スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年04月29日

南千里店

ツイートする


虹の翼
吉村 昭

《 飛行器 》 二宮忠八 命名


明治生まれの忠八は、手作り凧名人で創意工夫を凝らし空から広告チラシを

まいたりして、凧で生計を立てた時期があります。

生活の為軍隊に志願して入隊

軍事訓練中、弁当の残飯に集まった烏の飛翔する姿を見て

次に鳥や昆虫の飛翔を観察し、飛行原理を研究し人間を乗せて飛ぶ事の出来る

飛行器を作りたいと思うようになります。

ゴムを動力とし、四枚羽根のプロペラを作り車輪まで作り36メートルも飛ぶ

模型飛行機をライト兄弟が飛んだ頃より12年前に完成させていたのでした

忠八は飛行器の設計図と模型飛行器を軍に上申するが却下される

これがもし採用されていたら二宮忠八が世界初となった可能性が

小学校の教科書に 【 飛行機の発達 】と題し二宮忠八の事蹟が集録

一途に飛行器を追いかける男を描いた作品でした。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事