スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2020年11月23日

南千里店

ツイートする


蒼煌
黒川博行

芸術院会員の座を手に入れようと奔走する、日本画家〈 室生〉と

その弟子、また参謀を務める事となった画商、ライバルの日本画家

政治家まで巻き込んでの選挙戦を舞台に、

人の欲望と執着、そこで見失ったものを描いた物語。

権力と地位を手に入れるために、餌をばら撒けば

あらゆる隙間から、ゴキブリが集まってくる。

鹿児島から出てきて、画塾の先輩にイジメられながら辛い修行に耐えた

師の妾ばらの娘を嫁に迎えて、そこまでして出世したいのかと

仲間に笑われながらも、歯を食いしばって絵を描いてきた男

画家の世界に生きる人達を描いた作品でした。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事