スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > ヒットソングで平成を振り返る。

ヒットソングで平成を振り返る。

2019年04月27日

千里中央店

ツイートする

こんにちは。



さあ、今日からゴールデンウィーク。
学校やお仕事が10日間お休みという方も多いと思います。

平成も今日を含めてあと4日。
平成という時代に青春時代を過ごし大人の階段を登ってきた僕としてはなんとも寂しい限りではございますが…(笑)

5月1日からは新たな元号『令和』となります。僕自身気持ちも新たに1日1日大切に過ごしていきたいと思います。

ちなみにこのゴールデンウィークはお店は休まず営業しております。

サービス業の宿命!!(笑)




さて。

今日は残り僅かとなった平成をヒット曲で振り返って懐かしんでいただけたらと思い年別にまとめてみました。




平成元年。

美空ひばり『川の流れのように』
長渕剛『とんぼ』
Princess Princess『ダイアモンド』
X『紅』

平成2年

B.Bクィーンズ『おどるポンポコリン』
米米CLUB『浪漫飛行』
サザンオールスターズ『真夏の果実』
LINDBERG『今すぐKISS ME』

平成3年

小田和正『ラブストーリーは突然に』
KAN『愛は勝つ』
チャゲ&飛鳥『SAY YES』
槇原敬之『どんなときも』

平成4年

米米CLUB『君がいるだけで』
浜田省吾『悲しみは雪のように』
とんねるず『ガラガラヘビがやってくる』
槇原敬之『もう恋なんてしない』

平成5年

ZARD『負けないで』
B'z『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』
チャゲ&飛鳥『YAH YAH YAH』
藤井フミヤ『TRUE LOVE』
氷室京介『KISS ME』

平成6年

Mr.Children『innocent world』
広瀬香美『ロマンスの神様』
篠原涼子『愛しさと切なさと心強さと』
trf『Boy Meets Girl』

平成7年

H jungle with T『WOW WOW TONIGHT 時には起こせよムーブメント』
シャ乱Q『ズルい女』
スピッツ『ロビンソン』
trf『EZ DO DANCE』

平成8年

Mr.Children『名もなき詩』
globe『DEPARTURES』
華原朋美『I'm proud』
久保田利伸『LA LA LA LOVESONG』
PUFFY『これがわたしの生きる道』

平成9年

安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』
Kinki kids『硝子の少年』
SMAP『夜空ノムコウ』
GLAY『HOWEVER』
今井美樹『PRIDE』

平成10年

宇多田ヒカル『Automatic』
SPEED『White Love』
L'Arc~en~Ciel『HONEY』
浜崎あゆみ『Poker Face』















平成11年

モーニング娘。『LOVEマシーン』
宇多田ヒカル『First Love』
ポルノグラフィティ『アポロ』
重森あゆみ・清水けんたろう『だんご3兄妹』

平成12年

浜崎あゆみ『SEASONS』
サザンオールスターズ『TSUNAMI』
福山雅治『桜坂』
中島みゆき『地上の星』

平成13年

宇多田ヒカル『Can you keep a seacret?』
Every Little Thing『fragile』
CHEMISTRY『PIECES OF DREAM』
ZONE『seacret base〜君がくれたもの〜』

平成14年

BUMP OF CHICKEN『天体観測』
ロードオブメジャー『大切なもの』
モンゴル800『小さな恋のうた』
Dragon Ash『Life goes on』

平成15年

SMAP『世界にひとつだけの花』
森山直太朗『さくら〜独唱』
ORANGE RANGE『上海ハニー』

平成16年

大塚愛『さくらんぼ』
一青窈『ハナミズキ』
ゆず『栄光の架橋』
平井堅『瞳をとじて』
レミオロメン『3月9日」

平成17年

修二と彰『青春アミーゴ』
レミオロメン『粉雪』
O-ZONE『恋のマイアヒ』
EXILE『ただ…逢いたくて』

平成18年

コブクロ『桜』
湘南乃風『純恋歌』
TOKIO『宙船』
YUI『CHE.R.RY』

平成19年

秋川雅史『千の風になって』
嵐『Love So Sweet』
Perfume『ポリリズム』
コブクロ『蕾』
うるまでるび『おしりかじり虫』

平成20年

Greeeen『キセキ』
Superfly『愛を込めて花束を』
青山テルマ『そばにいるね』
嵐『One Love』













平成21年

木村カエラ『Butterfly』

平成22年

AKB48『ヘビーローテション』
少女時代『Gee』
KARA『ミスター』
西野カナ『会いたくて会いたくて』
いきものがかり『ありがとう』
植村花菜『トイレの神様』

平成23年

きゃりーぱみゅぱみゅ『つけまつける』
EXILE『Rising Sun』
Lady Gaga『Born This Way』

平成24年

miwa『ヒカリエ』
ももいろクローバーZ『行くぜっ!怪盗少女』

平成25年

AKB48『恋するフォーチュンクッキー』
ゴールデンボンバー『女々しくて』
SEKAI NO OWARI『RPG』

平成26年

アナと雪の女王『レット・イット・ゴー』
三代目J soul brothers『R.Y.U.S.E.I』
妖怪ウォッチ『ようかい体操』
絢香『虹色』

平成27年

AKB48『365日の紙飛行機』
SEKAI NO OWARI『Dragon Night』
桐谷健太『海の声』
buck number『クリスマスソング』

平成28年

ピコ太郎『PPAP』
星野源『恋』
RADWINPS『前前前世』
ゲスの極み乙女『私以外私じゃないの』
RADIO FISH『PERFECT HUMAN』
欅坂46『サイレントマジョリティ』

平成29年

TWICE『TT』
乃木坂46『インフルエンサー』
三浦大知『Cry&Fight』

平成30年

DA PUMP『U.S.A.』
米津玄師『lemon』
安室奈美恵『Hero』
King&Prince『シンデレラガール』
あいみょん『今夜このまま』











曲のタイトルを見ただけで、メロディと共にその時の自分の置かれた状況が思い浮かびます。それが音楽の素晴らしいところ。

心に響く曲は人それぞれですが、誰でも1曲は自分自身の人生のBGMと呼べる曲があるのではないでしょうか。

ちなみに僕の人生のBGMは今のところ平成6年のヒット曲Mr.Childrenの『innocent world』です。46歳になった今でもそうです(笑)。

いつの日もこの胸に流れてるメロディ
軽やかに緩やかに心をつたうよ
陽のあたる坂道をのぼるその前に
また何処かで会えるといいな
イノセントワールド


NO MUSIC NO LIFE


令和ではどんな曲がヒットするんでしょうね。






《ウエノ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事