフリカはプールBを3勝1敗の2位通過、4戦して相手に与えたトライは僅かに3つ。鉄壁のディフェンスを誇っています。

この壁を、4戦全勝でプールAを1位通過して勢いに乗る日本代表がどうこじ開けるか、今から楽しみで仕方ありません。明日はみんなで応援しましょう。



さて、皆さんも聞いたことのある

『ONE FOR ALL ALL FOR ONE』

1人はみんなのために、みんなは1人のために

すごく良い言葉だなと思います。


それをもう一段昇華させたのがラグビー日本代表の掲げるスローガン

『ONE TEAM』



最高の準備をして、苦楽を共にした仲間を信頼して、最高の結果をだすべく、最善を尽くす。

お題目のように『ONE TEAM』と理想だけを掲げたところで、努力も犠牲も仲間への信頼も無ければ、最高のパフォーマンスを発揮できる最高のチームになれる筈もありません。

トライを決める選手、コンバージョンやペナルティゴールを決める選手にどうしてもスポットがあたりますが、チームにはポジション毎に当然求められる役割があります。スクラムの一角をなしたり、チームの秩序を保つべくバランスを取る選手、UNSUNG HERO(縁の下の力持ち)の存在は必要不可欠です。

本当に『ONE TEAM』を目指すのなら、それぞれが自分に与えられた役割を全うする。そしてそれぞれが仲間をリスペクト(尊重、信頼)する。

本当の意味でそれが出来てるチームは強い。日本代表の快進撃の要因もそこにあるのではないでしょうか。


それはスポーツの世界だけでなく、どんな組織でも同じなんじゃないかと思うんですね。

ブログを読んでくださる人の中にはお気付きの方もおられると思いますが、10月から千里中央点でニューフェイスが2人働いています。新しい仲間です。

まだまだこれからではありますが、それぞれの個性を活かしつつ、意識を高く持って、互いにリスペクトし合えるような『ONE TEAM』を目指したい。

先週末のスコットランド戦を観てそんな事を考えたのでした。



《ウエノ》

ラグビーW杯

2019年10月16日

千里中央店

こんにちは!

先日、ラグビーW杯、日本VSスコットランド戦がありました。

台風19号の影響で試合が中止かも?との事でしたが、無事行われ
そして、強豪スコットランドに28-21で見事に勝利!
予選リーグ4連勝でW杯では初の8強入り!
15人が力を合わせて、強豪にぶつかっていく姿をみると
思わず感動して涙が出てしまいました!

次回、10/20(日)にはトーナメントの南アフリカ戦が行われます。



4年前のW杯では南アフリカに勝利しております!

今の勢いのある日本なら4年前の再現も間違いないでしょう!

W杯期間中はビールの消費量が増えているみたいです。
私も飲めないビールを片手に応援します!

頑張れ!ラグビー日本代表!

《マツウラ》





目のすべて展に行ってきました。

2019年10月15日

千里中央店

この度の台風19号により被災された皆様、
ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
被災された皆様の生活が一日も早く平穏に復することをお祈り申し上げます。



さて、10月は目の愛護デー月間であり
台風の事もあり開催されるか心配でしたが、幸いにも大阪は無事で
10/13(日)、14(月)梅田のブリーゼプラザで
『目のすべて展』が開催され13日にお手伝いに行ってきました。





まず初めに「眼鏡調製の大切さ」
のお話です。。

眼鏡は斜めに掛けたりすると歪んで見えたり、目から離れ過ぎると
見え方が変わったりと掛け方次第で眼鏡の使用感が変わってきます。




あと頭には血管、神経、筋肉などありますので締めすぎると痛かったりもします。
そんなお話を皆さん熱心に聞いておられました。

次に「盲導犬の話」お話です。

盲導犬は信号の有無に関わらず交差点では歩を止めて、その事を知らせます。
ただ信号の色を判断できないため、横断するかどうかは
主人が決めるそうです。♪とうりゃんせなどメロディーの鳴る交差点は分かりやすいですが
人や車の気配を感じながら判断します。
この様な場面やただただ立ちすくんで困ってるような場面に出会ったら
「何かお手伝いしましょうか?」と声を掛けて欲しいそうです。
ちなみに下の写真のワンちゃんはフェリシモちゃんです!






メインの特別講演は(1)『白内障』です。


近畿大学医学部 眼科教室の野本裕貴先生の講演です。






白内障とは水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。
水晶体とは、目の中でカメラのレンズの様なはたらきをする組織で、
外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。
通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、
集めた光がうまく眼底に届かなくなり、
次のような症状が引き起こされます。
・視界が全体的にかすむ
・視力が低下する
・光をまぶしく感じる
・暗いときと明るいときで見え方が違うなど

症状が気になられる方はお近くの眼科を受診してみて下さい。


次の特別講演は(2)『緑内障』です。

大阪市立大学 上野洋祐先生の講演です。



緑内障かな?
・健康診断で引っかかった
・家族に緑内障の人がいてる
・最近眼が重い、疲れる
・眼圧が高いと言われたなどです。





受診後の検査は?

・視力検査、屈折検査
・細隙灯顕微鏡検査
・眼圧検査
・OCT (光干渉断層計)検査
・視野検査
などをします。




日常生活での注意、予防法はないが、、、
・一気に1リットルの水分を摂取しない、コップ1.2杯なら大丈夫。
・カフェイン飲料は日常飲む範囲なら大丈夫
・適度なアルコールも大丈夫
・タバコは控える

残念ながら緑内障は欠けてしっまた視野は戻せませんが進行を防ぐ事は出来ます。
早期発見が大切になりますので定期検診をおすすめします!


最後に!!
クイズもありましたので1つ問題です。


ケンタッキーフライドチキンでお馴染みのカーネルサンダースの
おじさんの掛けてるメガネには度数が入ってる?


