スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

碧き魂〜日本代表と『歩』。

2018年06月16日

千里中央店

こんにちは。



4年に一度のサッカーの祭典『FIFA ワールドカップ ロシア大会』が14日の開幕戦ロシア対サウジアラビアからスタートしましたね。7月15日の決勝戦までの1ヶ月間世界中の人達がそのプレーに魅了され熱狂します。





このロシア大会では、国際サッカー連盟(FIFA )に所属する208の国と地域の中から32チームが出場。
ヨーロッパ13、南米4.5、アフリカ5、アジア4.5、北中米カリブ海3.5、オセアニア0.5、開催国のロシア…と地域別に出場枠が決まっているので、日本よりFIFA ランキングも上で実力のあるヨーロッパや南米のチームが出れなかったりするわけです。


僕が初めてワールドカップに触れたのはマラドーナの為の大会と言われた1986年のメキシコワールドカップでした。それはもう衝撃でした。そして夢中でした。
中学の昼休み時間のサッカーではマラドーナよろしく、とりあえず参加しているクラスメイト相手に本気のドリブルで5人抜きだ6人抜きだとはしゃいでいた記憶が…(笑)
公式球のアステカも懐かしいって人多いんじゃないかなぁ。






日本代表はと言えば2002年の日韓開催を含め今回で6回目の出場。今では出場自体が当たり前のような感覚になっていますが、僕が中学生の頃は日本がワールドカップに出場するなんて夢のまた夢。
それが1993年のドーハの悲劇、ワールドカップ初出場を決めた1997年ジョホールバルの歓喜を経て、現在があります。







ワールドカップ直前最後の12日のパラグアイ戦は4対2と西野監督初勝利。直前になってようやく日本のサッカーの形が見えてきたのではないか…と期待しております。

まずは初戦のコロンビア戦…4年前のブラジル大会では1対4と大敗しましたが、その借りを返すリベンジの時。
少なくとも勝点1以上をゲットして勢いをつけていきたいところ。





さあ、行こうぜ!!






さて、今日ご紹介するのは日本代表の『歩 AYUMI』より。


代表のファーストユニフォーム『勝色』のブルーを思わせるのがこの歩ブルーです。





歩 L-1010 5122 52 29,500yen+tax


本当に綺麗な深みのある紺色。


鼻パットに白のセルロイドを挟んだ状態で削り出したアクセントのあるモデルも。



歩 L1023 5122W 54 33,000yen+tax


磨き上げられたセルロイドが放つ色艶が、掛ける人に凛とした気品と颯爽とした自信を与えてくれます。


セルロイドが持つ適度な硬さがもたらすホールド感、さらに金属パーツにチタンを用いることで、非常に軽量で快適な掛け心地となっております。





碧き魂を纏ってサッカーも人生も連戦連勝と参りましょう!!




《ウエノ》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事