スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 箕面の滝

箕面の滝

2020年11月13日

南千里店

ツイートする




2週間程前の休日、朝起きると ”雲ひとつ無い秋空” です。

これはどこかにお散歩に・・イヤ、ハイキングにでも・・と、

思い立ったのを幸いに、急遽お出かけです!!



数日前から決めて行動するのではなく

朝、目覚めたときの気分次第、いつものパターンです(笑)!!






急に決めたことだから一番近場の「箕面公園」へ

北摂界隈の人々にはおなじみの ”滝” への散歩道です。


関西の「紅葉の名所」だから、シーズン時になると

人出が凄いので、今の時期ならまだ人出は多くないだろうと

森林浴を兼ねて出掛けてみました!!





「箕面の滝」は《日本の滝百選》に選ばれた

大阪を代表する景勝地の一つです。


毎年200万人もの人が訪れるのですが・・・

今年は流石に「コロナ」の影響でグッと人出が減少、

仕方ないですよねぇ~~

でも、私が訪れた当日はお天気にも恵まれたのか

大勢の方々が訪れていらっしゃったり、

ジョギングをなさってる方もあちこち見かけました!!



例年の紅葉の見頃は11月中旬から12月初旬だそうで、

その時期は滝も遊歩道もライトアップされるそうです!!


箕面大滝とも呼ばれる滝は、「明治の森・箕面国定公園」内にあり、

公園は1986年に「森林浴の森100選」にも選ばれています。



 


さて、阪急電車・箕面駅前広場が滝への登り口です!!

駅前広場は”紅葉のイラスト”がいっぱいです。

ポリボックス前には

人気キャラクター「滝ノ道ゆずるくん」の石像がお出迎え!!









遊歩道を歩き始めてすぐ目につくのは「もみじの天ぷら」

ご存知でしょうか?? 箕面市の伝統銘菓です。





その由来は・・・

修験道場だった箕面山を開いた役行者(えんのぎょうじゃ)が、

滝に赤く映える紅葉の美しさを称えて、灯明の油(菜種油)で

もみじを揚げ、訪れる旅人に振る舞ったのが始まりと云われています。



私は、紅葉したもみじの葉が落葉したのを集めたのかと思っていたら

柔らかく、癖のない、歯ざわりの良い食感の葉を無農薬栽培

しているそうで・・・お聞きしてビックリ致しました。


最近は2~3枚が小袋に入って100円の小さなお土産用もあり

帰り道に買って帰り美味しく頂きました!!



ほんのり甘くて、香ばしくて、、パリパリした食感で、

おやつ・お茶うけに最適かなぁ~~私は好きだなぁ~~(爆)







さてさて、遊歩道をさらに登っていきます。

遊歩道の右側はず~っと水が流れ、せせらぎの響きが心地よいです。

予想通りまだ紅葉には早く・・・(苦笑)

場所によっては、少しだけ色付いている木もあります。





途中、有名な「音羽山荘」が左手に現れます。

宴会や、泊まることも出来、結婚式をなさる方もあるそうです。

美味しいお料理で有名ですが、私にはちょっと高級・高価過ぎて・・・

「いつか、また・・・」なんて思ってますがネェ~~(涙)




滝まで2.8キロ、時間にして40~50分のようです。







近隣の山に生息している昆虫たちを展示している

『箕面公園・昆虫館』もあり、

遠足で訪れた生徒たちがワイワイと・・幼き日を思い出します。



この赤い橋で印象深い「龍安寺(りゅうあんじ)」





聞く所によると、このお寺は宝くじの起源である

”富籤(とみくじ)”の発祥の地であるらしい(知らなかったぁ~)



約950年前・藤原兼隆の歌に「箕面富」について記されているそうです。

「箕面富」には身体健勝・家内安全・商売繁盛に強いご利益があり

『福富』とも呼ばれるほど、その名声は広く響き渡っていたようです。



古文書などによると、江戸時代には古今東西多くの人々が

この「箕面富」の福を求めて押しかけ、龍安寺は大賑わいだったと

伝えられています。





面白いことに箕面富の「当たり」は、本尊弁財天特別御守である

『 大福御守 』が授けられ、その功徳は強く、

「当たりても減る銭金の富でなし、身の老い先を守る神札ぞ」と

詠われるように非常にありがたいものとして多くの人々の

求めるところとなっていたようです!!



面白いものですねぇ~~

今まで何度もこの道を散策し、大滝まで登り・下りをしたのに

こんな歴史的興味のあることを知らないでいたなんて・・・

もっと周りを見ながら、注意をしながら歩かねば・・ネェ(笑)



そんなこんなで・・・私達は滝まで45分かかりやっと到着です!!






滝の正面のベンチは ”ソーシャルディスタンス” を取りながらも満席。

途中の売店で買ったお弁当を食べながらベンチの空きを待ちます。



大滝の落差は33㍍、岸壁から一本の帯となって流れ落ちる水は

迫力もあり、滝壺に落下する水音は”これぞ滝”と云う爆音!!

滝壺近くには虹が見えています(写メでは分かりにくいでしょうが・・)



ベンチにボーッと腰掛け、マイナスイオンを体中に浴びて・・・

日頃のストレスが山の彼方に飛んでいきます(笑)



もう少しして秋本番になると、水の白・空の青・紅葉の赤、

そのコントラストが見事なんですが・・・



訪れたあの日から2週間が経過しました!!

今頃は箕面の山は”全山紅葉” ???? かも(笑)

皆さま是非一度、ご家族様連れで滝道を散策下さい!!





さらに興味がお有りの方は、夜間のライトアップの滝道を

楽しんでみて下さいね!!



     《タケナカ》



コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事