スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > プラスチックフレームの傷修理

プラスチックフレームの傷修理

2018年11月01日

メガネのセンリ

ツイートする

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

秋も深まり、穏やかな天気が続いていますね。

しかし、穏やかでなかったのがお客様でした。

車から降りる際につまづいて転倒され、
レンズは大破!

フレームにも掘れ込んだ大きなキズが入ってしまいました!



レンズの傷は治りません!残念ながら交換です。

フレームの買い替えも考えられたのですが

太くて掛けやすい、愛着のあるメガネでもう一度使いたい

とのご要望でしたので、表面の傷を修理する事になりました。




まずは粗サンドペーパーで深い傷をならしていきます。

フレームの厚みがあったので問題ありませんが

薄〜い生地ではこの作業は出来ません。



次に細かい目のサンドペーパーで整えていきます。

ここまでは他のメガネ屋さんもするかも知れません。

この後に研磨剤を使ってミガキの作業をするのですが

一般小売店で流通している研磨剤ではなかなか光沢は出ません。



万が一、このような事態に遭遇してしまったら

まずは一度、ご相談くださいませ。


出来ないこともありますが・・・




《なかお》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事