スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

難読名字

2020年05月29日

南千里店


お疲れさまです!!

緊急事態宣言が解除されて、なんとなくですが以前の暮らしに

戻ったような気になってしまいがちですが・・・



まだまだ解除されたがためにクラスターが発生しやすい

心の油断も発生しております!!

もう少しだけ、「油断大敵」で頑張りましょうね!!




さてここ3回のブログは「難読駅名」でアップさせて頂きましたが」

同じ ”漢字遊び” ですが今回と次回は「難読名字」で頭の体操をして

柔らか頭になって頂きたく投稿させて頂きます!!



『難読名字』だけではツマラナイので

出来るだけネットで検索して、その由来も探ってみました。

いろんな箇所からの検索ネタなので100%正解かどうかは????

もし間違いが有ればお許し下さいね。






では早速こんな名字から出発です!!

解答と由来は後で書き記しますね。



(信じられませんが、これが名字です)






  ① 4月1日      ⑥ 十 七 夜 月

  ② 栗 花 落       ⑦ 廿 五 里 

  ③ 小 鳥 遊       ⑧ 七 五 三 掛

  ④ 薬 袋       ⑨ 東 江 

  ⑤ 月 見 里       ⑩ 水 卜


如何でしょうか??  2~3個はお読み頂けたでしょうか??

流石に難解な名字ですねぇ~~





では、正しい読み方と由来を書き記しますね。



 ① 4月1日 ・・・・「わたぬき」 (千葉県北部が主な在住地)

    寒い冬の間は防寒のために着物に綿を詰めていましたが
    旧暦4月1日に抜いて取り出していたからだそうです。

 ② 栗花落 ・・・・・「つゆり」  (兵庫県神戸市)

    栗の花が落る頃と、梅雨入りの時期が重なる頃だから。

 ③ 小鳥遊 ・・・・・「たかなし」 (和歌山県)

    小鳥が楽しく遊ぶには、小鳥の天敵である鷹がいない方が良いから。

 ④ 薬 袋 ・・・・・「みない」  (山梨県)

    諸説あるそうですが・・・
    「武田信玄」が薬袋を落としたが、家来は御主人様が落とされた
    薬袋は健康状態がわかる大切な持ち物なので、たとえ「見ても」
    「見ない」としたところから名付けられたそうです。

 ⑤ 月見里 ・・・・・「やまなし」 (千葉県・静岡県) 

    月を見るには山が無い方が良いところから。
    地方によっては「つきみさと」「つきみざと」と
    そのまま読ませる処もあるそうです。

 ⑥ 十七夜月 ・・・・「かのう」  (兵庫県)

    陰暦の8月17日は月の登るのが早いことから
    願い事もたちまち叶うと言われたようです。

 ⑦ 廿五里 ・・・・・「ついへいじ」(千葉県)

   「廿五」は今の「二十五」の古文字
   「里」は1里・2里と昔の距離を表す単位(1里は約4キロ)
   鎌倉幕府よりこの土地までが約25里(約100キロ)と
   言われておりますが、実際は25里は無いそうです。

 ⑧ 七五三掛 ・・・・「しめかけ」 
             
       (現在は茨城・栃木県が主な在住地ですが、ルーツは山形県)

   注連を掛けた聖地・又は立入禁止の土地からの命名だと思われます。
  
          
 ⑨ 東 江 ・・・・・「あがりえ」 (沖縄県)

   琉球語で「東」を「あがり」と言います。
   私達、眼鏡店では、沖縄県最大の店舗数を誇る
   「東江メガネ」様でお馴染の名前ですよね。

 ⑩ 水 卜 ・・・・・ 「みうら」  (香川県)

   女子アナの「水卜麻美さん」で有名です。
   こちらは沢山の方がお読み頂けたことでしょう
   室町時代にご先祖様が水を使用して占いをしていたのが語源だそうです。


    




以上、10個の難読名字をご紹介いたしましたが・・・

難読名字は、調べれば調べるほど大勢の種類の方々がいらっしゃいます。

次回にもう少しご紹介したいとは存じますが、羅列には切りがありません。

日本全国のほんの一部だけのご紹介となります!!




50年以上南千里の土地で商売をさせて頂いている弊社の名簿リストにも

大勢の難読名字様がおられます。

ただ余りお客様個人情報を載せるのは如何なものかと・・・



          《タケナカ》

新しい工具

2020年05月28日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

非常事態宣言も解除されて商店街でも人々の賑わいが戻りつつあります。
嬉しいような、不安なような……

換気や感染症対策をしてお待ちしております。


さて、メガネのセンリでは従来よりヨーロッパのフレームなど
他店では置いていないブランドも取り扱ってきましたが
日本製とは作りも違い、調整するにもノウハウが要ります。



メガネのセンリでは手作りの調整パーツなども開発して
きめ細かなフィッティングを心掛けています。

ここ最近、新しい工具が発売となり早速購入してみました。

image

お客様にはちょっと分かりにくいかも知れませんが
工具先端に切り込みが入っていて鼻パットを支える部品を
調整するのに大変適した形状です。

image

特に細い部品+シリコーンパットの組み合わせでは
真価を発揮出来る事と思います。

日頃から使っているメガネはどうしても歪んだり変形も付きもの。
どうぞ調整だけでも気楽に申し付けくださいね。


《なかお》


花火の日

2020年05月27日

千里中央店

皆さんこんにちは!

