スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2021年10月17日

南千里店

ツイートする


一路
浅田次郎

生まれてからこのかたいっぺんも、江戸を離れたことがなかった小野寺一路。

故郷の屋敷が焼け、父が非業の死を遂げたと聞いて、初めて中山道を旅した

そんな一路に、家督を相続し参勤道中御供頭を勤めよとのお達し。

御供頭とは、旅程、行く先々の宿の手配、道中で何かことがあった時の対処

全てに責任を負わなくてはならない。

父親は何一つ息子に伝授していなかった

唯一の救いは、古文書 『 御供頭心得 』である。

この参勤交代之御行列は行軍也と、末尾には『 御供頭心得 』一所懸命。

一所とは、自分の領分。その領分を、一人一人が力を尽くして耕す。

そうした総合力が全体の力となる。

この頃忘れられつつある、それが日本人の美徳だったのでわないか、

『 耕す 』のは農地ばかりではない。

例えば武士にとっては、家督をつつがなく継ぐこと、家を守ることが人生だった。

だから、『 一路 』で描きたかったのは、『 一所懸命 』であった。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事