スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > PRESIDENT(プレジデント)の特集記事

PRESIDENT(プレジデント)の特集記事

2019年07月03日

メガネのセンリ

ツイートする

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが
先週発売の雑誌「プレジデント」で
『あなたは騙されていないか? 大損していないか?
眼医者、メガネ屋のナゾ』

の特集が企画されていましたのでお知らせします。



【PRESIDENT 2019年7.19号・主なコンテンツ内容】
 2019年6月28日(金)発売! 税込価格:750円
◎ここがおかしい! 日本の眼科医。欧米の最新医療と比較
  いざというときどうすべきか? 
  スーパードクターが証言「日本は世界から20年遅れ」

◎チェックリストで試してみよう
  頼れる眼科医、アブない眼科医を見分ける法

◎名医も実践!「本当に目にいい」10の習慣
▼「目」の定期検診は受けたほうがいいか?
▼眼科の上手なかかり方はあるか?
▼市販のスッキリ系目薬を頻用していいか?
▼コンタクトを装着して寝てはいけない?
▼目の乾き、水で洗うべきか?
▼目が見えづらい老親にできることは?
▼老眼を遅らせる手はあるのか?
▼勉強しすぎたら目が悪くなるのは本当か?
▼ブルーベリーのほかに目にいい食品は?
▼なぜ深呼吸で血行がよくなるか?

◎「目がよくなる本ブーム」効果抜群の人、ゼロの人

◎《疾患別》治療代、治療期間、最新治療を徹底ガイド
  白内障▼眼内レンズ挿入手術で日帰りOK
  結膜炎▼感染に注意! 診察回数は基本2回
  緑内障▼眼圧が高いと黄信号。40歳超の20人に1人が発症
  加齢黄斑変性▼注射が高価、お金が消えていく厄介な病気
  糖尿病網膜症▼進行すれば失明も! 頼りは高値のレーザー

◎後悔したこともあわせて掲載
  読者1000人の体験告白「こうやったら目がよくなった!」
  その「認知症」「不眠症」「うつ」……原因は「目」にあった!
  大成功のハズキルーペほか、商売のカラクリを解析!

◎メガネとコンタクトとレーシック、どれが一番儲かる?
▼老舗メガネ屋と新興メガネ屋は、どこが違うか
▼経営難で相次ぐ撤退、レーシック採算ラインは月に手術50件
▼コンタクト原価率「1枚あたり5円」! 今参入すべきブルーオーシャン

◎山ちゃんが蒼井優を射止めたように、あなたも……
  なりたい自分別「人生を変えるメガネの選び方」

◎高い目薬と安い目薬、有効成分は同じだった!

◎「目が命」のプロ5人が直伝「最強のケア&トレーニング」
  外科医▼「老眼になって引退」からの生還法●天野 篤
  自衛官▼疲労を一発解消「自衛隊式マッサージ」●高部正樹
  パイロット▼ホットアイマスクと野菜ジュースは必携品●西山裕一
  編集者▼「モノ批評誌」が絶賛するアイテムとは●桜井めぐみ
  時計職人▼2時間作業したら30分、海を眺める●松浦敬一

◎視力検査の「1分前、5分前、1日前」にやるべきこと



実際に買って読んでみました。
結構、衝撃的な記事があったり、眉唾物の記事があったり…

しかし、しっかり視力が出て良く見えている人でも
両眼のバランスが悪いせいでココロとカラダに悪影響が出ることも
多々あるのです。

見えているけど疲れやすいなどの症状があれば
当店でご相談に応じますのでお気軽にどうぞ。


《なかお》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事