スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 敬う。

敬う。

2018年09月15日

千里中央店

ツイートする

こんにちは。



今日は9月15日…16年前までは毎年この日が『敬老の日』でした。(ちなみに今年は17日)



『敬老の日』って…何歳から老を敬われる立場になるの?…そう思われているお年頃の方も多いかと思います。

ひとつの目安は還暦なんだそうです。

ただ、今の60歳以上の方はみなさんとてもお若い。

それだけを基準にして老を敬ったりすると、怒られてしまう場合もあるので注意が必要です(笑)。相手をよく観察してからにしましょう(笑)。



さて。

経営の神様と言われる故松下幸之助さんは敬うことに関して著書『道をひらく』のなかでこんなふうに記されてます。

ー敬う心ー

親を大事にし、上司に敬意をはらう。先輩に礼をつくし、師匠に懸命に仕える。親や師にたいするだけではない。よき仕事をする人を心から尊敬し、一隅を照らす人にも頭を下げる。天地自然、この世の中、敬う心があれば、敬うに値するものは無数にある。
 犬や猫には敬う心の働きはない。だが人間には、ものみな、人みなのなかに敬うべき価値を見いだす能力が与えられている。本質として与えられている。その本質を生かしつつ、敬うべきものを敬うことによって自他ともの心をゆたかにし、高めることのできるのは人間だけではなかろうか。【一部抜粋】



父親から譲り受けた昭和43年発行の『道をひらく』…僕より年上の本です。

さすが幸之助さんいいことを仰る。

年上の人というのは間違いなく自分より多くの時間を過ごし多くの経験をしてきておられます。礼を尽くし敬うのは当然のこと。

ただ相手が自分より年上であろうが年下であろうがあまり関係がないように思います。

誰に対しても『敬う心』さえあれば、仕事も人間関係もきっと上手くいく。
逆にそれがなければ何をするにしても成功は難しいんじゃないでしょうか。

人間対人間だもの。

相手の『敬う心』を感じることが出来たなら、きっとその相手に対しても優しくなれる。鏡のようなものです。

でもどうせなら、まずは自分から。



…なんて、きょうはこの辺で。



《ウエノ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事