スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2017年04月16日

南千里店

ひなげし雨竜剣 坂岡 真

藩主の面前で、利き腕を脇差で断った男 朝比奈結之助

妻女を藩主に見初められ、妻女を側室にあげさせよとの理不尽な行いに対し
朝比奈結之助は、藩主を面前にして、どんなことがあろうとも
最愛の妻を側室にはあげられぬ。

かわりにこれをと、言うが早いか、自らの右腕をにゅっと突き出した。
左手に握った脇差で一刀のもとに腕を断つ。

殿様に『 お慈悲を、お慈悲を、』と懇願する
殿様は『 捨ておけ 』とだけ言った。

重臣の一人が朝比奈の勇気に感銘を受け、すぐさま配下に手当を命じた。
本来ならば家名断絶のうえ、領外追放のところを、
重臣のはからいで、夫婦は目立たない所に住まいをあたえられ
密かに捨て扶持をあてがわれた。

やがて妻は娘を産み、死んでしまう。

左腕のみで、修羅となり修業の先々で道場破りをして
無住心剣術の極意に惹かれ

その極意とは、ただ、太刀を掲げて落とすのみ
必殺の一手は、『 嬰児の戯れにも似る 』とたとえられた。
何ひとつ細工のない太刀行きに見え、その実、奥は深い。

朝比奈結之助がこの無住心剣術で悪を成敗してゆく
面白い作品です。

《フジイ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事