スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

人間ドック

2013年02月26日

千里中央店

先日人間ドックに行って来ました(強制的に)(笑)
今までも40歳、50歳と大阪市の検診は受けてはいたのですが
人間ドックは初めてでした。はたしてどんな結果がでるでしょう?



血液検査まあまあか〜

胃カメラではちょっとびらん性の部分がありましたが
生体検査の結果異常なし。




やはりみつかっちゃいました。腎臓の結石が(笑)





画像ではわかりにくいですが、しっかりと写ってます。

今週から泌尿器科のお世話になります。

みなさんも、年に一度は検査を受けましょう

癌でなくてよかった〜(笑)(笑)

花粉対策のレンズ

2013年02月25日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

この寒さも過ぎれば
そろそろ花粉が飛ぶ時期ですね(>_<)


私は花粉症歴30年ほどです。
今年は飛散量も多いと聞いています。

花粉症の方にとってはつらい時期がやってきますね。


花粉症でない方はわからないかもしれませんが、
鼻が蛇口で水がジャージャー流れているCM見たことありますか?
あんな感じです(T_T)

目は目の中に手をいれて掻きたいくらいで、
強い薬を飲むと睡魔に襲われたりなんかします。
(仕事は手を抜かないでがんばります‼)


そんな症状を軽減させるには!
やはり予防が大切(*^_^*)
季節前からのマスクやメガネで予防が効果的です。


通常のメガネだけでも、
目に入る花粉量は半分以下になるそうです。




本来、プラスチックレンズは静電気を帯びやすく
花粉を引きよせる事もあります。

そこで!この時期におすすめ!
HOYAのヴィーナスガードコート。

傷の付きにくいコーティングだけでなく
帯電防止機能で
従来のメガネレンズに比べ、
花粉も付きづらいコートになっています。





こんなに擦る事ないと思われるでしょうが
レンズを拭くと案外、その後でホコリが付くんですよ〜

花粉症のみなさん
一度試してみてはいかがですか  

《なかお》

東京マラソン

2013年02月24日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

今日の千里は朝から雪がチラつき、
寒い1日となっています。
火曜・水曜の雨の後はあったかくなるそうなので
それまでがんばりましょう♪  

今朝は東京マラソンが行われています。
東京都の一大行事となり、
近年のマラソンブームで3万6千人が参加されています。

東京のメガネ屋の知人も今回、参加しました。


知人より投稿の写真

無事、完走できたかどうかは
まだ連絡ありません…


人ががんばっているのを見ると
「自分も何かしなきゃ」と勇気づけられますねぇ  

《なかお》

お向かいさんオープンとリンドバーグのご紹介。

2013年02月23日

千里中央店

店内からの通路を見た時の景色が変わりました。



去年の5月21日に三菱UFJモルガンスタンレー証券が
梅田支店との統合で閉店してからずっと空きになってたんですが、
昨日22日「SUIT SELLECT スーツセレクト」さんがオープンしました。



ユニクロのロゴのデザインで有名で、多方面でご活躍されている
佐藤可士和さんがプロデュースしている店。
とてもシンプルでスタイリッシュな印象のお店です。

同じ日に100円ショップの「FLET'Sフレッツ」さんもその隣りに
オープンし、前の通路を行き交う人がメチャメチャ多かったですね。



さて、今日ご紹介するのは『LINDBERG』。

フロント上部にプラスチックパーツを組み込んだ
STRIP (ストリップ)シリーズのブロータイプモデル。
先日のブログでもご紹介しましたが違うフォルムが入荷しました。


9808 46 K25M/10 K25M/10 61,950yen

LINDBERG 9808

最近少ないオーバルで優しい感じ。
さりげなく主張したブローライン。
とてもバランスのいいデザインです。



9808 46 K130/05/05 55,650yen
9808 46 K41M/U9/U9 61,950yen


当店でも人気の『アセタニウム』シリーズ同様、
リンドバーグの中では個性を演出できるモデル。


9808 46 M01/05/05 55,650yen
9808 46 K130/05/05 55,650yen


軽くてとても掛けやすいのは言わずもがな…ですね。
と言いながら言っちゃてますけど…(>_<) お後がよろしいようで。

《ウエノ》

メガネ型PC「Google Glass」

2013年02月22日

南千里店

昨日、Google社がかねてから開発中だった、アイウエア型拡張現実
(オーグメンテッド・リアリティ:AR)デバイスのメガネ型コンピューター
「(通称:Google Glass)」の詳細をWEBにて一般公開しました。




ARとは、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加・削除・強調・減衰させ、文字通り人間から見た現実世界を拡張するものを指すことです。


たとえば、ユーザーが音声で場所を検索する指示を出すと、
Google Glassは指定された場所への道順をレンズにオーバーレイ表示し、
ルート上にある目印には識別ラベルが現れるようになれば便利ですね。
もっと大胆な可能性としては、医学的な緊急事態には、
心肺蘇生法の動画や医者とのリアルタイムの動画チャットなどを含め、
対処法を示すといった利用法も考えられます。
これらの動作はすべて手ではなく声で操作して必要な情報を検索したり
写真やムービーを撮影したりということが可能なんです。
しかも使用者目線での操作なので、外部の人間が客観的に主観映像が見られる
点が、色々な分野での有意義な使用が想定されます。


勿論、良い面もあれば悪い面もあります。
常時オンラインで繋がっているが故に、使用者の目線の動きで
どんな物、情報に興味があるのかが簡単に把握出来てしまい、
且つ映った人や物に対するプライバシーの侵害に関わるかもしれません。

現実的な運用形態が見えてくると、それに伴った使用者責任が問われる
ようになってくるかもしれません。もしかして、数年後に今現在のiPhoneのような手軽に使用できる環境になると、新たなデバイスの為の法整備なんかも
行われるようになるかもしれません。

新しいことを行うにはそれに伴った責任も生じると言うことですね。

<タカダ>

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事