スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

古本の処分

2019年05月03日

南千里店

休日、前々から気になっていた本棚を整理。

時々整理整頓しないと、溜まる一方の本。


この際一部を処分することに・・・

かと言ってゴミとして廃棄するには忍びない。

皆さまは、読んだ後の本・・・どうなさっていらっしゃいますか?




勿論「専門書」や「技術関連の本」の様な堅ぁ〜い本では無く、

趣味や娯楽関連の本のような類です。

雑誌などはすぐに捨てますが、1度読んで良かったなぁ〜と思い、

また何年かしたら読み返してみようと、取り敢えず置いてみる・・・

それがいつの間にか溜まる・溜まる〜〜〜






そこで、箕面市牧落にある「BOOK・ OFF」へ売りに・・・!!

大きな紙袋2つに入れて、ヨッコイショ!!

本って、重たいですねぇ〜〜




「BOOK OFF」カウンターで申し込む。

持って行くのに大変やったから、何冊あるかは数えていない。

引き取ってくれる本、そうでない本・・・先方が決める。

買い取れない本は、お持ち帰りか、こちらで処分される。





20分位したら、店内放送で呼び出される。

結局、何冊あったと思われますか?? 文庫本ばかりですが・・・


全部で”108冊”・・・すごい数でした。


さてさて、総買取額は???

皆さま、ショックです!! たったの 1,465円ですって!!






エ〜ッ、そんなに安いの〜〜〜〜〜

だって《 108冊 》やでぇ〜〜

年代を経た古本だとはいえ、それじゃあ、あまりにも安すぎない??



・・・と、文句を言ってみても始まらない!!

諦めてその代金で、次の本を探して買って帰る。

これって古本屋さん”丸儲け”ってやつじゃん (笑)




なんだかんだ言ってますが、今まで本には随分助けられています。

知識を得るだけが本の役目ではないんですよ!!



気持ちが落ち込んだとき、好きな作家さんの本を手に取り

その世界に没頭してると、いつの間にか落ち着きます!!



時には気持ちが高ぶって、思わず涙が・・・

こんな歳のおじさんが、本を読みながら”泣いてる”

歳を重ねるごとに、涙もろくなっていく〜〜


ちょっと、気持ち悪いかも ・・・ (大笑)





妻も本が好きで、毎日読んでいます・・・が、しかし・・・


両親が読書好きの家庭は、子供達も読書好きになるなんて

巷では言われていますが、我が家の子供達は読まないなぁ〜〜

残念なことです。



本が好きな人間は、「生涯の宝物」を

神様から頂いたようなものなんだけどなぁ〜。

『 もったいなぁ〜』と思うのは私だけでは無いと思うけど・・・



皆さま、どんどん読書をしましょうね!!!

本の中の世界は、面白いですよ!!!



          《タケナカ》








カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事