スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

ハイテク眼鏡が絆いだ親子の出会い

2015年01月26日

南千里店

大勢の人は当たり前に日常的に"眼が見える"事を享受して過ごしています。
勿論、度合いにもよりますが通常の視力補正としての眼鏡を装用する程度で日常を普通に過ごせるのです。

しかし、眼疾患によって失明の憂いに合われた方は日常の生活がとても困難で辛い状態になります。
本日は、後天的に盲目に近い弱視力になってしまった人の視力が、ハイテク装置を使用すれば見えるようになった感動動画がネットで話題となっておりましたのでご紹介します。

あとでご紹介する動画内の女性は、遺伝子に起因する黄班変性「シュタルガルト病」を患って視力が大幅に低下したものの、カメラで撮影した映像をリアルタイムで視覚に認識させる装置「eサイト(eSight)」を頭部に装着して、新生児の息子の姿を見ることができるようになりました。



シュタルガルト病とは、遺伝性黄斑ジストロフィー(細胞や組織の物質代謝障害によって黄斑部に変性・萎縮などが起こる疾患)を患い、20歳頃から徐々に視力が低下し、指数弁や重度になると光覚弁となる場合もあるとても重い疾患なのですが、この視覚補助眼鏡はリアルタイムで映像に補助を加え、完全に視覚を失っていない視覚障害者が周囲を見る手助けをします。

シュタルガルト病の詳しい内容は国会図書館デジタルライブラリーに収蔵されておりますので、ご興味のある方は下記へどうぞ。
遺伝性ジストロフィー(シュタルガルト病および黄色班眼底)の視機能と網膜機能に関する研究

この感動の動画がyoutubeに公開されており私も視聴しましたが、カナダで視覚障害者と認定されている女性が出産し、ヘッドセットのハイテク装置「eSight」の力を借りて、生まれたばかりの我が子と初めて対面し優しく微笑んだ映像は感度でした。


ただ、やはりハイテク装置が故に高価で、約15,000ドルもかかるそうで気軽に試せるお値段では無いですが、日本でもこういった分野に技術を惜しまなく注いでくれれば良いのですが・・・

近い未来に大型のヘッドセットでは無く直接視神経に電極を流して映像を眼前に投影するような技術や、ips細胞からなる再生医療の更なる充実でより多くの眼疾患患者さんに希望の光が見えるようになれば・・・

《タカダ》

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事