スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

知って納得!ふるさと納税

2015年02月16日

南千里店

こんにちは。
本日は先週の刺すような肌寒さから一転して、寒さも和らいでいる週の初めの月曜日。
通勤される方も少しはマシなのではないでしょうか。


先日、ふるさと納税の人気が高まってきて、各地方自治体のお国自慢の特産品に注目が集まっているというニュースを読みまして、自分自身恥ずかしながらふるさと納税の仕組みがいまいち分かっておらず少し調べてみました。

さて、ではふるさと納税の仕組みを簡単に説明すると・・・

ふるさと納税とは、全国の自治体より任意の自治体を選んで寄付を行うシステムです。
え?寄付だけ?じゃあ余分に税金を払わないといけないんじゃ・・・?
と、自分も思っておりました。

ふるさと納税の仕組みを知ると、知らなきゃ損なぐらいとってもお得なんです!

まず、寄付をしたい任意の自治体を選びます。
自分に縁のある田舎や好きな場所を選んでもよし、各自治体からふるさと納税の返礼として送られてくる特産品で選んでもよし、自分にあった場所を。

そして、ふるさと納税した金額は、確定申告で「市区町村への寄附金」として申告することができます。
すると、例として自治体に40000円の寄付をした場合、2000円を超える部分の所得税は寄付金額の10%の税金が安くなりますので、(40000円ー2000円) X10%=3800円 が確定申告後に還付されます。
更に、住民税として2000円を超える部分の90%が控除されます。
(40000円ー2000円) X90%=34200円 が毎月の住民税から減額されていきます。

40000円の寄付を行い特産品を貰ってなお、38000円がキャッシュバックされるのです。

と、いうことは実質2000円で特産品等をゲットできちゃう、とってもお得なシステムなのです!



ただ、住宅ローン控除を受けられている方は少々変わってきますので実際の総務省ないしふるさと減税特設サイト等で確認して下さいね。

で、昨年度のふるさと納税額ランキングをみてみると・・・



長崎県平戸市がダントツのトップです。凄いです。
平戸市の市民税が約10億円程ですから、倍以上の寄付金があったことになります。
まず、理由には「漁業の町」という地理的要因を最大限に生かして、特産のウチワエビやサザエなど新鮮な魚介類を豊富に特産品としてアピールしているからではないでしょうか。また、平戸市のHPを見ると、寄付金額に応じて付与されるポイントで好きな特産品を選ぶシステムを採用しており、ポイントに有効期限はなく、余った分は自動的に積み立てられるシステムなので、リピーターが多く居るのも強みのひとつでしょう。

まずは、自分も実践してみたいと思います。楽しみです。

《タカダ》

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事