スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年02月04日

南千里店

ツイートする

田園発 港行き自転車

宮本輝




今年初の読書でした
上下巻で七百ページ以上でしたが正月三日で読んでしまいました。

読み始めからすぐに引き込まれました、宮本輝さんの作品はどれもハズレがなく
大変面白く、作中での人物の生き方やお話しが胸にグッとくる場面が多くあり
もう一度読みなをし、噛みしめる言葉がたくさん出てきます。

今回は、物語の本流を避けて支流でのお話を書いてみました。

脇田千春の送別会から物語が始まります
東京から夜行バスで、富山の入善町へ帰って行く脇田千春の
田舎暮らし9ヶ月のお話です。

送別会後の二次会をやめその費用で、本人の希望で【 二人漕ぎ自転車 】を
送って頂くことで、また自転車絡みでいろんな人と繋がって行き
自分に合った仕事を見つけ出して成長してゆく、そんなお話です。

富山の風景が浮かび、自転車で走ってみたくなるお話しで
実に爽やかな感じのする作品でした。

《フジイ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事