スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > アジサイ

アジサイ

2018年06月29日

南千里店

ツイートする


梅雨ですねぇ~~

雨の日が多くて・・・気分が滅入ります。




個人的には地震の影響で、日常を自制しております。

まだまだ余震に気を付けなければいけないという事ですよね。


だから・・・大好きな「癒やしの里山」へ、出掛けられない。


能勢や猪名川方面は「有馬ー高槻断層帯」ですもんね。

丹波篠山へ、蛍を見に行く計画もしてたのに・・・

今は地震のおかげで、お出掛けを自重してます (ア~ァ)


結果・・・ストレス・・・溜まります!! (苦笑)





現在の楽しみは、綺麗に咲いた”紫陽花”を楽しむこと位・・・

通勤途中のマンションの法面や近くの公園で見事です!!


昨年は「三室戸寺」まで出掛けて楽しんだのに・・(残念!!)





みなさま、紫陽花(アジサイ)の原産国って日本だとご存知でした?


青色や紫色、淡いピンク色から濃い目のピンク色やオフ・ホワイトなど

雨の季節を彩るには、最適の色だとはお感じになられませんか??

  


通常、私たちは「てまり咲きの紫陽花」を「アジサイ」、

または「ホンアジサイ」と呼んで親しんでいます。




しかし、もう一つガクアジサイ(額咲きの紫陽花)もありますよね。





諸説ありますが、日本に自生するもともとのアジサイは、

このガクアジサイだそうで、ガクアジサイを品種改良して作ったのが

「てまりアジサイ」だとする説が有力なようですが????????





アジサイは、花の色が微妙に変化するという素敵なところもあり、

なにより”花持ちがいい”のも魅力の一つですよねぇ。

なぜ長持ちするかと言うと、花びらのように見えるところは

実は”ガク”だからだそうで、本当の花は装飾花の中心にある

粒の様なものだそうですよ。

これって昔、誰かに聞いたような気がします・・・





花屋さんの店先も”アジサイ”の花が満載です!!





梅雨空の下、アチラコチラの植え込みや庭先で


雨の”雫”を花びらの上で転がし、不思議な色を醸し出し、


私たちの、眼と心を和ませてくれるアジサイの花、


もう少し、「梅雨の花」を楽しみましょうか!!!



          《タケナカ》




コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事