スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

実習生から見た眼鏡屋さん

2018年07月26日

千里中央店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

先週のブログでもお伝えしましたが当店では
日本眼鏡技術専門学校の学生さんが職業訓練で
2週間ほどお預かりしていました。




こんにちは。実習生です。
今回実習先となったメガネのセンリさんでまさかのブログを書くことに
なりました。
まだ眼鏡の勉強を始めて3か月程なのでまだまだ分からないことばかりですが
様々のことを学ばせて頂いております。

眼鏡士になるには眼鏡やレンズの加工、フィッティング等様々な技術知識
が必要とされます。眼鏡を作って売るだけならば、ほとんど機械がして
くれる時代にはなってしまっていますが、お客様を第一に考えれば眼鏡士の
資格を取り、尚且つどうすることがお客様にとって最適な眼鏡となるのか考え、
形にしてお届けしていく必要があります。専門的な話になればなるほど
眼鏡士という資格があるのとないのでは大きく違うと感じました。

今回の実習も眼鏡士への一歩ですが、正直なところお高いお店が実習先で
気持ちが重たかったです。まだ23歳の自分からしてみれば入りにくい
お店だと感じます。ですが、スタッフの皆様は温かく迎えてくださいました。

これも、帰る時気持ちよく帰っていただくのがメガネのセンリさんで
働く方々の共通認識にあってのことだと私は感じました。さらに有難いことに、
自前の眼鏡のフィッティングをしていただき以前よりもかけ心地が
良くなりました。

顔にあった眼鏡へと変貌させられたことで眼鏡への愛着が増しました。
眼鏡への愛を感じます。眼鏡士がフィッティングやレンズ加工をすることで
眼鏡という道具が皆様にとって良い道具であることを可能にしてくれるの
ではないかと私は感じました。

今回の実習で私が感じたこと+αを提供することの出来る眼鏡士になるため
努力していきたいと思いました。



少しでも勉強になって良かったです!
今後はお客様にとっても頼れるメガネ技術者になれるよう
がんばってくださいね!


カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事