スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

幾何学的なドラジェ。

2019年09月14日

千里中央店

こんにちは。



大人女子から支持の高い日本製の『Dragee' ドラジェ』
その『Dragee' ドラジェ』より当店でも人気のアセテートフレームGEOMETRIC(ジオメトリック)のご紹介です。


Dragee` GEOMETRIC 4 53 36,000yen+tax

モデル名のGEOMETRIC(ジオメトリック)とは、「幾何学的な…」という意味。


こちらは【幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート】さんよりお借りしました。ありがとうございます。

モデル名に相応しく余分な装飾を廃し、左右の対称性を感じさせてくれる絶妙なバランスのレンズの形と大きさ。


Dragee` GEOMETRIC 3 53 36,000yen+tax

天地幅のあるキャットアイフォルムですが、線が細く軽やか。
サイドでさりげなく光るゴールドパーツが◎…大人の女性に脱カジュアルのセルフレームとして掛けていただきたいです。


Dragee` GEOMETRIC 2 53 36,000yen+tax

ジオメトリック柄はお洋服だとお洒落上級者さんの着こなしが必要だと聞きます。



しかし『Dragee' ドラジェ』GEOMETRIC(ジオメトリック)はそんな心配は無用です。シンプルで綺麗なカラーリングで、さりげなく素敵に貴方を彩ってくれますよ。



ホント、どの色も綺麗だわー。


ぜひ店頭でお試しくださいませ。


9月も半ばに差し掛かり、増税まであと半月ほど。消費税8%の期間もあとわずか。メガネを検討中の方は現在開催中の『増税前セール』をぜひご利用くださいませ。




《ウエノ》

京都・宇治  正寿院

2019年09月13日

南千里店


京都・宇治市 『真言宗・ 正寿院 』へ行って来ました。


妻は友人から教えて頂いて知っていたようですが、

自分でも検索し、画像を見て行ってみたくなったそうで

私にお誘いがかかりました!!

その妻との会話を長男のお嫁さんが隣で聞いており

「私も行きたい!」との事で、久々に3人でお出掛けです。


そこでドライバーの私はアクセスを検索・・・

名神・吹田より京滋バイパスを経由し「笠取」で降り

後は30〜40分、地の道を走るようです。

電車・バスでは非常にアクセスの悪い場所にあるようです。

妻の友人も、行きたいけれどアクセスが悪いために行けないようです。





さて、「正寿院」ですが、

京都府綴喜郡(つづきぐん)宇治田原町にある

高野山真言宗の寺院です。



本堂は鎌倉時代の仏師・快慶作とされる木造不動明王坐像の

貴重な文化財があることで知られています!!











「正寿院」は、別名:「風鈴寺」とも呼ばれていて

夏になるとテレビやマスコミで紹介され

こちらの名前のほうが有名なくらい・・・です。

今年も7月1日〜9月18日まで「風鈴まつり」が開催中。

今年最後に近かったですが、存分に楽しみました。



境内には約2000個という風鈴がお庭いっぱいに

所狭しと並び・吊るされ、一つ一つの絵柄が違った手作りだったり

風鈴の中にヒマワリなど色々の造花が入っていたり

目で見ても楽しめる風鈴です。




風が吹くとガラスの風鈴独特の音色の大合唱が始まります。

得も言われぬその透き通るような音色と

山間にあるお寺なので”セミ”の鳴き声とのコラボレーション・・・

癒やされます・・・自然の音に心洗われます・・・



ここでネットの受け売りですが ≪うんちく≫ を1つ・・・

みなさまは”風鈴”の謂れをご存知でしょうか??





《 そもそも風鈴はお寺にある「風鐸(ふうたく)」という

青銅製の鐘が原型とされています。

この風鐸は厄除け・魔除けの意味合いでお寺のお堂や塔の

四方に吊るされていて、強い風が吹くと音がなる仕組みになっている。

古来、強い風が流行り病などの災いを運んでくると考えられていて、

この風鐸の音が聞こえる範囲は災いが起こらない聖域とされていた。



その風鐸が気温や湿度が上がって雑菌が繁殖する暑い季節の

魔除け・暑気払いの為の道具として一般に定着したのが

風鈴と言われている 》・・・だそうです!!




2000個という風鈴に囲まれている「正寿院」は

魔除け・暑気払いの効果・・・絶大だということでしょうね!!

