スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

ものもらい

2013年07月17日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

京都の夏を彩る祇園祭。
ハイライトの「山鉾巡行」(やまほこじゅんこう)が行われ、豪華に
飾られた33の山や鉾が都大路を進んでいます。
これが終われば夏本番ですね。

夏といえばプールですがこの時季に多いのが
子供さんの「ものもらい」です。

良いモノ貰ったら嬉しいですがそうはいきません。
原因はウイルスという事が多いですが、最も強い結膜炎を起こしやすいのがアデノウイルスという風邪症状を起こすウイルスです。

これにはいろいろな型がありますが、中でも8型が、強い結膜炎
すなわち「流行性角結膜炎」を起こす頻度が高いものです。
夏に多く、強い結膜充血、目やに、流涙、異物感、熱感があり
片眼から出現することもあります。
耳の下にある耳前リンパ節が腫れることも多く、
自発痛か圧痛があることが普通です。

強力な伝染力があり、潜伏期は7〜10日程度です。

手洗いの励行、目や目の付近にさわらない
(さわった場合は必ず十分な手洗い)
目やに涙などがついたものの適切な処理、タオルは専用にし
入浴も最後にするなど、十分な自己管理や注意が必要です。

この恐ろしい病気も所変われば名称が変わるのをご存知でしょうか?



「ふ〜ん」と言って頂いたところで
しっかり手洗い洗眼をお願いします。

《なかお》

スコール。

2013年07月16日

千里中央店

土曜日、息子の小学校で夏の恒例イベント『サマーカーニバル』がありました。
たこ焼き・フランクフルト・ジュースがもらえたり
先生とジャンケンしたり、クジで景品がもらえたり
ヨーヨー釣りをしたり…盛りだくさんの内容。
夕方4時スタートで終了時間が9時。
「てしま祭り」という地域の盆踊りも併せて行われて
こどもからお年寄りまで暑さを忘れて夕涼み。



のはずでしたが…

4時頃から突然上空に雲がたちこめて、辺りが一気に暗くなってきた。
すると間もなくゴーッ!!と大雨。
豊中市では大雨警報、竜巻警報が出たため開始からわずか1時間の5時で中止。
こどもたちは自宅へ帰るように指示がでたそうで。
残念。。。(T . T)

帰ってから息子に聞いたら、食べるモノは全部食べて
ジュースも飲んで、クジで景品ももらってきたそうだ。
わずか1時間でいただけるモノは全部いただいて帰って来たようだ。
なかなかしっかりしてるぜ、我が息子。

ただ、夜暗くなってから友達と会える時間って何とも特別のもの。無条件にワクワクするし、楽しくて仕方ない。
いつも遊んでる友達が何だかちょっと違って見えたりして。
その時間がなかったのは残念だっただろうな。


そういや僕も小学生4年の頃、友達とよく近所の銭湯に行ったっけ。
その頃丁度実家の建替えで、しばらく銭湯生活。
また当時は風呂のない家も多かったから。
7時過ぎくらいに友達の家に「◯◯く〜ん」って誘いに行って。
裸の付き合いってんじゃないけど、学校での事や
普段言えないコトを話したりして…
クラスの中で好きな女の子の話しで、ベスト3くらいまで発表し合ったり…
今思えばメチャメチャ失礼な話しなんやけど(>_<)
そんな話しをしてると何か、すごく近くなれたような気がしたりして。

懐かしいな〜、もう30年前の話しだ。



当時、風呂上がりに巨大扇風機にあたりながら飲んだスコール。
至福の時でしたね。
今でもたまに飲むと鮮明にあの頃のコトを思い出すんだなあ。。。

《ウエノ》

マーキュリー、メルクリウスあるいはヘルメス

2013年07月15日

南千里店

6月中旬から下旬にかけて、日没後の西の空のひじょうに低いところで、マイナス4等級の金星と、そのすぐ近くに1等級の水星が接近している光景が見られました。
視野にして2〜3°とうとても近接していましので、上方のオレンジ色の金星と下方の白色の水星の競演をご覧になられた方も多いと思います。

先日、NASAが水星の美麗な球体写真を公開しました。
2004年に打ち上げられたメッセンジャー探査機によって撮影された水星の写真をつなぎ合わせたもので、NASAが手を加えて色鮮やかにしたものだそうなのですが、とにかく美しいです。

