スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

アンブレラ

2019年11月27日

千里中央店

こんにちは!

勤労感謝の日も終わり、11月も終わりに近づくと少し寒くなってきましたね。

街でも、あちらこちらでクリスマスの装いが始まってます。

こちらせんちゅうパルでも昨年同様、今年もアンブレラストリート
行っております!

image

元々このイベントの発祥の地は、ポルトガルアゲダという首都リスボンから
3時間ほどの小さな町。
そこで開催されたアートフェスティバルの企画が発祥とのこと。

今ではポルトガルイタリアなどのヨーロッパ圏や日本などのアジア圏、
はたまたドバイなどでも、いろいろな時季に行われております!

せんちゅうパルでもアンブレラストリートに始まりクリスマスのイベントが、
これから盛り沢山に開催されます!

アンブレラストリートクリスマスイベントを楽しみに是非ともせんちゅうパルへお越しを!

そして、お越しの際にはメガネのセンリへも!

スタッフ一同元気に笑顔で、お待ちしております!



《マツウラ》

どーしてもこうなる猫ちゃん

2019年11月26日

千里中央店

こんにちは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

皆さん動物はお好きですか??
私は飼っていたものあり好きなんですが、
今日は可愛い猫ちゃんのお話です。


写真を向けるとこんな顔になってしまうちゃんです。



何度撮っても
これ(´∀`)



もう一度撮っても
これ(๑˃̵ᴗ˂̵)



まぶしいのかと思いきや隣の猫ちゃんは普通でパッチリお目目です!


「可愛いね〜、かっこいいね〜」と言うとこの顔になるそうです。
めちゃくちゃ可愛いです(*゚∀゚*)

飼い主さんいわくこの猫ちゃんのキメ顔なのかもとの事です♡♡


この映像を見た方には間の寛平ちゃんに見える(笑)とかも言われています。
誰がモンキーやねん!!

猫は飼ってみないとその良さがわかりませんが飼ってみるとーーっても可愛いです!!
私は猫を飼うまで犬派でしたが、縁があり捨て猫を飼う事になり
飼ってみるとその可愛さにメロメロになりました!!

帰ってくるとお帰り~~と玄関で座って待っててくれ、
夜は私の布団にもぐりこんでき、朝はおはよ~~と言わんばかりに鳴き、
読んでる新聞の上に寝転んでとっても甘えたな猫ちゃんでした。

先日せんちゅうパルの2階犬猫譲渡会を開催されていたようです。
今度はいつされるのかは未定みたいですが、開催された際には
お時間があれば是非一度見に行ってみて下さい。

ただ飼うなら最後まで責任を持って飼ってあげないとお互い不幸ですね。
飼えないなら無理して飼わない、
可愛いといえどもやはり生き物を飼うのはそれなりに覚悟が必要でした。

因みにうちのにゃんこは女の子もありこんな感じで少しシャイでした。
image

《いまい》

Wonder Experience イルミナイト万博2019

2019年11月25日

南千里店

 万博記念公園の毎年恒例の人気イベントが、今年もより進化して登場します!

すっかり大阪の定番イベントになった「太陽の塔」をスクリーンに見立てた「ビームペインティング」。3Dプロジェクションマッピング技術とサウンドエフェクト(効果音)を駆使した映像と音楽のコラボレーションが楽しめます。
とにかくサウンドの迫力とダイナミックに展開するカラフルな映像は一見の価値ありです。

今年は、「永遠の万華鏡」をテーマに、プロジェクションアート「デジタル掛け軸」の演出を実施するとのこと。

今までのストーリー性のあるプロジェクションマッピングと今回のデジタル掛け軸は何が違うのでしょう?

D-K (デジタル掛軸)は世界的な映像アーチスト長谷川章が創作したまったく新しい芸術です。15年の歳月を費やして生み出された色彩が織り成す画像は、地球と生物のリズムでゆっくり変わり、ゆったりとした空間を作り出します。それはD-Kのコンセプト 「色即是空」の世界であり、観る人を「無」の境地にいざない日常の時間と空間の世界から解放します。
100万枚に及ぶ色鮮やかなデジタル画像が毎秒変化するプロジェクションアート「デジタル掛け軸」とイルミネーションが幻想的な空間を演出します。




ということで、投影物をキャンバスあるいは掛け軸に見立てて一期一会の色彩と変化を楽しむというものなんだなと思います。

今年は黒い太陽(背中)側に投影されるとのこと。
なので今回は逆のお祭り広場から鑑賞することになります。

お祭り広場では同時開催される『ラーメンEXPO』が12月6日(金)から年末まで毎週末開催されます(最終日は24日(火)~29日(日)まで)ので、暖房完備のブースで冷えた身体に温かいラーメンを味わうのも良いのではないかと。
同時に『さばEXPO』や『ぎょうざEXPO』もあるのでなかなか楽しい食のイベントになりそうですね。

