スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

大衆食堂みたいな・・・

2018年07月06日

南千里店



お疲れ様です!!

相変わらずの”雨”・・・梅雨は続いてます!!

早くスカッとした、青空が欲しいですね。






私事ではありますが、甥に赤ちゃんが誕生いたしまして、

何かささやかなお祝いをと思いまして、

赤ちゃん用品を買い求めに、箕面・船場へ・・・



「 ジェット(萬栄グループ) 」

昔は「SSOK(ソック)」という名前でしたが・・・

私の子供達が小さい頃には、よく買い物に行きました。

子供が中・高校生になってからは、ご無沙汰でしたが、

年に1度位は自身の衣類を買いに訪れていました。




ここは行くたびに、入り口や売り場が変わっており、

店内をウロウロ、探して歩きます。コレが疲れる〜〜

この度は、買い求める品が決まっておりましたので

さっさと済ませてしまい、もう一つの目的場所へ・・・



それは・・・「食堂」です。

昔は食堂は綺麗じゃあなかったんですが、

前回訪れた時に、明るく綺麗になっていたので

楽しみにしていました!!

社員の方の「社員食堂」も兼ねていますので広いですし、

何よりも一品一品が、すごく安い!!!!




そして私自身が気に入っているのは・・・

懐かしい「昭和の大衆食堂」のような雰囲気。





写真でご覧のように、いろんなお惣菜が器に盛られて

冷庫に所狭しといっぱい並んでいます。

そう、セルフ・サービスで自身で選んでトレーに・・・






昔の話ですが・・・私が大阪に出てきた時に、

一番初めに、東淀川区「阪急・淡路」で暮らし始めました。

淡路は庶民の街で、下町の暮らしでした。



四畳半一間の、自炊もできないアパート暮らし。

毎日の夕食は、「大衆食堂」でした。





ちょうどこんな風に、出来上がったおかずが並べられ、

食堂のおばちゃんに、「大飯」と「豚汁」と注文・・

そして自分の好きなおかずを選んでテーブルへ座る。


おばちゃんが「お疲れさん、今日は暑かったねぇ」と

笑いながら、ご飯と汁を運んできてくれる。

そこで二言三言の会話・・後は一人で黙々と食べるだけ。


そんな暮らしが懐かしくって・・・・・






今の都会では洒落たレストランやカフェばかりが増えて、

あまり見かけなくなった「大衆食堂」ですねぇ〜〜〜


現代の皆様にはあまりピンと来ないかも分りませんが、

昭和時代を生きてきた私は、たまに思い出してしまいます。



結婚してからは、家に帰れば自分の好物が食卓に並んでいて、

黙って座れば、当たり前のごとくに、スッとご飯が出てくる。

毎日・毎日の事やから、作るの大変だろうと・・・

そして有り難いと感謝しながら美味しく食べていますよ。



昔を思い出して、現在を感謝する・・・大切なことです!!



          《タケナカ》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事