TOP > 愛犬マルコの補聴器ブログ

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

聞こえのセルフチェック

千里補聴器センター
スマートフォンサイト

千里補聴器センター スマートフォンサイト

http://www.meganenosenri.com/sp/ha/

愛犬マルコの補聴器ブログ

千里補聴器センター

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-3せんちゅうパル1番街

TEL&FAX:06-6834-5665
営業日時:AM10:00〜PM7:00
定休日:木曜日

メガネのセンリ

2018/11/26 15:19

カテゴリ:補聴器

補聴器とはまったく関係ありませんが、
我が家のブームがあります。
以前10話ほど放送したおしりたんていの続編が12月からはじまります。
eてれで土曜朝9:00からです。
顔がおしりでおならもします。NHKとは思えないアニメですが、子供は
大好きです。ぜひ見てみてください

2018/11/21 14:59

カテゴリ:補聴器

テレビの音声が補聴器に直接届いたり、携帯電話の通話音声が補聴器に届いたりする便利なオーデオ B-ダイレクトをご存知でしょうか。

今日は発売からもうすぐ1年、最近お問合せをよく頂戴するオーデオ B-ダイレクトの携帯電話の便利機能を改めてご紹介します。


楽しそうに笑っているこちらの男性、オーデオB-ダイレクトをつけてお料理をしながら、携帯電話を手に持たずに会話を楽しんでいます。

オーデオB-ダイレクトは、Bluetooth®内蔵の携帯電話 と接続して、ハンズフリーで通話することが出来ます。

携帯電話とペアリングすると、通話相手の声が補聴器を介して直接聞こえ、自分の声は補聴器のマイクが拾って通話相手に届けて会話ができます。

補聴器のマイクで相手の方に自分の声を届けるので、補聴器のマイク位置に気を付けて補聴器を使っていただきます。

2018/11/21 14:54

カテゴリ:補聴器



シグニアは、リチウムイオン充電池と充実した接続機能を備えた、自分の声が自然に聞こえる究極の耳かけ型(BTE)補聴器を発売します。

シグニアは、リチウムイオンを採用した充電タイプでBluetooth対応の補聴器を提供しています。新しい耳かけ型(BTE)のMotion Charge&Go Nx補聴器は、今年初めに発売したRICタイプのPure Charge&Go Nxと同シリーズの製品です。

この画期的な補聴器は、自分の声が自然に聞こえる自声処理機能(Own Voice Processing:OVP™)を備えたSignia Nxプラットフォームをベースとし、Ultra HD e2e両耳通信技術によって騒がしい環境でもスムーズな会話を可能にします。

Motion Charge&Go Nxは軽度から高度まで幅広い聴力に対応しているため、多くの人が充電タイプの便利さを実感でき、自然な聞こえとBluetooth接続を楽しむことができます。

Signiaが提供する、充実した接続機能を備えた、充電タイプの補聴器をぜひご利用ください。

2018/09/07 15:47

カテゴリ:補聴器

シグニア補聴器より、すぐれた音質と新しいデザインが特徴のイヤウェア「STYLETTO」(以下、「スタイレット」)を、2018年9月10日(月)に新発売します。


 「スタイレット」は、スタイリッシュなデザインと最先端テクノロジーを融合させたイヤウェアです。「スタイレット」を通じて、消費者が抱きがちな補聴器に対する「見た目」や「わずらわしさ」といった抵抗感を取り払い、明瞭な聞こえで人生を満喫し、毎日を楽しんでいただくことを目指しています。

 また、同製品のモデルとしてモデル・有里さんを起用しました。有里さんは10年以上難聴に悩んでおり、「スタイレット」との出会いをきっかけに自分と同じ悩みで苦しんでいる人々に、“世界にはこんなにも色んな音が溢れていることを知ってもらいたい”といった思いから、難聴であることをこの度、公表しました。

リチウムイオン電池搭載のスリムなポータブル充電ケースでの充電が可能なため、一日中使用することができます。

ケースでの充電も含めて約4日間*使えるので、制限なく自由に行動できます。コンセントがなくても充電できるため、週末の旅行や、遠方への出張時でも安心です。

2018/07/20 10:27

カテゴリ:補聴器

フォナックのグループ本体である、ソノヴァ グループでは “Breaking the barrier”というモットーを元に製品開発や
ユーザーの方々と直接交流するイベントなど、様々な取り組みを行っていて、日本のフォナック補聴器でも、
“聞こえのバリアを感じない世界”を実現するために、日々様々な取り組みを行っています。

その一環として8月17日(金)にプロ野球 パシフィックリーグの埼玉西武ライオンズ 対 日本ハム ファイターズの1戦を
フォナック補聴器 × ライオンズ こどもスペシャルデーとしてサポートすることになりました。


もともと、埼玉西武ライオンズ球団が応援する”限界に挑戦する”という球団のメッセージと
私たちの“Breaking the barrier”というモットーが合致する という点と
埼玉西武ライオンズに、難聴の山田遥楓選手がいらっしゃる ということ、
更に、フォナックのキャラクターと、球団のマスコットが共に”レオ”である というご縁で実施が決定しました。

難聴でも野球は同じように出来ます。
オリックスファンですが、陰ながら応援しております。