《タカダ》

本のお話

2019年11月24日

南千里店


勇者たちへの伝言
いつの日か来た道
増山実

図書館で偶然手にした本でしたが、感動の一冊でした。

西宮北口を、『 いつの日か来た道 』と聞いて始まる物語り

昭和44年、ブレーブスの試合が西宮球場で開催され、

試合が終わってその帰りにタイムスリップした正秋は

父親との会話から、父親の秘密を知る。

正秋が産まれる前に、安子さんと言う彼女がいた事を

その安子さんが夢を追いかけて北朝鮮へ

いつまでも、安子さんの北朝鮮行きを止められなかった事を悔やむ父親

安子さんは北朝鮮で地獄を体験する。

長い月日が経ち中国へと脱北して、かつて働いていた店宛に長い手紙を送る。

人と人との繋がり、縁を深く感じる作品でした。

《 フジイ 》

わたしには夢があります。

2019年11月23日

千里中央店

こんにちは。



仕事を終えて家に帰ってからテレビドラマをよく見ます。

気分転換にちょうどいいんですよね。

今シーズンは『相棒』『ドクターX』『おっさんずラブ』さらには『グランメゾン東京』に『G線上のあなたと私』などホントに忙しい(笑)

そんな中、圧倒的に一推しのドラマが『同期のサクラ』です。



何が良いかって、高畑充希さん演じる主人公の北野サクラのキャラクター。
まばたきをせず話したり、走り方、腰の折り方、建築物の写真の撮り方が独特だったり…とにかく動作がユニークで印象的で。



自分の気持ちに正直で真っ直ぐで空気を読まないあの感じ… 忖度(そんたく)知らずで、見ていて痛快でもある。悩む同期には真っ正面からぶつかり共に成長していきます。絆も深まっていきます。




そして毎回心を動かされるのがサクラが自分の夢を叫ぶシーン。

「わたしには夢があります。
ふるさとの島に橋を架けることです。

わたしには夢があります。
一生信じ合える仲間をつくることです。

わたしには夢があります。
その仲間とたくさんの人を幸せにする建物をつくることです。」


自分を奮い立たすように発する言葉と、真っ直ぐなサクラの姿に、毎回自然と涙が溢れます。



それから、離れて暮らすふるさとの爺ちゃんとのファックスのやり取りが秀逸です。

悩み苦しむ同期の仲間たちを救えずにどうしようか思い悩むサクラが爺ちゃんに向けてファックスを送ります。それを受けて、爺ちゃんが達筆な文字でサクラにアドバイスの言葉を送り返してくれるのですが毎回名言ばかりで刺さります。

ジーーーッ、ジーーーッ、ジーーーッ







3枚に分けて送られてくるその間(ま)がいい、それを見るサクラの表情がなんとも言えない。どんな言葉なのか画面の前の僕らもサクラと同じ気持ちで見てる感じが…

良い…非常に良い(笑)



ただ今週の放送で、唯一の肉親で心の拠り所である爺ちゃんが亡くなってしまい、ふるさとの島に橋を架ける夢も無くしてしまったサクラの今後が心配で仕方ない。同期の仲間とどう乗り越えていくんだろう…。

いやー、それにしても爺ちゃんの最後のファックス…T^T


「爺ちゃんのつくったコロッケが食べてえ」(泣)


毎回、病室のベッドに横たわるサクラのシーンからドラマは始まり、そこで終わるんですけど、そのシーンは全て2019年現在の状況。10年前の同期入社の年から1話がスタートし、1話1年で現在に近づくという構成。サクラの身に何があって2019年ベッドの上で昏睡状態なのか、最終話に向けて解き明かされていくと思うのですが…


水曜日の午後10時から10チャンで放送ですので、時間のある方は今からでもぜひご覧いただけると助かります(笑)(次回は12/4)。「明日からも頑張ろう」そう思わせてくれる素敵なドラマですよ。



最後に、ドラマの中で高畑充希さん演じるサクラが掛けてる印象的なボストン型のメガネは2015年設立の国産ブランド『VONN eyewear』のToga/Silverというモデル。チタン製、オンラインショップもあるようですよ。気になる方はチェックしてみてください。(スゥーーーッ、当店では取り扱いはございません。)




僕には夢はあるだろーか。



《ウエノ》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事