正解は、、、



〇です。

カーネルおじさんのメガネには+3.00の度数が入ってるそうです。
老眼鏡か遠視のメガネと考えられます。



以上『目のすべて展』のお話でした。

来年の開催されると思いますのでお時間のある方は是非足を運んでみて下さい。
目からウロコな情報を聞くことが出来ると思います。


《いまい》











Zepp Osaka Bayside~初めてのライブハウス。

2019年10月12日

千里中央店

こんにちは。


10月8日の火曜日。
この日は以前から楽しみにしていた『sumika (スミカ)』のライブ。

大阪環状線の西九条駅でゆめ咲線に乗り換えUSJのある「ユニバーサルシティ駅」のひとつ先終点「桜島駅」に。

この「桜島駅」にあるのがライブハウス『Zepp Osaka Bayside』



『Zepp Osaka ゼップ』といえば昔FM802を車で聴いてた時によく耳にはしてましたが、実際にライブハウスを訪れるのは今回が初めて。(Zepp Osaka Baysideは2017年2月17日開業したまだ新しい施設)



大阪城ホールなどと比べて当然キャパ(客数)も少なく、より身近にアーティストを感じられるはず。

『Zepp Osaka Bayside』は1階スタンディング時2351人、2階指定席310席からなり、今回のチケットは1階をまず縦にR、Lと2分割し、横に10分割した枠の中のL4ブロックの63、64という番号でした。



ステージまでどれくらいの距離なのか、どれくらいに音楽を感じられるのか。ワクワクが止まりません。

6時の開場時間になるとR1、L1の番号の若い順に呼ばれていきチケット確認の上で入り口前まで通され、次に入り口でチケットの半券を切り取られます。



同時に600円を払いワンドリンクチケット(コイン)を受け取ります。
入場時ワンドリンク…これがライブハウスっぽいよねー。

そして入ってすぐのドリンクコーナーに向かいコインとドリンク(Zepp Osaka特性ドリンクホルダー付き)を交換します。



そして。

急ぎ足でL4ブロックのとびらへ向かいます。そこでブロック毎に立っておられる係の方にチケットを見せていざ場内へ。

ステージまでメッチャ近いやん!!!


座席がないからファン同士の距離も近い。

入場してから40分、注意事項などか説明されて時刻は開演予定の7時となり、会場の照明が落ち、非常灯なども消え、客席の期待が一気に膨れ上がります。

そして真っ暗な中メンバーが登場すると割れんばかりの歓声が上がります。そして中央のボーカル片岡健太さんにスポットが当てられると今度は一気に静まりかえり息をのみます。



桜の予報も虚しく
大雨が花を散らせた ああ ああ
4月の風 少し寒くて 夜はまだ長くて♬


アコギの弾き語りから『春夏秋冬』でスタート。続いて『Lovers』と会場は一気にヒートアップ。



バラードもアップテンポな曲も音の届き方が半端ない。距離でいうと7~8メートル位の距離でパフォーマンスをするメンバーを目の当たりにして感動を通り越して言葉になりませんでした。ただ手を上げてたし、ただ声を枯らしてた。そんな感じです。

気が付いたらアンコールまでの全19曲。
ホントあっという間でした。
ライブハウスならではの選曲、彼らの魅力であるハートウォーミングなMC。メンバーの仲の良さが伝わってくるステージ。もう全てが最高でした。




そのMCの中で横浜出身の彼らがこの大阪をホームタウンのよう思っていると言っていました。全国で1番拍手の音が大きい。曲のイントロを聴いた時の反応が1番大きいのが断トツで大阪なのだそうです。

そしてこの大阪という場所に集まる人、それは地元大阪の人も居れば、関西の他府県の方も居て、さらには地方から来てくれる人も居て、それがミックスして混ざり合った人が作り出す雰囲気、大阪独特のまさに粉もんのような感じが好きなんだとか。

ただデビュー当時は正直苦手意識もあったそうで…(笑)。

まぁ、大阪の人はハッキリしてるからなー(笑)ええもんはええ、アカンもんはアカン…ってね。



6月の大阪城ホールのライブも参戦してその時の様子もブログでお伝えしましたが[雨天決行。←よかったらクリックしてご覧ください]、より近くで感じられたということでは今日のライブは最強と言っていい。ライブハウス恐るべし。

心を解放してくれる、また明日から頑張ろうと思わせてくれる、僕にとって心の住処(すみか)となった『sumika 』のライブという機会を、そして音楽をこれからも大切にしていきたい。

あらためてそう思ったZepp Osaka Baysideでのsumika 『Tour Wonder Bridge』でした。



【ライブ画像は全て『sumika 公式Twitter』よりお借りしました。ありがとうございます。ちなみに一部大阪会場以外の画像ももございます】


《ウエノ》

粉もん文化

2019年10月09日

千里中央店

こんにちは!

めっきりと涼しくなってきて、秋っぽくなってきました。

秋と言えば「スポーツの秋」「芸術の秋」等々ありますが
私なら「食欲の秋」です。

千里中央にも昨日(10/8)たこ焼き屋がオープンしました。
もちろん、今度食べに行きます(笑)



関西には、白米と粉もんを食べる「お好み焼き定食」等の文化があり
私もよく食べていました。
しかし、同じ関西でも先日姫路の友人と話していたら
「粉もんと白米を食べるのはおかしい!」と、力説されてしまいました。



どうやら白米と粉もんを一緒に食べるのは大阪が多いみたいですね。
もっとも、白米とたこ焼きはあまり一緒に食べませんでしたが・・・

今度、白米とたこ焼きにも挑戦してみたいと思います!

そして、秋が終わる頃にダイエットを始めますので(笑)

《マツウラ》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事