ある意味、”パワースポット” かもね???  (笑)




境内にはパワーを頂けるスポットがもう一つあります。

それは「地蔵堂」





お堂の前にはこんな説明看板が・・・

《 昔から「お地蔵さん」と呼ばれ、

  地蔵の「地」は大地、「蔵」は胎内を意味しているそうで、

  大地のような広い大きな慈悲の心で包み込み、あらゆる

  苦しみを救うことから「地蔵」と名付けられた。

  特に水子供養・子供の成長を願う人々を救ってくださることから

  「子供の守り仏」として信仰されている 》 と、書いてある。


私、何十年と生きてまいりましたが、「お地蔵さん」の意味を

考えたことが有りませんでした・・・

子供の頃育った田舎の畦道や、町の辻にお地蔵さんの祠があり

祖母や母に「手を合わせ、大切に守らないとダメ」と教えられてきましたが、

お地蔵さんはお地蔵さん・・・としか思ってなかった。


こんな意味があったんですね。 みなさまご存知でしたか!!

遅まきながらこれからは、この意味を踏まえて

手を合わせようと思います・・(ちよっと遅きに期しましたが)(笑)



正寿院には隣に客殿が有り、そこにもインスタ映えの楽しいことが・・・

次回はそちらの様子も合わせてご報告致します ”乞うご期待”



          《タケナカ》




ハイブリッドレンズの可能性

2019年09月12日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は未来のレンズ技術のお話です。



プラスチックレンズが普及してからメガネは軽くなりましたが
傷防止のコーティングは 日進月歩で飛躍的に進化したといっても
傷は入りやすいです。

お客様が丁寧にお使いでも数年経ったら小傷は入りますね。
チョッと粗く使う方なんかは表面がボロボロになってしまい
「修理で治らないか?」と聞かれるのもしばしばです。


これは今までに見た一番ひどいコーティング禿げ。
ラメに見えるのはコーティングの残骸です。


私は年に数回レンズ材料屋さんと合う機会があり、
レンズの今後を聞いたりするのですがその時に聞いたのが 

ハイブリッドレンズ の可能性です。


レンズの中心部がプラスチック、
その前後をガラスでサンドすれば表面がガラスで
かつ軽いレンズが出来るようです。


レンズ同士を接着剤で張り付けるのですが、
この技術はかなり以前からあり偏光レンズの技術と
言えばご存知の方も多いと思います。


問題は眼鏡店での加工とメーカーの量産技術ですが、
7〜8割方完成しているそうです。

落としても割れにくい、キズの入りにくい、軽〜いレンズ
数年後には実用化されるかも知れません。

(まだ商品化はされていません。)


《なかお》



2019 よっといで祭

2019年09月11日

南千里店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今週末は千里南公園にて毎年恒例の
よっといで祭 が開催されます。



私も小さい頃から千里ニュータウンに住んでいたので
思い出のある地域に根付いたイベントです、
が、
聞いたところによると今年が最後になるかも知れないそうです。
(未確定情報?)

是非、来年も続けて欲しいですね。




9月15日(日)千里南公園にて開催!

プログラム(予定)

オープニング
10:00 野火 (太鼓)
10:10 開会式  

なんでもパフォーマンス1部
10:15 STAR JETS (チアダンス)
10:25 玉川バトントワリングクラブ (バトン)
10:45 吹田おらがまちコンサート合唱団 (合唱)
11:00 ボヨンボヨンボンバーズ  (バンド)
11:25 架焔 (南中ソーラン)
11:30 吹田手話サークル「風」(手話コーラス)
11:45 「ぞうれっしゃよはしれ」(保育園児の歌)
   「もしもしかめよ」
        (学童っ子のけん玉パフォーマンス)
12:00 よっといで式典

なんでもパフォーマンス2部
12:30 だっこでゴスペル (ゴスペル・クラップ教室)
13:00 やまだいこ (太鼓)
13:15 日本旋拳道協会 (武道ダンス)
13:25 a.t★dance (ダンス)
13:45 楽器海賊PAROSU (音源パフォーマンス)
14:05 山三小PTA軽音部 (バンド)
14:25 ボンジ(弾き語り)
14:45 kanga Ⅼ kanga Roo (バンド)
15:10 和太鼓サークル 自遊 (太鼓)
15:25 閉会式
15:30 終了



雨天決行ですが晴れるといいですね。
近隣の方はどうぞ行ってみてください!


