スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 伝統的建造物群保存地区

伝統的建造物群保存地区

2018年05月11日

南千里店

ツイートする



ふだん通らない道をドライブして、思わぬ発見!!




いつも丹波・篠山地方へ遊びに行くときは高速道を通らず

大阪府池田市から国道173号線で向かいます。


しかし、国道173号線は平成30年4月現在、

能勢町天王交差点から兵庫県篠山市安田西交差点で

平成29年10月22日から23日にかけて接近した台風第21号に伴う

土砂崩れにより通行止め中です。(通行止め:長いなぁ〜〜)


暫くは国道176号線を通ったり、舞鶴若狭自動車道を走っていました。



しかし”雲ひとつない青空”の休日、フッと「るり渓」を走っていけば

篠山市までいけるなぁ〜〜と思い出し、早速実行!!



国道372号線と国道173号線の交わる「小野新」交差点すぐ手前で

こんな道路標識を発見!!!




目的が有るドライブではないので、すばやくハンドルをその方向に・・



”オッ、何だこの景色は” 私の大好きな情緒あふれる町並み・・・





駐車場に車を止めて、町並みを散策・・・開始!!!



こんな看板を見つけて読んで見ると、その概要とは??

(以下は看板に書かれている文章を参照して書きました。)



『保存地区は、篠山城下の東、篠山から京都に向かう”旧西京街道”沿いに

位置し、福住・川原・安口・西野々の4地区で形成されているそうです。

宿場町として発展した町並みと、街道沿いに形成された特徴ある農村に、

妻入を主体とした2階建て瓦葺きや平屋建て茅葺きの伝統的建造物が、

周囲の田園及び特徴ある灌漑施設などの環境と一体となって、

宿場町とそれに隣接する農村集落の歴史的風致をよく伝え、

我が国にとって価値が高いとして、H24年12月28日に

国の重要伝統的建造物群保存地区として選定をされた』・・そうです!!



あぁ〜〜長くて難解な言葉で書かれていますが・・・

要するに、江戸時代の建物や生活様式が分かる町並みが残っているので

大切にしようと保存地区に国が決めたよぉ〜〜と、言うことやろ?




まぁ、それはそれとして・・ブラブラ歩いてみると・・


広い間口の重厚な建造物が残っている町並みや

江戸時代からは”西京街道”と呼ばれて篠山藩の領地に入って一番始めの

宿場町としての、江戸情緒が保存されていて、なかなか良いねぇ〜〜



中には”イタリア”料理の店として開業されている建物も・・・

外見は”江戸”でも、中は新しく、若者が頑張っているようです。



保存地区の範囲は東西約3260メートル、南北約480メートル

全てを歩くわけにもいかず、少しだけでしたが、

往年の面影を充分に偲ぶことは出来ました。




先日の「中山道・愛知川宿」といい、今回の「福住町」といい、

知らずに訪れて、思わぬ雰囲気を味合う体験をさせていただき、

なんか”得”した気分ですねぇ〜〜〜(ラッキー)


日本全国、こういう建造物の”江戸時代の遺産”が残っているんだろうなぁ〜


出来るだけたくさんの遺産を、この目で見てみたいものです!!!



          《タケナカ》



コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事