スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「インフルエンザにご注意を」

2019年01月23日

千里中央店

皆様こんにちは。

この時期に気を付けたいのがインフルエンザ。
どうやら大流行した昨年並みに猛威を振るいそうです。





風邪とインフルエンザに共通の症状は、咳と喉の痛み、そして発熱です。

風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

朝から38℃以上の発熱があった場合はインフルエンザの疑いが強いので、早目に医療機関への受診を考慮しましょう

季節性インフルエンザは大きく分けてA型、B型、C型の3種類があり、流行を繰り返す度に変異株が発生しています。

インフルエンザA型

38℃以上の高熱、悪寒、関節・筋肉痛などが特徴です。さらに多くの変異株が存在し、増殖力が速く、しかも感染力が強いので流行しやすいのが特徴です。

インフルエンザB型

A型に次いで流行しやすいウイルスです。A型のような突然変異をおこさないため、世界的な大流行を起こすことはありませんが、症状は重く、数年おきに流行して猛威をふるいます。

インフルエンザC型


感染しても風邪程度の症状で、多くの人が免疫を持っています。

インフルエンザの潜伏期間は1〜2日で、発症する1日前から発症後5〜7日頃まで周囲の人にうつしてしまう可能性があります。特に発症日から3日間ほどが最も感染力が高いと考えられています。さらに、熱が下がってもインフルエンザの感染力は残っていて、他の人に感染させる可能性があります。(個人差はありますが、熱が下がって2日間は感染させる可能性があります。)


万が一インフルエンザにかかってしまった場合、インフルエンザ治療薬として8年ぶりの新薬である「ゾフルーザ」が登場しました。





ゾフルーザ(バロキサビル マルボキシル)は、日本の塩野義製薬株式会社が創製した抗インフルエンザ薬です。


ゾフルーザは、ほかの抗インフルエンザ薬と同様に、成人および小児のA型またはB型インフルエンザウイルス感染症患者に用いられます。既存薬は、細胞内で増殖したウイルスが細胞外に広がるのを防ぐことで効果があらわれます。一方でゾフルーザは、細胞内でウイルス自体の増殖を抑制する仕組みを持つことから、より高い効果が期待できると考えられているのです。

このゾフルーザ、一回飲むだけと非常に簡便になっています。
飲む量は患者さんの体重によって違うようです。





手洗い、うがい、マスク着用、室内の湿度保持など皆様どうぞ体調管理には十分お気を付けください<(_ _)>




《マスヤマ》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事