メガネ豆知識 詳細

TOP > メガネ豆知識 一覧 > メガネ豆知識 詳細

チタン系素材に関する豆知識2

チタンの特徴とその応用例

チタン素材には、下記の様な特徴があります。

1.軽くて錆びない
   船舶の部品や尾根材として使用されております。
   (※)ステンレスでも海水には弱いのですが、チタンは大丈夫です。

2.硬くて強い
   航空機やゴルフの道具などに幅広く使用されております。
   (※)イオンプレーティング(IP)処理すれば、表面はさらに約10倍硬くなります。

3.熱に強く非磁性体
   チタンは熱に強く、磁石にも反応しません。
   この特徴から、ロケットや潜水艦に使用されております。
   (※)100%チタンと言われているフレームでも磁石に反応するものは要注意です。

4.身体になじみ、ノンアレルギー
   チタンは他の金属に比較して生体親和性に優れている金属です。酸素との結び
   つきが強く、大気中では表面に不動態と呼ばれる薄い酸化皮膜を作ります。
   チタンアレルギーが発生しにくい理由としては、チタンがこの酸化皮膜にさえぎ
   られ、内部の金属イオンが人体内には溶け出さなくなるためす。
   チタンが歯科インプラント(人工歯根)、心臓弁、人工関節として人体に安心して
   使用される理由は、このような安定性にあります。
   
(※)チタンは肌になじみ、チタンフレームを装着しても違和感が少ないのです。

メガネフレームに良く使われる表面処理方法

1.塗装方法
   塗料をメガネフレームの金属面に塗布しますが、塗布する方法により、「吹き付け
   塗装」や「電着塗装」等に分類されます。

2.メッキ加工
   メッキ液にメガネフレームを浸け、通電する事により金やニッケル等の金属を
   メガネフレーム表面に析出させる方法です。

3.イオンプレーティング(IP)加工
   真空槽の中で金属を蒸発させ、タンクに吹き込んだガスと反応させて着色し、
   この着色した金属を高電圧下でメガネフレーム表面に高速で打ち込む方法です。
(宇宙開発技術の一環として、アメリカで発明された表面処理の最先端技術です。)

その他 金張りフレームについて
    金張りは、素材の段階で金合金を熱や圧力で芯材に貼り付けた後にフレームに
    加工していきますので、加工中に傷や磨減が発生し、完成された商品に仕上げる
    のが困難です。
    金張り加工に使用される金合金は、主に12金や14金の比較的純度の低い硬い
    金合金を使用します。
    金の純度が低いと変色しやすくなったり、研磨や切断で端面が露出して白色に
    なるため、普通は仕上げの金メッキをします。