スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

空の守護者、F-15J。

2014年12月05日

南千里店

最近の寒さの中で今日は特に寒く感じますよね。
特に強い北風が吹いているので、本日の気温が10度前後風速10m/sなので、体感温度は約3度にまで落ちるそうです。そら寒いわ・・・
来週は暖かさが戻るようですのでそれまで我慢・・・。

私は陸海空の自衛隊HPを良く閲覧するのですが、その中の航空自衛隊(JASDF)のHPに面白そうなコンテンツがありますのでご紹介します。

航空自衛隊のHPのはいろいろなスペシャルコンテンツがあるのですが、その中に3D紙飛行機というのがありまして、実際に飛ばせる精巧な紙飛行機の製作データがダウンロード出来るようになっております。
彩色データを印刷して組み立てるだけで、立体的な各種航空機が作れるのです。
その航空機の中でも傑出の日本の主力戦闘機、F-15Jを作りました。

先ずはデータをペーパークラフト用紙に印刷します。

この時点では小一時間ほどで作れると高をくくっていたのですが・・・

道具はこれ。特に小回りのきくデザインカッターとルーラー、速乾性の木工用ボンドがベスト。

そしてスペシャルツールとして、トレース台。

トレース台の使い方としては、用紙裏から山折部分線を映してからケがいて折りやすくするための道具。

これがめちゃくちゃ重宝しました。

しかし、3枚のデータ部分を裏からケがきした時点で既に小一時間・・・しかも地味で面倒くさい・・・(笑)

終わったら、今度は切り抜き作業ですが、これも細かい線の切り抜きで時間がかかってしまいました。


切り抜き終わったら、楽しい組み立ての時間です!どんどん組み立てます!

ボディを作って・・・主翼と合体!

左右ウエポンベイを製作。細かい立体貼り合わせがあってキツイ・・・。

名称はよく分かりませんが、細かく立体的につくらねばならない部品。


形が出来るとだんだんとF-15Jのかっこよさが・・・。


キャノピーの載せて尾翼等を接着して・・・完成!!




遠目では紙で出来てるとは思えないぐらい立体的です。

カッコイイ・・・。


まあ、ぶっちゃけ総製作時間は4時間ぐらいかかっています・・・。
でも良い暇つぶしにはなりますので、挑戦される方は疲れ目にご注意を・・・(笑)

航空自衛隊(JASDF)HP

《タカダ》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事