スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「メタ認知と仕事」

2019年05月15日

千里中央店

皆様こんにちは。


簡単に前回のおさらいからまいりましょう。

「メタ認知」とは、自分が認知していることを客観的に把握し、制御すること、つまり「認知していることを認知する」ことです。

メタ認知の能力をアップできれば、自分自身を冷静に見られるようになります。
それにより、高い目標の設定やそれを達成する力、問題解決能力などを引き上げることができるということになります。





ここからが前回からのつづきになりますが、まずメタ認知能力の低い人とはどういう人かなのですがそれは、“自分が周りからどう見られているのか把握できていなく、結果を出せない人”を指します。

例えば、ビジネスにおいて、自己中心的な考え方で、ある物事において他の人達の認識とかみ合っていなくても、自分が正しいと思い込んでしまう傾向があります。
また、協調性がないので、相手に合わせる大人な対応が出来ずに、周りからは空気が読めない人と思われてしまう事もあるのではないでしょうか。


次にメタ認知能力の鍛え方ですが、メタ認知的技能「モニタリング」と「コントロール」を繰り返すことで、メタ認知能力を高めることができるそうです。

「モニタリング」によって自分を客観視し、弱点を見つける力を、弱点を踏まえて思考や行動を良い方向へ「コントロール」することで、いち早く自分を成長させる力を身に付けることができるのです。

まず鍛えるべきは、メタ認知的技能の一つ「モニタリング」。
自分を客観視し、思考や行動の傾向や短所長所を確認していく作業です。

自分を客観視するといっても、どうしたらいいのか分からない人も多いと思います。
そんな人は、他人に対していら立ちを感じたときに一つ考えてみてください。「自分は何に対して怒っているんだろう?」と。

そこから、自分は何に対していら立ちやすいのかという傾向を分析してみましょう。
一番冷静になることが難しい「怒り」の感情の中、自分を分析することで、自然と「モニタリング」の能力を向上できるのです。

次に必要なのは、もう一つのメタ認知的技能「コントロール」です。
モニタリングで得た情報をもとに、対処するための目標を立て、それに向けて行動していきます。

たとえばモニタリングの結果、いら立ちを感じた原因が「相手の話し方」と分かったとします。そうしたら次は、相手の話し方に集中するのをやめる努力をしてみるのです。

メタ認知には、冷静さが必要です。自分の苦手な部分や周りが見えなくなっていたところを客観的に見直すには、冷静にならなくてはいけません。

誰でも自分の嫌な部分や苦手な部分は見たくないものです。しかし勇気を持ってしっかりと見つめ、冷静さを保つよう訓練してみましょう。

メタ認知能力を高めることで皆様の色々な事象が少しでも良い方向へ向いて行きますように。




《マスヤマ》

『大阪に世界遺産』

2019年05月14日

千里中央店

百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産へ





国内では19件目です


昨年の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に続く登録です。






遺産登録が本当に決まると、経済効果が1,000億以上とか?







50年以上前(笑)に小学校の遠足で確か行ったような記憶が?








周りにはこんなカレーもあるみたいやし



沢山の古墳群空いている今のうち、50年ぶりに行って見ようかな〜



日本の世界遺産が去年の時点で




小さな島国やけどまだまだ訪れてない魅力のあるところがいっぱいあるな〜(笑)





                          【ハマチャン】

映画のお話

2019年05月13日

南千里店


シャザム

少年が、魔法師にヒーローの才能をみいだされ

世界の救世主に選ばれる。

幼い頃別れた母親を捜して、里親宅を転々と変える少年

そんな少年が、『 シャザム 』と唱えると

筋骨隆々のヒーローに変身する

だが中身は少年のまま

少年のヒーローが騒動を巻き起こすコメディ

字幕で見て、私達夫婦はがっかりでした。

《 フジイ 》

光と影を創り出す職人

2019年05月12日

南千里店

ここ数日は気温が一気に上昇し、日中は30度を超えてくる陽気・・・というか夏日ですが、この気温のせいなのか、数日前より朝から花粉センサーが反応しまくっていて、鼻をかんだ一分後にはもう次の鼻水が出てくるという無限ループに・・・。

自分はカモガヤが原因で反応してしまうんですが。通勤の道路脇や街路樹、土堤沿いにスキあらばカモガヤが自生しているのでもうたまりません><

薬を飲んでもいまいち効きが悪いので困ったものです。


悪きカモガヤを駆逐したい!



