スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 丹波・高源寺

丹波・高源寺

2020年12月04日

南千里店

ツイートする




「天目かえで」の名所・『丹波・高源寺』・・・行ってみました!!





兵庫県丹波市青垣町桧倉514にあり、

人気度はネットでは全国4位、兵庫県内で1位とありますが・・・

これは個人個人で感想が異なると思います。

(正直、私はエッ、1位なのかなぁ~?と思いましたが・・笑)





確かに素晴らしい紅葉には違いないのでご紹介させて頂きます。



アクセスは

中国道 → 舞鶴自動車道 → 北近畿豊岡自動車道(青垣インター)

インターを出てからは10分程で高源寺に到着です。



無料駐車場も数カ所完備されており待つこともなく楽でした。





兵庫県丹波市の高源寺は「丹波もみじ三山」の一つとしても有名!!

「天目かえで」「イロハカエデ」「ヤマモミジ」「ケヤキ」など

約2000本が訪れた人々を楽しませてくれるそうです。





高源寺のかえでは「遠谿祖雄禅師」が中国杭州の天目山より種を

持ち帰り、この地に植えたと云われ「天目かえで」と呼ばれています。



天目かえでは葉が小さく切れ目が深く、枝が垂れ下がるのが特徴です。




まず初めに迎えてくれたのはご覧のような惣門!!





この景色だけでテンション上がります(笑)

惣門の奥に色とりどりの紅葉が見えてまいります。



山門の石の階段を気を付けながらゆっくりと登ります。




仏殿への階段下に佇むと・・・オ~ッ、と云う感激!!






ゆっくりと階段を上り詰めるとご本尊様のお姿が拝見できます。



ご本尊は・・『釈迦如来坐像』です。






ここで少しだけお寺のご紹介を・・・

高源寺は、1325年(鎌倉時代)に

遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師によって開創され

その後兵火に遭い焼失、天巌禅師が再興、更に弘巌禅師が再び再興

現在に至っております。





鐘楼は寺院行事の折に撞かれるそうですが、

撞いてる方いらっしゃいましたよ(笑)

こちらの写真はiPhoneのカメラで撮ったのですが如何でしょうか?

ロー・アングルで撮ってみたのですが・・・

自分的には”良い一枚”が撮れたと自画自賛してますが(笑)




鐘楼の向かい側には「大痩嶺」があります。

この築山は、画僧・雪舟が造築したと云われております。








道順の最後は・・・三重塔(多宝塔)です。

1790年頃に弘巌禅師の建立によるもので、

輪蔵という建て方だそうで、中には釈尊一代に説かれた

五千四十八巻の経文が収められているようです。










赤やオレンジ、黄色に色付いた葉に囲まれた

歴史ある三重塔の佇まい・・・感動モノです!!



背景が山で、もみじのお庭が山の傾斜地に沿ってあり

いろいろな紅葉が存分に楽しめます!!

高源寺の境内は山に沿って凄く広いと思われます。







こちらの遠景の三重塔とそれを囲む紅葉が見事です!!



が、しかし・・・これくらいの遠景になると

携帯のカメラでは全然迫力ある写真が撮れません。

やっぱり望遠レンズの付いたカメラでないと・・・(苦笑)

それでも何となく素晴らしさが伝わりませんかね??





丹波・高源寺

境内も広く、三重塔を始め見どころ満載で

”天目かえで”見事でした!!

また来年も訪れて、紅葉を楽しみたい場所でした。



     《タケナカ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事