スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

あこがれのチヌのお話

2017年04月30日

南千里店

昭和50年代のお話

田舎でチヌは、夜釣りでしか釣れない魚と思っていたら
筏なら、朝から釣れますよと教えていただき

夜釣りでは、電気ウキを点しウキが消えたら上げるのんきな釣りで
やっと釣れても、手のひらサイズそれでも精悍な顔つきのチヌ、最高でした。

このチヌが筏で釣れますよと誘う方がいて、小浜の泊の筏に行くことに
竿は、180センチの短竿に両軸リールを道糸は3号でハリスは1・5号、
針は、チヌバリ3号だったように記憶してます、
団子用の赤土小を購入し、餌はアケミガイ、サナギ、ボケ( ユウレイシャコ)

人生初の筏釣、チヌは釣れませんでした。
ぼら2匹、60センチ位あったので短い竿でのやり取りは大変でした
ぼらはそのまま海に帰し、師匠が釣った40センチのチヌを頂きました。

家に持ち帰り、片身を刺身にあとは塩焼きにして美味しく頂きました。

田舎では、釣った魚は食べなかったのですが初めて頂きました

次は絶対釣れるからと、泊の筏の中で一番近い筏に乗り
手のひらサイズのチヌを3匹釣り、筏釣にはまりました。

何回か車で連れて行ってもらい、慣れたところで
今度は一人で原付きバイクで《 ヤマハタウンメイト 》

高槻を深夜12時スタート、亀岡まで1時間かかりました。
9号線を走り美山ヘ9月でしたが深夜は寒く、途中でカッパを着て
小浜のビック釣り具屋ヘ、エサを購入する
熱いお茶を出していただき休憩

泊の筏、深田渡船さんにはとても親切にしていただきました。
チヌはボーズでしたが、お土産にサンバソウ【 石鯛の子供 】を
中層でつり、持ち帰りました。

片道150キロ所要時間5時間、筏で1時間位睡眠をとり
12時にあがり帰路に

かなりキツかったけど、いい思い出となってます。

《フジイ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事