TOP > 愛犬マルコの補聴器ブログ

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事

聞こえのセルフチェック

千里補聴器センター
スマートフォンサイト

千里補聴器センター スマートフォンサイト

http://www.meganenosenri.com/sp/ha/

愛犬マルコの補聴器ブログ

千里補聴器センター

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-3せんちゅうパル1番街

TEL&FAX:06-6834-5665
営業日時:AM10:00〜PM7:00
定休日:木曜日

メガネのセンリ

2014/11/29 17:15

カテゴリ:補聴器

近年、いろいろなメーカーや研究機関によって難聴者の方が認知症になるリスクが増大している事が判明しています。

 数十年にわたって、健康状態に関する何千人もの追跡調査をしているアメリカ国立加齢研究所(NIA)は「難聴と認知症はより強い因果関係がある」という調査結果を明らかにしました。

同研究所のデータを使い、639人の聴力と認知能力との関係を調べたところ、認知症になる確率が、正常な聴力をもつ人と比べて、軽度難聴者は約2倍、中等度難聴者は約3倍、重度難聴者は約5倍となることが分かりました。

さらに55歳以上の認知に異常のない347人について5年間の追跡調査の分析をしました。それによれば、軽度、中等度、高度、重度と難聴が進むにつれて、それぞれおよそ7年の年齢差に相当するレベルで認知症が増えるとされています。

認知症につながる可能性のあるリスクには、糖尿病、高血圧、年齢、性別、人種など、さまざまな因子がありますが「難聴の高齢者はそれらよりも認知症を発症する可能性が高い」と、この報告は結論付けています。

難聴は時に認知症と勘違いされることも
難聴があると相手の話が聞き取れず、理解できないということが起きてきてしまいます。毎回聞きなおすこともできず適当に分かった振りをして対応をしていると、時に周りの人からはそのややトンチンカンな対応をいぶかしく思われることもあります。
病院で検査をすれば認知症なのかははっきりするのですが、その反応の悪さや会話のずれが難聴によるものか認知症によるものかは周りの人には分かりにくく誤解されてしまう場合があります。

そのようなことから、難聴があるときには補聴器をつけてよく聞き取れるようにしておくことは大切なことです。さらに補聴器をつけていることが周りの人の誤解を招かないひとつのアピールにもなります。
 聞こえの改善を助ける補聴器に認知症を予防できる効果があるかどうかは、さらに多くの詳しい検討を重ねなければ分かりません。しかし、脳の回路は刺激があると活発になり、ないと働きにくくなります。

そう考えると、難聴によって人とのコミュニケーションがうまく取れなくなり、脳への刺激が減ることが認知症の一因となっていることは、たやすく想像できます。

そのためには、難聴にならないように、日ごろから耳の管理に注意を払うことや、補聴器を活用して人との交流をしっかり保つことが大切です。


 

2014/11/11 10:47

カテゴリ:補聴器

今月発売されます、シーメンス社の「バイナックス」の
試聴用機器が本日入荷いたしました。どこよりも早く最新補聴器を聞いて頂く事ができます。
 ざわざわした居酒屋やレストランでも、聞きやすくなる「ビーム指向性」やスピーチフォーカス360°など、前作よりも機能がパワーアップしています。

また、先週より世間を騒がせていました、シーメンス補聴器部門の株式売却は上場準備の段階で予想はしていましたが、今後もシーメンスというブランドは継続されるようです。大きな投資によるさらなる研究が進むことを期待しています。


シーメンス、欧州投資家へ補聴器事業を売却

シーメンスAG(ドイツ本社)は、シーメンスオーディオロジー事業部を、投資家グループEQT、および共同出資者となるドイツの起業家ストルングマンファミリーに、21億5,000万ユーロとアーンアウト*1で売却いたします。シーメンスAGは、両投資家による非常に魅力的な申し出を受け、5月に発表した上場準備の中止を決定。シーメンスの取締役でシーメンスヘルスケアの最高経営責任者(CEO)であるヘルマン・レクワート(Hermann Requardt)は、次のように述べています。「シーメンスヘルスケアは、長年、オーディオロジー事業に多大な投資をしてきました。筆頭出資者となるワレンベルグファミリーのEQTも、共同出資者となるストルングマンファミリーも一流の投資家であり、ヘルスケア分野に豊富な経験を持っています。今回の取引は、財務的観点から有利であるだけではありません。当社は、両投資家が補聴器事業を長期的に発展させる明確な成長戦略を持っていると確信しています」。シーメンスAGは、補聴器事業に2億ユーロの優先出資を行うなど投資を継続することにより、事業の将来的な成功で利益を得ることを見込み、新会社の取締役会にも参加します。売却条件に基づき、新しい所有者は、補聴器事業において中期的にシーメンスブランドを継続使用する予定です。

2014/11/04 13:51

カテゴリ:補聴器

今月、シーメンスから新たに新商品が発売されます。
前作マイコンシリーズから1年半での発売は他社を圧倒したスピードです。

海外のサイトには登場していますが、ヨーロッパよりも日本には少し遅れて発売されます。詳細は後日のセミナーにて詳しく紹介されるようです。お楽しみに!!

時々海外サイトを見ますが、やはり海外はユーモアがいっぱいです。
ハロウィンの画像です