TOP > 補聴器の選び方・種類

聞こえのセルフチェック

千里補聴器センター
スマートフォンサイト

千里補聴器センター スマートフォンサイト

http://www.meganenosenri.com/sp/ha/

愛犬マルコの補聴器ブログ

千里補聴器センター

〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-3せんちゅうパル1番街

TEL&FAX:06-6834-5665
営業日時:AM10:00〜PM7:00
定休日:木曜日

メガネのセンリ

補聴器の選び方・種類

補聴器には、様々なタイプがあります。
そのなかでも、メーカーによっては聞こえの得意分野が異なります。

自分の聴力・生活環境にあった補聴器を選んで、より快適な生活を送りましょう。

補聴器の種類

耳かけタイプ

長所

・種類や色が豊富
・軽度から高度難聴まで幅広く対応
・電池交換が楽
・音質、音量の調節機能が豊富

短所

・短い髪の人は人目につきやすい
・汗の影響を受けやすい
・眼鏡をかけるときに引っかかりやすい

画像をクリックすると大きな画像を見ることが出来ます。

RIC(小型耳かけ形)

長所

・レシーバーを耳栓と一体化して耳の中に入れ るRIC(Receiver-in-Canal)タイプは、補聴器が小さく軽くなり、チューブも細くなって、より目立たなくなったものです。さらに、鼓膜に音がダイレクトに伝わることで、豊かな音量感と音質を得る事が出来ます
 
・目立ちたくないが、自声がこもる方へ 

短所

・チューブが細い為、入れにくい
・普通の耳掛けより小さい分電池も小さい
・各メーカーとも上位機種での発売が多い

画像をクリックすると大きな画像を見ることが出来ます。

耳あな形タイプ

長所

・目立たない
・音質が自然
・軽くて小さい
・メガネや電話の邪魔にならない

短所

・小さく操作しにくい
・パワー不足
・ハウリングがおきやすい
・成長する子どもは不向き
・価格が高め

画像をクリックすると大きな画像を見ることが出来ます。

ポケット形タイプ

長所

・形が大きく操作が簡単
・相手に向けて会話を聞く
・使いたい時にすぐ使える

短所

・微調整が出来ず、外では使えない
・コードが邪魔でずっとは使えない

画像をクリックすると大きな画像を見ることが出来ます。

目的や環境に合わせた機能

テレビや音楽・携帯電話を直接補聴器で聴く

ワイヤレス技術を用いて、テレビや音楽を補聴器から直接聴く事が可能になりました。
また、Bluetooth 対応のほぼすべての携帯電話と接続すればハンドフリーで会話が出来ます。

聞きたい音だけを聞きたい。音質にこだわりたい。という方に

会話強調とノイズ低減
会話とノイズの管理システムは、ノイズ低減と呼ばれる、ゆっくりした、変調ベースのアルゴリズムと会話強調と呼ばれる高速ウィーナーフィルターで構成されます。ノイズ低減は入力信号の会話変調を積極的に検出して行います。会話音がないときは信号はノイズとして扱われ低減されます。この戦略はノイズのみの状況では有効です。会話強調では、補聴器が連続して入力信号の中のノイズレベルを予想します。これは大変高速の計算アルゴリズムで会話の中のノイズレベル(音節間も)を常に調整します。アルゴリズムが会話のみの状況に影響を与えても調整します。マルチチャンネルと適応の両方の戦略が意味するのは、異なる周波数で異なるノイズの中身に同時に対応できる事実であります。

【マルチチャンネル(多CH)】

「チャンネル」とは音域を分けて調節できる数です。
チャンネル数が多いほど音域を分けて細かく調整できますから、雑音も細かく分けて抑えることができます。
チャンネル数が多いほど高性能になり、価格も高くなります。

授業・講演・会議・パーティなど、うるさい場所で聞き取りたい

【 雑音抑制や指向性 】
顔を向けている方向からの音を聞きやすくする「指向性」や「雑音抑制」機能をご提案します。
「雑音抑制」には、単純にうるさい音を小さくするタイプから動きのある雑音を小さくするタイプ、言葉と雑音を分けて処理するタイプなど、様々な種類があります。
スピーチフォーカス は よりよい聞こえ を育成するために開発されました。好ましい S/N 比を環境を連続的に解析し、会話音源が前後左右のどこから来ようと、ユーザにとって優れた会話を提供するマイクロホン組み合わせを自動的に選択するものであります。



ピーピーならない(装着感の改善)

ハウリングストッパー
音の最適な快適さ を目的としています。この技術はアコースティックフィンガープリント技術と周波数シフトの動きとを組み合わせてハウリングを有効に消す技術で、これによりユーザが認識する前に消す技術であります。

音響ハウリングは補聴器にとってもっとも悪い現象です。多くの場合ハウリングによる困難と煩わしさは個人が享受する増幅による恩恵よりも勝ることがあります。ハウリングは増幅された音がレシーバから耳道に漏れ (例ベントから) マイクロホンで拾うことで発生し、さらに増幅されることから起きます。

TOPへ