〈水星の360°パノラマ写真〉


水星は太陽の近くにあるため、地球からは日没直後と日の出前のわずかな時間しか観測することができません。
このほど、メッセンジャー探査機が水星上空125マイル(約200km)まで接近し、氷の発見、地表温度差(最高が摂氏426.85度、最低は摂氏マイナス223.15度! )を明らかにしてきました。
上の動画はメッセンジャーが撮りためていた写真の集大成といったところでしょうか。
それにしても、なんと独特で美しい色合いでしょうか。濃淡からは、水星の地殻物質の構成や地表に露出していた年月が読み取れるそうです。
白から明るいブルーに見えるのは、若いクレーターの光条(こうじょう)と言われるところ。隕石などが衝突した時に噴出物が放射状に広がった跡です。濃いブルーは「不透明鉱物」、そして、焦げたような部分は固まった溶岩なんだそうです。

メッセンジャー号は、たった今も水星近くの軌道を周回中。今回の素晴らしい成果を受け、ミッションが延長されたとか。どんな成果を届けてくれるか楽しみですね。

《宇宙ネタ好きのタカダ》

SWANS 直営ショップ

2013年07月14日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日の夕方はザーっとゲリラ豪雨が降りました。
いまどきらしい天気ですが傘を持っていない方には大変です。



先日は梅田界隈での会議のついでに
今年の3月、JR大阪駅・アウトドアのALBi(アルビ)にオープンしました
SWANS STORE OSAKA(スワンズ・ストア・オオサカ)へ行ってきました。

  
SWANS STORE OSAKAは、メーカーである山本光学の直営ショップとして
「紫外線からの眼の日焼け対策」「眼を健康に」をテーマに、
専任スタッフがコミュニケーションの中から、お客様個々のライフスタイルに
マッチしたサングラス・アイウェアをご提案しています。


4月には有森裕子さんもこのショップに訪れたそうです。(写真は転用)

昨今のマラソンブームもあり、女性を意識したカラー・商品が数多くあるなぁ
というのが率直な感想。
今までの(弊社店頭も含めて)サングラスは男性的なイカツ〜いイメージが
多かったですもんね。

このショップの入っているテナントALBi(アルビ)はモンベル等の
アウトドアショップばかりが林立していて
他のショップにも目移りします。
スポーツだけでなくアウトドア全般に他店とコーディネイトした
お買い物が楽しめそう。
コーディネイトはこうでねいと!(by南千里のFさん)

住所:大阪市北区梅田3−2−135(交通:JR大阪駅桜橋出口から徒歩1分)
電話番号:06−6346−7600(アルビ代表番号)、080−3033−9902(ストア直通)
営業時間:AM11:00〜PM9:00 定休日:無休
URL:http://www.swans.co.jp/scc/shop/store_osaka.html

今回は千里中央店で預かっています眼鏡学校も同伴してお伺いしましたので
学生共々お世話になりました。
山本光学 SWANS 商品は弊社にてお取り寄せですが販売しております。
店頭にカタログがございますのでご覧ください。

《なかお》

夏のセール始まりました。

2013年07月13日

千里中央店

昨日、7月12日(金)からメガネのセンリ千里中央、南千里両店で
毎年恒例のSPECIAL SUMMER SALEがスタートしております。

『もっとメガネを楽しもう!』

この夏、あなたをもっと素敵にしてくれるメガネと出会ってみませんか。
メガネは見え方も印象も気分だって変える事が出来る、まるで魔法のようなアイテム。
もっとメガネを楽しもう!毎日をもっともっと楽しむために。。。
メガネのセンリがあなたの素敵なメガネ選びをお手伝いをさせていただきます。
検眼、加工、調整などの技術面はもちろんのこと
お客様とのコミュニケーションを何より大切にして
素敵なメガネをお届けさせていただきます。





実は上の文章、8月初めに近隣の方々にお届けする
『セールご案内ハガキ』に書かれてある内容なんです。

これまで当店をご利用いただいてないお客様に向けて
今回は何をお伝えしようかなって考えていた時に、ふと…

もっとメガネを楽しんで欲しいなって。
そして、もっともっと毎日を楽しんでいただけたらなって。。。

そう思ったんですね。。。

「このメガネを掛けるとよく見えるし
疲れないし何か新しい事を始めてみようかな。」

「今度のメガネ、思い切って冒険してみたんだけど
会う人会う人いろんな反応があって楽しいのよね。」

「このメガネを掛けてるととても気分がいいんだ。」

「コンタクトよりメガネの時間が増えたかも…。」

「このメガネにしてからパソコン、スマホを
長時間してても疲れにくくなったかな。」

「朝の愛犬との散歩もこのサングラスがあれば快適なんです。」

「メガネを掛けてる自分が好き」 etc...


何だっていいんです。
メガネを掛けたその人の日常に、少しでも彩りを添えるコトが出来るのなら。。。

そんな想いを込めてみました。




暑い日が続きますが
店内程よく冷やしておりますので
フラッと遊びにいらして下さい。
そして思いっきりメガネを楽しんでって下さい。。。

《ウエノ》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新記事