スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

『ハマチャン釣り日記』

2018年12月04日

千里中央店

久しぶりに釣りネタで〜す。


あまり自慢できる釣果ではないのですが・・・


鬼嫁より(笑) お正月用の魚のストックが少ないので釣って来いと命令があったので今回はタコ釣りに


今年のタコは不漁で船頭が言うには1、2月の大寒波の影響で海水温が、1963年以降で初めて7度を下回った為、タコが死んで数が少ないと・・・

その貴重なタコを仕入れに明石の東二見の乗合船に



この時季でもタコ釣りは人気で写真の船は満船です。


今回からは今年定年になった元OBも参加しています。




師匠も気合十分です(笑)






当日のお天気は最高で、明石大橋の方から朝日がとてもキレイです。



貴重なタコは中々釣れてくれません(笑)


天気は最高なんですがね〜(笑)


明石の冬の風物詩 海苔の養殖棚もたくさん浮かんでいます。



この下には例年だったらたくさんのタコがいてるのですが・・・


釣りを開始してから約二時間ようやく貴重なタコが釣れました。


忘れた頃にポツリと


6時間で4杯しか釣れませんでした。(涙)



タコ釣りで4杯は過去最低やろな〜


とりあえずお正月用のタコは確保したのでタコ焼き、タコ飯ぐらいは出来そうです(笑)(笑)



来週は正月用のハマチを釣ってこなアカンし、太刀魚もストックが無いそうですので


今年のお休みも残り少ないので、イヤなんですが(笑)


鬼嫁に怒られんよう頑張って魚を仕入れてきます。(笑)



                          【ハマチャン】

本のお話

2018年12月03日

南千里店


襲撃
今野敏

美崎整体院 美崎照人

フルコンタクト空手の期待の星だった彼が、大会でローキックを受けて

膝を壊し、足を引きずるようになって世界大会で活躍するという夢が閉ざされ

生きる気力をなくし、沖縄へ行き昼から泡盛を飲んでホームレスに

そんな時に出会った上原正章に、沖縄の古い空手と棒術を学び、

さらに整体術まで学習し、生まれ変わってゆく。

広尾に整体院を構えた彼が、ある晩覆面の男たちに襲われる。

彼は、横浜の空手道場で、ある選手の膝の施術を依頼され

その帰りにも覆面の男たちに刃物で襲われる。

怒りに燃える美崎照人が、沖縄空手と棒術で悪を退治する。

読み応えのある作品でした。

《 フジイ 》

ミラクルエッシャー展〜生誕120年記念〜

2018年12月02日

南千里店


あべのハルカス美術館で開催中の「ミラクルエッシャー展」へ行ってまいりました!





エッシャーの作品は日本人にも人気で、一度はどこかで目にしたことのある作品もあるのではないでしょうか。

「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」の作品で知られる20世紀を代表する版画家、マウリッツ・コルネリアス・エッシャー(オランダ)の緻密で大胆な構図、そして何より独創的な作品は数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今なお多くの人々を魅了し続けています。
生誕120年を記念し開催された今回の展覧会では、【8つのキーワード】を通じて作品が展示されています。
「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」
各章は「色相環」からヒントを得た8色のテーマカラーで区切られていました。



そしてなにより8という数字は・・・∞、そう、エッシャーが生涯に渡ってのメインテーマである無限の形なんですね・・・。





エッシャーの展示作品の中から気になった作品をいくつか・・・


《メビウスの輪I》


《爬虫類》


《相対性》


《凸面と凹面》


《出会い》


《描く手》


《物見の塔》


《滝》
これが一番人気でしょう。作品の前には常に人が集まっておりました。


《メタモルフォシスII》
エッシャーの作品の集大成!長い!是非画像をクリックして大きな作品を見てみてください!


エッシャーのグッズは結構人気のようで、沢山の人が売り場にいました。


自分は図録を購入。この図録がなかなかカッコよくてブックバンドも付いていました。
あべのハルカス限定のカラーを選びましたよ!



この図録、手で押さえなくても開いたままの状態を保つことができる180度開く豪華製本「コデックス装(糸かがり製本)」で、ページが勝手に閉まるのを気にせずゆっくり作品を眺めることが出来ます。これはエッシャー好きにはマストアイテムになるのでは。


ついでに16階からの眺望。展望台はちょっとお値段がお高いのでまた今度・・・^^;

あべのハルカスは来館200万人達成だそうです。

来年は1月から行きたい展覧会が目白押しなので楽しみです。



《タカダ》

近視の度数のお強い方へ。

2018年12月01日

千里中央店

こんにちは。



今日から12月。
早いもので平成30年も残りあと1ヶ月…終わり良ければ全て良し…悔いのない毎日を過ごさねば。


さて、今日は先日「運転免許更新用」にとおつくりいただいたお客様のメガネをご紹介したいと思います。

このお客様は近視の度数がお強く、今回は左右共に−13.00Dを超える度数となりました。

使用するレンズはこれまで同様ガラスレンズの1.81素材。

ここ最近はレンズの厚みも考慮して丸い玉型のフレームをお選びいただいてたのですが、今回は横長な玉型をご希望されました。

目幅(瞳孔間距離)や顔幅、お客様の雰囲気などを考えていくつかフレームをご提案。

その中で気にいっていただいたのがコチラ。




『COMTESSE コンテス』のコンビフレームです。

前枠(フロント)がアセテートですので、レンズの厚みを上手くカバーできます。
調製可能なクリングスパット(お鼻当て)でレンズの重さも分散してくれます。

そして、近視の度数がお強いことで周りの人から見られた時に目が小さく見えてしまう…これはレンズの作用によりどうしても起こってしまう問題なのですが…

それを視覚的に緩和できるかどうかはフレームの選び方で変わってきます。

オススメの方法はまず基本の基本としてバランスを見ながらレンズサイズを出来るだけ小さくする…
そして次が大事ですので声を大にして、いや文字を大にしてお伝えしたいと思います(笑)。


