スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 中秋の名月と満月

中秋の名月と満月

2021年09月21日

千里中央店

ツイートする

こんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は中秋の名月ですね。しかも満月です。
中秋の名月と満月が重なるのは8年ぶりだそうです。



秋は空が澄んでいて美しい月が眺められると言われています。
しかも今日はお天気も良いみたいなのお月様が良く見えるかもしれませんね。

月の明るさは太陽の40万分の1程度だそうですが、空が暗い場所では月が上がると天の川や暗い星などはいっきに光を失い見えにくくなり、高い山では満月に近い月光があれは、ライトなしで歩く事が出来るそうですよ。

輝く月を眺めると明暗があり、よく『ウサギが餅をついている』と言われている影の部分ですが、こちらは「海」になるそうです。しかし水はありません。
「海」は、かつて巨大な天体の衝突によって生じたクレーターで、玄武岩質のマグマが月の内部から噴き出して表面を平らに覆った地形だとみられています。

月の模様は肉眼でも見るとこが出来ますがクレーターを見るには望遠鏡や双眼鏡が必要です。

月面のクレーターは影がある時の方がはっきり見えるので太陽の光を正面から受ける満月前後よりも、横から照らされる半月頃の方が適しています。

そしてお月見のお供といえば月見団子です♡
月がよく見える場所に台を置き、十五夜にちなみ15個の団子を大皿にうず高く盛るのが昔ながらの伝統的な供え方。山のような形に団子を積むのは、一番上の団子が霊界に通じると信じられていたからともいわれています。

あとススキを飾るもの定番ですが、ススキには邪気を払う力があると考えられており、背の高い稲穂は神様が降り立つ「依り代(よりしろ)」だと信じられてきましたが、丁度お月見の時期は穂がまだ稔る前なので、稲に似ているススキを飾ったそうです。
ススキには神様が休憩し、魔よけの効果があるとも信じられてきたんですね。

コロナ禍で気軽に外出も出来ない世の中ですが、今日はお家でススキを飾りお団子を食べて
お月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。
月の光には心と身体の浄化作用があるそうですよ。


《いまい》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事