スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

iPS細胞、いよいよ網膜へ

2012年11月10日

千里中央店

先月は山中教授のノーベル賞受賞が話題になりました。
このiPS細胞による網膜再生、いよいよ臨床です。

兵庫県神戸市にある理科学研究所にて実施されます。
10年後の実用を目指し、iPS細胞再生治療では
網膜が第一号に選ばれました。

今回は加齢黄斑変性に対する治療・再生移植。
成功すればあらゆる網膜症に対応する事も期待できます。
日本の失明原因第四位は加齢黄斑変性症。

原因は未だ解明されていませんが、確立した
治療法への第一歩となるでしょうか?

確実な成果が見込める治療になる事を
切に願いたいと思います。



アムスラーチャート
加齢黄斑変性症の症状を検査します。
  
◆検査方法 ※必ず片眼づつご覧ください。

@中心の白い点を注視して下さい。
A碁盤の目が歪んだり凹んで見えていませんか?

私自身、30代前半に『中心性網膜症』という病気に
なりました。片眼の中心視野が大きく欠損しました。
朝から違和感がありましたがお昼過ぎまで
気が付きませんでした。

新聞を広げてみると右半分が真っ黒!
すぐに眼科へ掛け込みました。

皆様も歪んだり凹んで見えたら危険信号です。
眼科を受信しましょう。

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事