スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 卓球のボールが変わる!?

卓球のボールが変わる!?

2015年01月29日

メガネのセンリ

ツイートする

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

キャー  火柱がぁ  火事だ〜


てな感じで通りすがりの方には驚かれたかも知れません。
実は先日、眼鏡学校の学生と『セルロイド』の燃焼実験を行いました。

『セルロイド』はメガネの素材であるだけでなく、多種多用途に使われている素材です。
昔の映画のフィルム、ギターピックやペン軸の材料などなど…

この『セルロイド』は燃えるのです。
たった破片一つだけでBBQの着火が簡単に出来るくらい
す、すごい熱量です。


このセルロイドをめぐって混乱が起きています。
今月18日まで開催された全日本卓球選手権で
プラスチックの球が採用されました。
これまでは100年以上にわたりセルロイド製の球が使われていましたが、
4月に開幕する世界選手権や来年のリオデジャネイロ五輪で
使用されるのを見据えて変更されました。

見た目の違いはわずかだが、選手達には大問題。
プラスチック球はセルロイド製に比べると弾力が小さいため、
スピードが落ちるうえ弾まず、回転もかかりにくい。
今までのプレースタイルを変更しないと戦いにくいそうです。



また、プラスチック球は、メーカーによって素材や製法に違いがあり、
選手が戸惑っているようです。
今大会では試合前に対戦者がじゃんけんをして、勝った選手が
7種類のメーカーの球から選んで決めたというお粗末ぶり。
卓球業界では、まだまだ試行錯誤が続きそうです。

σσ σσ σσ σσ σσ σσ σσ σσ σσ σσ σσ σσ σσ

メガネの業界で『セルロイド製』はとっくの前から姿を消していますが
当店では今もこだわりの『セルロイド製』、取扱っております。




プラスチック球にないツヤや肌触り…
なにより掛けてみると とっても軽〜い♪ です。

作り手の技量やコストによってプラスチックが主になっていますが
古き良き素材の魅力もなかなかです。
メガネでは個々の好みでご自由に選んでみてください。

(メガネ選びはじゃんけんで決めないでください)


《なかお》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事