スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > アントキノイノチ

アントキノイノチ

2011年12月06日

千里中央店

ツイートする

昨日、最近映画化され話題の「アントキノイノチ」を読み終えた。

「命の尊さ」、また誰にでも簡単に芽生えてしまう「殺意」。
この一見かけ離れた要素を、主人公杏平の現在(遺品整理業の仕事)
と学生時代(山岳部での出来事)の二つの時間軸を通して
細部にわたるまで丁寧に描かれていると感じました。

最後は同級生の雪子の思わぬ告白により…  杏平の心が…
ぜひ機会があれば読んでみて下さい。

読み終えるまで誰の作品か知りませんでしたが、
「オマエを嫁に、もらう前に…♪」
何と関白宣言のさだまさしさんでした。驚きです。

タイトルがダジャレ…

元気ですか~?

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事