さて、メガネのセンリで人気のセルロイドフレームの《歩 -AYUMI-》。
老若男女問わずおすすめのフレームなので、ブログ内でも何度と無くご紹介させていただいておりますが、数ある歩の中でも職人の技が光る逸品をご紹介致します。


まずはこちら

AYUMI-R (レギュラーシリーズ)から モデル048




テンプル部分に流線型のカッティングが施されたこのモデルは、磨き上げられたフレームに梨地のマットなカッティング部分が陰影となって立体的演出が・・・^^

ツートンのカラーリングも正に光と影。


モデル046





柔らかいフロントデザインに正確に刻まれた波模様のカッティングはこちらも陰影を楽しむデザインとなっております。
そして、フレームを掛け外しする時には指先でこの波型の凹凸感を楽しむことも。


C-306





正に、究極の職人技の逸品。
テンプルに施された正確なステップシェイプですら難しいカッティングなのですが、そこに更にサンドブラストでメリハリをつけるという手の込んだ仕上げがなされたこのフレームは、実際に見て初めてこの美しさがわかると思います。


セルロイドという素材を知り尽くした福井・鯖江の『マコト眼鏡』の職人しか出来ない『技』であると思います。


是非、店頭にてこの美しいセルロイドフレーム『歩』をご体感ください!


《タカダ》

僕にとっての浜田雅功。

2019年05月11日

千里中央店

こんにちは。


5月11日。
今日は何の日かって…

ダウンタウンの浜ちゃん(浜田雅功)の56歳の誕生日なのです。

僕にとってダウンタウンは今も特別な存在。



中学の頃に「4時ですよーだ」で出逢い、その後も「夢で逢えたら」「ヤングタウン月曜日(ラジオ)」「ダウンタウンの素」など、画面の前にかじりつき、ラジオも一言も聞き漏らすまいとしていました。新鮮で刺激的でとにかく面白かった。



当時のダウンタウンの人気は男女問わずホントに凄くて、周りの友達も影響を受けてボケやツッコミがゴロゴロいるような状態だったんです。

どちらかというと中学高校当時控えめだった僕ですが、録画したテレビ番組や録音したラジオなど繰り返し見て聞いてしたことで、間だったり、相づちだったり、ツッコミだったり、気の利いた返しだったり、とにかく多くを学ばせてもらったように思います。

今だから言えるけど、当時浜ちゃんのツッコミや相づち何気ない言葉などノートに書き出し整理し何度も何度も見返してましたもん。

そして学校での友達との何気ない会話の中で試して、反省して、また試して…ってな事を繰り返していました。

そうすると不思議なものでいつの頃からか意識せずとも、その場にあった言葉、相手のボケにあったツッコミが反射的に頭に浮かぶようになってきたんです…努力の賜物!!(笑)あとはそれを表現するだけなのですが…

憧れてはいたものの、僕のキャラクター的に浜ちゃんのような感じではなかったので、違った表現が必要だなと考えました。

そんな時、松っちゃん(松本人志)が雑誌のインタビューでこう語っていたのです。
「ボケはツッコミがあって初めて成立する」と。どんないいボケもツッコミひとつで違ってくるのだと。

そして「ヤングタウン(ラジオ)」や「ガキの使いやあらへんで」でのフリートークなんかがそうなんですけど、松ちゃんの奇想天外な自由過ぎるトークに浜ちゃんはすぐにツッコミを入れずにあえて泳がす。そしてさらに面白い発想を引き出す。そして最後の最後にツッコむ。時にツッコまないことさえある。

その間も2人して楽しんでる感じ。





その様子を見ててこう思ったんです。

とにかく相手の話をしっかり聞いてみよう…
相手の話に乗っかってみよう…相手の話を広げてみよう…それなら自分らしく出来るかな…って。

結局は話が盛り上がるかどうかも聞き手次第。相手がまだ話したいのか、ツッコミ待ちなのか…イメージを共有して相手をよく観察することが大切なんだと。あとはその会話自体を楽しむこと。お互いに紡ぎ合う…創り上げる…そんな感じかもしれません。

結果的にはこの時のコミュニケーションに対する考え方が、メガネ屋という今の仕事にも活かされてるなと感じてるんです。


関西でブレークして東京進出を果たし、全国区でダウンタウンを認知してもらうには、インパクトのある浜ちゃんのツッコミが必要不可欠でした。東京でも徐々に注目が集まり松っちゃんの面白さ、ダウンタウンの笑いが認知されて全国区となってからは、浜ちゃんがそこまで前に出る必要がなくなった。

最近の浜ちゃんはどの番組でも非常に穏やかで、「ダウンタウンなう」なんか観てても、基本的に常に聞き役、そしてゲストや他の共演者をたててる印象。気遣いができて懐の深さを感じます。

常に客観的に時代を見て周囲を見て、自分の役割を全うされてるように思います。

56歳、中学で出会った時からすると歳はとったなーとは思うけど、やっぱりカッコいいなと思う訳です。





《ウエノ》

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事