《なかお》

『1970年代に時速400キロ』

2019年09月10日

千里中央店

今週は太刀魚のドラゴンネタで行くつもりでしたが、見事撃沈しましたので(笑)

車ネタで行かせていただきます。


1970年代に時速400キロを記録していた車です。


誰もがご存知のエンブレムマーク 「ベンツ」です。


いまはメルセデスベンツという名前ですが、メルセデスの名前の由来はご存知ですか?
  
「ベンツ」は創業者カール・ベンツの名前からきています。

「メルセデス」は、ダイムラー社の支援者である、エミール・イェリネックの娘の長女の名前からとられたのはご存知ですか?

2社の合併時にエミールは、多くの人々から愛されるのは「ダイムラー」という硬い響きよりも、女性の名前の方が愛着が湧くのではないかという理由からこの娘の名前が採用されたそうです。また、この時代はスペイン語の響きが流行しており、スペイン語でメルセデスは「優美」といった美しい意味が込められていて、親しみやすい響きもふさわしいということで、この名前が選ばれたのだと言われています。






メルセデス・ベンツC111。実際には発売はされていないのですが

発売されていたら歴史が変わっていたであろう幻のクルマです。


メルセデス・ベンツC111がおよそ50年の時を経て走行。
C111の第一世代は1969年のフランクフルト・モーターショーへと出展され、ウェッジシェイプやガルウイングの採用が話題を呼んだクルマ(ランボルギーニ・カウンタックの登場が1974年なので、当時としてはかなり斬新で衝撃的であったと思われます。

当時かなり多くの顧客の興味を惹きつけたと言われ、中には白紙の小切手をメルセデス・ベンツに送って「(C111を購入するから)好きな金額を書き込んでくれ」と伝えた人もいたようですね




インテリアは非常に豪華で、テストカーながらも当時としては珍しいエアコンや、高級オーディオシステムを備えるようです。


メルセデス・ベンツは様々なテストを行うために試作車を16台作り、実際に市販を行う予定だったとされますが、結局のところ「市販はなされず」。
その理由についてメルセデス・ベンツは語らないものの、ひとつは「グラスファイバー製ボディの生産性が悪かった」、もうひとつは「エンジン」そのものにあったのでは、と言われています。

このC111のエンジンについては「ロータリー」が予定されており、1969年に発表されたモデルは3ロータリーターボ/280馬力エンジンを搭載。
その後1970年には4ローター搭載で350馬力を発生するモデルも発表しています。
この4ローターモデルは0-100キロ加速を4.9秒でこなし、最高速度は時速300キロ。
当時のランボルギーニ・ミウラP400Sの0-100キロ加速が6.9秒であったことを考えると「どれだけ速かったか」もわかりますね。

しかしながらロータリーエンジンの燃費の悪さ、ローターの摩耗といった点から1973年にはロータリーエンジン搭載をあきらめてガソリンV8にスイッチした「C111/2」を制作。
こちらは350SL(R107)に搭載される3.5リッターM117エンジンを搭載し、出力はロータリーエンジンに比べて150馬力も劣る200馬力(この数字を見るに、当時出力を上げる手段としてロータリーエンジンが選択されたと思われる)。


その後C111はディーゼルエンジン搭載モデルのC111/2D へと発展。
これは5気筒OM617ターボディーゼル(190馬力)エンジンを搭載し、60時間を4人のドライバーで走るという世界記録も樹立(この中には平均速度記録-252km/h-など16の世界記録が含まれる)。

ただしこのターボディーゼルエンジンではメルセデス・ベンツの求めるような性能を発揮できず、その後1979年には4.8リッターV8ターボ(500馬力)を積んだC111/4も登場し、これはイタリアのナルド・サーキットにて時速400キロをマークしたとも言われます。



つまりメルセデス・ベンツは10年間もC111のテストを繰り返していたということになりますが、ついぞオリジナルとなるミドシップレイアウトのスポーツカーは「プロジェクト・ワン」に至るまで発売されることはなく、当時の「かなり製品化が難しかった」という記憶がメルセデス・ベンツ内に色濃く残っていたのかもしれません(相当な費用をつぎ込んでポシャったプロジェクトなので、引き合いに出すのもタブーだったのかも)。※コンセプトカーだとC112、CW311というミドシップカーが存在。1999年にはレーシングカーベースのCLK-GTRもある


発売されていたらスーパーカーの歴史が変わっていたかもしれないクルマ、メルセデスC111でした。 



                             【ハマチャン】

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事