緊急事態宣言も全国的に解除になり、ようやく元の生活環境が戻ってきそうですね。

それにしても、毎日暑い日が続きますね。梅雨を通り越して早くも私は夏を感じております^^;

ところで夏の風物詩と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?
統計によると、1位「すいか」2位「花火」3位「かき氷」なんですね。
確かに夏と聞いてどれもすぐに連想されます。

明日、5/28は「花火の日」なんですね。

1733年(亨保18年)の5/28、隅田川の両国橋付近で水神祭りの川開きが行われ
慰霊を兼ねた花火が打ち上げらました。これが「両国川開きの花火」の始まりとの事です。
(現在の隅田川花火大会

この年は第8代将軍・徳川吉宗(1684~1751年)の治世で、全国的に凶作に見舞われ
大飢饉になったうえ、コロリ(コレラ)が大流行して多くの死者が出ました。
この犠牲者の慰霊を兼ねて打ち上げられた花火が、やがて庶民の楽しみとして定着しました。

何か今のコロナウィルス流行の状態と似ているような^^;

その後、江戸を代表する花火師の屋号である「玉屋」「鍵屋」が技を競うように。
両国橋を挟んで上流を「玉屋」が、下流を「鍵屋」が受け持ち、交互に花火を上げる
二大花火師の競演となりました。
この時、花火師を応援する声として「たまや~」「かぎや~」の掛け声が生まれたんですね。

花火の歴史はかなり古く、始まりは紀元前3世紀まで遡りますおよそ2千年前の中国で
花火の火薬となる硝石が発見されました。そして日本に花火がやってきたのは江戸時代との事です。

ちなみに日本で初めて花火を見たのは、徳川家康であると言われています。中国の商人が
イギリス国王の使者を連れて徳川家康を訪ねた際、中国人によって花火が打ち上げられました。

大阪では毎夏恒例になっております「淀川花火大会」ですが、残念ながら今年は中止になりました。
「PL花火大会」も中止みたいですね。

コロナウィルスの影響でイベント等が軒並み中止や延期に追い込まれているので
仕方ないかもしれませんが。

何かモヤモヤした気持ちを何万発もの壮大な花火を見て、スカッと吹き飛ばしたかったですが
今年はやはりオンライン花火大会になってしまいますね^^;

image

《マツウラ》


テイクアウト

2020年05月26日

千里中央店

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
緊急事態宣言が全面解除になりましたね。

自粛中は千里中央の飲食店さんもテイクアウトのお弁当をされていました。

でこの際あれこれと食べてみようというとこで!
色々買って食べてみました!!

まずはがんこ寿司さんのワンコイン弁当~
image

私は唐揚げ弁当を買いました。
別の日は黒酢唐揚げ弁当です。(唐揚げばかり食べてます笑)
他にもすき焼き弁当(他のスタッフが食べていました)など沢山ご用意されていました。
唐揚げの肉質も柔らかく、揚げ具合もジューシーで美味しかったです♡
副菜も充実していてワンコインはお値打ちでした。

次はKICHIRI(キチリ)さんの唐揚げ丼(また唐揚げです。笑)
普段ならお店で食べると2倍のお値段のする唐揚げが乗ってワンコインです。
(こちらは写真を撮るのを忘れていました( ;∀;)
恐らくお腹が空いていたのだと思います。)

そして食べにも行けなくなったのでちょっと贅沢をして
神戸にんにくやさんの特選牛ステーキ・海老フライセットです!!(*´ω`*)1280円!!

持ち帰りだと20%OFFという事で当然持ち帰りです!!
image

量もハンパなかったですが流石にステーキも海老フライも美味しかったです!
海老フライは殆どが身でとっても美味しかったですよ。
唐揚げも入っていましたがにんにくが効いていて匂いが心配になりましたが、今はこちらもお客様もマスクをしているとゆう事で!
少しのにんにく位は大丈夫だったと思います(;^ω^)
(無理やり笑、匂っていたら申し訳ございません。)

そして、、、。
デザートに、、、。

俺の生ブリュレ♡
image

今まではそんな事はなかったんですが、車で近所に売りに来られました!!
移動販売です!
これは1度食べてみようというとこで、、、。

image


image
私はサクサクタルトのブリュレタルトを選びました。

これがまたなんととっても美味しかったんです(*´▽`*)
正直少し甘ったるそうで食べれるかなと思っていましたが、、。

それが甘さもそれ程甘くなく、タルトも冷凍で冷たくサクサク感があり1個ペロッと食べてしまいました。
image

注文後その場でキャラメリゼしてくれます♥
image

他のスタッフ曰く買って常温で置いておき帰ってから子供さんと食べたらタルトが冷凍だったので溶けてサクサク感が無くなってしまい残念だったとの事でした。

保存は冷蔵で出来れば早く食べたほうがより美味しいと思います。

今回は自粛中色々テイクアウトしてみた件でした(笑)

《いまい》

本のお話

2020年05月25日

南千里店


彼の生き方
遠藤周作

『 どもり 』で気が弱いために、人とうまく接することができず

人間よりも動物を愛した福本一平は、野性の日本猿調査に一身を捧げる。

猿の餌付を行い、その生態を観察する

昭和27年に、九州の高崎山で観光を目的とした猿寄せが成功してから

それを手本に、日本猿を一定の地区に定着させる。

その現場責任者として一平が選ばれる

まず猿の群れを探すことから、猿の移動する道筋を確認して

いくつかの餌場を作って、木にサツマイモを吊るし

毎日様子を見に、山歩きをし猿の餌付に精魂を傾ける一平の前に

大資本が、無理解な人間たちが立ち塞がる。

再読で、彼女に去られ猿を引き連れ雪の中、山へ去って行く

この結末に寂しく可哀想な感が強かった最初の読後感が

今回変化してる。『 彼の生き方はこれで良かった 』と思えた事です。

《 フジイ 》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事