スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2020年09月14日

南千里店

ツイートする


帰郷
浅田次郎

無言歌

海軍予備学生、二人が乗った特殊潜航艇が事故を起こし

艦内で、生命が尽きるまでの残りの時間、二人の対話。

『 この死にざまだよ。戦死だろうが殉職だろうがかまうものか

俺は人を傷つけず、人に傷つけられずに人生を終える事を

心から誇りに思う。』

『 同感だ沢渡。こんな人生はそうそうあるもんじゃない。』

『 スマイル。唄おう、言葉はない方がいい。』

泣かせる幕切れでした。

父母が戦争経験者である『 戦争第一世代 』による戦争小説

反戦の心を実感します。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事