スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > ビスケット~よもやま話~

ビスケット~よもやま話~

2024年02月28日

千里中央店

ツイートする

皆さんこんにちは!

2月も明日で終わりですね。

先週は雨模様の天気が続き、肌寒い日もありましたが今日はいい天気ですね(^^)

でも天気予報を見ると、明日はまた不安定な天気になるのでしょうか(^^;

まだまだインフルエンザも流行ってるみたいですし、体調には気をつけましょうね。

さて、今日2/28は「ビスケットの日」です(^^)

「ビスケット」に関する調査・研究等を行う「全国ビスケット協会」が1980年(昭和55)に
制定しました。

なぜ2/28なのかと言いますと、1855年(安政2)のこの日、パンの製法を学ぶために長崎に
留学していた水戸藩の蘭医「柴田方庵(しばた ほうあん、1800~1856年)」が、同藩の
「萩信之助」に、オランダ人から学んだ軍用のパン・ビスケットの製法を書いた
「パン・ビスコイト製法書」の書簡を送りました。

この書簡が「ビスケット」の製法を記した日本初の文書とされており、この史実に基づき
2/28を「ビスケットの日」としました(^^)

また、「ビスケット(biscuit)」の語原がラテン語で「2度焼かれたもの」という意味の
「ビス・コクトゥス(bis coctus)」であることから「に(2)どや(8)く」(2度焼く)
と、読む語呂合わせの意味もあります。

ところで、皆さんが「ビスケット」と聞いて思い浮かべるのはこちらでしょうか。



こちらはいわゆる「ハードビスケット」と言われるもので、実は「ビスケット」とは
典型的な「ハードビスケット」だけでなく、「クッキー」「クラッカー」「プレッツェル」
「乾パン」「パイ」
これらの加工品の「クリームサンドビスケット」「チョコレート」
覆われたもの等のすべてを含みます。

共通点は小麦粉を主原料として練った生地を成型して焼くという点で、乳製品糖類
食用油脂等の使用される副原料によって、多様な製品が生まれています。

英語圏では日本でいうところの「クッキー」との区別は存在せず、イギリスでは両者を
「ビスケット」と呼び、アメリカでは両者を「クッキー」と呼んでいます。

そしてアメリカの「ビスケット」はイギリスの「スコーン」に近いものになります。

ちょっとややこしいですね(^^;

それにしても「ビスケット」(ハードビスケット)は、長い間、食べてないなと思っていると
ふと、ある小説の一文を思い出したのですが・・・

今週のブログはここまでです(笑)

来週の私のブログに続きます(^^)



《マツウラ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事

アーカイブ