できるだけラインが太くハッキリした色のフレームを選んでくださいねーーー。


どうしたってレンズの作用により目は小さく見えてしまいますが、ラインが太くハッキリした色のフレームを選ぶことで、目を含めた目元の印象がパキッと力強い印象になります。

見え方、見られ方、掛け心地…度数のお強い方ほど、フレームの選び方で全てにおいて大きな差が出ます。これは間違いないです。お気軽にご相談くださいませ。


店頭には今回お選びいただいたモデルのカラー違いのブルーがございます。こちらも素敵。


コンテス CM-650 C-71 52 60,000yen+tax


ご来店の際にいただいた六花亭のお菓子詰め合わせ。



札幌でお嬢さん家族が暮らしておられます。
年に何度か北海道に行かれるそうで…
新しいメガネの出来、印象をとても喜んでいただきました。
今度お嬢さんやお孫さんにお会いする時には、きっと新しいメガネ褒めてくれると思いますよ^_^
またお話を聴かせてくださいね。




《ウエノ》

箕面ダム

2018年11月30日

南千里店



こんにちは、朝晩めっきり寒くなってきましたね!!

風邪など引かないよう、お体に、ご留意くださいませ。




ところで突然ですが、「箕面ダム」ってご存知でしょうか? 



(こちらの画像は「大阪府都市整備部河川室河川整備課」
 ホームページの画像よりお借りしました)




先週の休日、気晴らしに近場へドライブに出かけまして・・・

どこ行くあてもなく、のんびりと箕面方面へ〜〜

前方の箕面の山、紅葉してるなぁ〜〜という訳で

「箕面ドライブウェイ」へ・・・・・



2年前は、妻と二人でヨイショ・ヨイショと箕面滝まで

箕面駅から遊歩道を登ったんですが・・・

( ”もみじの天ぷら”を食べながら〜〜ネ!! )


今回は歩くのをサボってドライブウェイを一気に滝まで・・・




こちらの”遊歩道”は2017年10月の台風21号の影響で、

滝道の途中の斜面で大規模な土砂崩れが発生して通行止め、

その上、今年9月の台風21号で倒木被害も起きて・・・



一年間の通行止めが、11月1日から1年ぶりに開通、大賑わいです!!

2016年11月下旬の3連休には、3日間で3万2000人が訪れたんですって。




ドライブウェイを滝上の駐車場まで走らせると、

来場者が多くて、駐車場は混雑してるので

先に「勝尾寺」までドライブしようと進める。



途中の紅葉を写真に収めようと停車、

その時に、今まで行ったことのない脇道を発見!!

なになに、この奥にダムに通じる駐車場が有ると看板が・・・

何度もこの道は走ったけど「箕面ダム」なんて聞いたことがない??




早速、”探検”です。

車もすれ違えないような細道を行くと・・・そこは駐車場!!

ダムに向かうハイキング道と書いてある!!



落ち葉を踏みしめて歩いていくとフェンスの向こうに、

石を積み重ねた、デッカイ”壁”がデェ〜ンと登場。

これがダムの”堤”なんだぁ〜〜〜





しかし、この日は小雨交じりの安定しない天気、

勝尾寺あたりでは晴れてたんですが、いつ小雨が降るか分からない、

これ以上奥に行くのは諦めて、引き返しました(残念〜〜)





帰宅して調べてみると・・・

大阪府が管理する「府営ダム」で、高さ47メートルの

”ロックフィルダム” と、ある。〜〜何のこと??



「ウィキペディア」によると、

内部は、中心部を粘土。その両脇を砂や砂利、外壁部を岩石で

覆う三層五重に分かれた構造を持つ建設方法なんですって!!

箕面ダムは国庫の補助を受けて建設された「補助治水ダム」で、

ダムによって形成された人工湖は”ゆうゆうレイク”と命名され、

この付近一帯は「明治の森箕面国定公園」に指定されていると・・





知らなかったなぁ、箕面にダムが有るなんて(エッ、私だけ??)



でも、10年くらい?前に「箕面トンネル」、

通称”箕面グリーンロードトンネル”(全長5620b)工事中に

ダムの水量が”どうかした”なんて噂を聞いたことが有るような??

無いような??・・・ここのダムのことだったかも???



私達にとっては新しい発見であり、ハイキングコースも整備されていて、

いつかここを歩いて(来春かな?)ダムまで行く目標が出来、

・・・凄く楽しみです!!・・・




こんな面白い発見があるので、

ブラブラ・ドライブは止められません。

また、天気の良い気持ちいい休日は、出かけるぞぉ〜〜〜〜




          《タケナカ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事